Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2017/11/16
Update

バンコクナイツのドキュメンタリー映画『潜行一千里』【向山正洋監督】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

日本を離れアジアに飛んだ空族の映画制作の核心を明かすメイキング・ドキュメンタリー映画『潜行一千里』。

富田克也監督作品『バンコクナイツ』の撮影の旅を追った映画『潜行一千里』は、12月16日(土)より新宿 K’s cinema にて公開!

スポンサーリンク

1.映画『潜行一千里』の作品情報


© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
向山正洋

【キャスト】
スベンジャ・ポンコン、富田克也、相澤虎之助、川瀬陽太

【作品概要】
製作は山口情報芸術センターよる、構想10年をかけて制作した、映画『バンコクナイツ』の知られざる核心に迫るメイキング・ドキュメンタリー作品。


© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

2.映画『潜行一千里』の見どころ


© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

本作は空族が構想10年をかけて制作した映画『バンコクナイツ』の知られざる核心に迫ったメイキング・ドキュメンタリー作品で、タイ・ラオスを縦断した一千里、約4000キロのオールロケ敢行しました。

タイの首都バンコクの日本人専門に開かれた歓楽街タニヤ通りから東北部イサーン地方、そして雄大なるメコン川のほとりの国境の街ノンカーイまでをも映し出します。

さらには、国を越えてラオスの秘境に至る空族撮影隊が辿った果てなき旅路でもあったのです。


© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

旅を続けながら映画を撮り、次第に映画そのものが旅となってゆく

回り続けるキャメラは必然的に東南アジアの戦争の歴史を浮き彫りにして、そこで生きる人々の抵抗の輝きを映し出した点は、本作の見どころです。

現地の人々と出会いながら役者として出演してもらい、また、スタッフとして一緒に仲間になって、“ひとつの映画”を生み出していく。

空族の制作ならではのスタイルを垣間見ることができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ


© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

本作の演出はヒップホップクルー「stillichimiya」の映像ユニット“スタジオ石” の向山正洋監督

向山監督は“スタジオ石”として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めていたのです。

総時間にして100時間を越える膨大なデータを基に構成された本作は、映像集団“空族”につ いての本邦初のドキュメンタリー。

「バンコクナイツ』のメイキング・ドキュメンタリー映画『潜行一千里』は、12月16日(土)より新宿 K’s cinema にて公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『アース アメイジング・デイ』ネタバレ感想と内容解説【ネイチャードキュメンタリー】

私たちはこの地球で、驚ろくほど素晴らしい!まさにアメイジング!な1日を積み重ねて生きています。 そのことを実感するために見てほしい映画『アース アメイジング・デイ』 広大な宇宙の中にあり、ただひとつ生 …

ドキュメンタリー映画

『世界一と言われた映画館』感想と解説。淀川長治が愛した酒田グリーン・ハウス

今はなき伝説の映画館、酒田グリーン・ハウスが世界一と言われた所以とは? 山形県酒田市に、映画評論家の淀川長治が世界一の映画館と称した「グリーン・ハウス」がありました。 その映画館の存在は、酒田市の市民 …

ドキュメンタリー映画

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。 今回は、意外と知られていない …

ドキュメンタリー映画

『アントラム/史上最も呪われた映画』ネタバレあらすじと感想。結末はフェイクか実話か観たら死ぬ!?

映画『アントラム/史上最も呪われた映画』は2020年2月7日より公開。 1979年に製作され、関わる者が次々と命を落とす呪われた映画『アントラム』。 1993年に行方不明になったこの作品を入手した、2 …

ドキュメンタリー映画

やまなみ工房のドキュメンタリー『地蔵とリビドー』。映画感想レビュー

2010年からNHK Eテレにて、日本初の障がい者のためのバラエティ番組と銘打って、障がいを持つ人たちが“お笑い”を目指した番組が『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』。 当初、前代未聞なインパクト …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学