Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/09
Update

経済学者ピケティの『21世紀の資本』が映画化!格差社会を解くドキュメンタリー公開日は3月20日

  • Writer :
  • 石井夏子

ドキュメンタリー『21世紀の資本』は3月20日(金)より公開

フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー『21世紀の資本』


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

本書を映画化した社会派ドキュメンタリー『21世紀の資本』が2020年3月20日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開する運びとなりました。

スポンサーリンク

原作本『21世紀の資本』とは?

参考:トマ・ピケティのツイッター

原作は、フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた経済学書『21世紀の資本』。

2014年に日本でも発売され一大ブームを巻き起こしました。

フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた本書。

しかし、700ページという超大作のため、完読が難しいというのも有名な話です。

映画『21世紀の資本』について

参考動画:トマ・ピケティによる『21世紀の資本』の考察

本作は、著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の人も五感だけで理解できるよう完全映画化しました。

著名な経済学者とともに、本で実証した理論を難しい数式など一切使わずに映像で表現しています。

映画では、『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』などの映画や小説、ポップカルチャーなどをふんだんに使って、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取りました。

「働いてもお金持ちになれないのはなぜか?」、「社会の何を変えなければいけないのか?」など、世間に渦巻く格差社会への不満や政治への不信感、誰も正しく教えてくれなかった答えが明らかになります。

スポンサーリンク

映画『21世紀の資本』の作品情報


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

【日本公開】
2020年(フランス・ニュージーランド合作映画)

【原作】
トマ・ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)

【監督】
ジャスティン・ペンバートン

【監修】
トマ・ピケティ

【日本語字幕】
山形浩生

【キャスト】
トマ・ピケティ、ジョセフ・E・ステイグリッツ

まとめ

本作をいち早く鑑賞したジャーナリストの池上彰からも以下のような推奨コメントが寄せられています。

「本も読んでほしいところだが、まずは映画で現実を直視しよう。いくら働いても豊かになれない秘密を映画は教えてくれる」

本作の鑑賞を熱く推奨している池上彰。

それと同時に、“働いても豊かになれない理由”という恐ろしくも知っておきたい真実が映画に隠されていることが分かりますね。

世間に渦巻く格差社会への不満や政治への不信感、誰も正しく教えてくれなかった答えがこの映画にあります。

映画『21世紀の資本』は2020年3月20日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開

昭和の高度経済成長や平成のリーマン・ショックの真相にも迫る日本人必見の経済エンターテインメントがついに公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ディカプリオ×タランティーノ来日!最新作映画『ワンハリ』記者会見リポート【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】

レオ×タランティーノ・タッグでの初来日 クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる長編作品であり、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを起用した話題作『ワンス・アポン・ア・タ …

新作映画ニュース

映画キミオイ世界10ヶ国で公開決定!山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁【あの頃、君を追いかけた】

2011年に台湾で公開され、空前の大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を台湾から日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、オリジナル作品の瑞々し …

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』公開日決定!谷光章監督が幸せな介護を描く

老老介護のリアルな姿を描いたほのぼのドキュメンタリー 認知症を患う99歳の母と自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー『99歳 母と暮らせば』が6月8日(土) …

新作映画ニュース

【ミニシアター・エイド基金】深田晃司監督らと共に全国の映画館支配人も劇場中継を繋ぎ、発足記念無観客記者会見を4月13日に配信!

ジェームス・ブラウン主演ドキュメンタリー映画『ソウル・パワー』を DOMMUNEにて投げ銭方式でフリー生配信決定。 小規模映画館支援のためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」が、202 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのいじわるなホームレス役は水澤紳吾【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP