Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/20
Update

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』あらすじとキャスト。公開日は11月22日に決定し予告編も解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

『ヴェノム』監督×『デッドプール』脚本!
彼らがすっかり“超一流”となって帰ってきました。

ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらアカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が“ゾンビ深まる季節の”2019年11月22日(金)より全国ロードショーすることが決定しました。

さらに、日本版予告編とポスターも解禁されましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の予告編

ダブルタップ…それは、二度撃ちして、止めを刺すルール!

この度解禁となった予告編には、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンら4人のアカデミー賞(受賞およびノミネーション)俳優たちが、“ルールさえ守れば何でもアリ!”と武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒しながら生き抜く姿が描かれます。

さらに新たなサバイバーと思われる女子も登場し、なぜかプレスリー化したタラハシ(ウディ・ハレルソン)も暴れまくり、予想もつかない展開がこのゾンビランドに訪れます!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の予告編その2

さらに発表された第2弾予告編は、ちょっと様子が違います。

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていました。

そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。

そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていました。どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していきます。

ところ変わって、とある映画の取材現場。

インタビューを受けるのは、「ゴーストバスターズ」シリーズなどでお馴染みの大スター、ビル・マーレイ

前作をご覧の方々はご存知でしょうが、彼はゾンビランドで××されてしまったはず…。

取材で堂々と「クスリを買う金が欲しくて」と言いのけるマーレイ

彼の出演により、さらに謎に包まれるゾンビランドから目が離せません。

スポンサーリンク

前作『ゾンビランド』とは

前作である映画『ゾンビランド』2009年公開されたゾンビ映画。コメディや青春映画、ロードムービーの要素も盛り込んでおり大ヒットを記録しました。

監督、脚本、主要キャストは『ゾンビランド:ダブルタップ』と同じメンバー

ゾンビウイルスが蔓延した、人類がほぼ絶滅状態となっている世界で、マイルールを厳守しながら引きこもりの青年(ジェシー・アイゼンバーグ)がサバイバルに挑みます。

最強のゾンビハンター・タラハシー役のハレルソンの頼れる漢っぷりに惚れます!

また、詐欺師姉妹役で登場する、当時はまだ子役だったアビゲイルや、今やアカデミー賞女優となったエマの、まだ初々しさが残る魅力にも注目です。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
ルーベン・フライシャー

【脚本】
レット・リース、ポール・ワーニック

【キャスト】
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ゾーイ・ドゥイッチ、ビル・マーレイ

スポンサーリンク

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のあらすじ

2009年、地球は爆発的なウィルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1人であるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)。

彼は「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)ら仲間と共に、お互いを支え合ったり、裏切ってみたり、恋したり、親の気持ちになったりしながら、明るくゾンビ社会を生き抜いていました。

…あれから10年。

2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはさらに進化を遂げていたんです。

なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた73!?のルールで、生き残りをかけますが…。

まとめ

ゾンビランドへ、ようこそ!

ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン…アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!

ゾンビ社会での大切なルールをぜひご一緒に予習して、明るく生き抜きましょう!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は2019年11月22日(金)より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが新作映画アニメーター育成プログラムの新設と採用を開始!

劇場映画制作のアニメーター育成プログラムを新設。 2022年度新卒・第二新卒募集開始。 これからの世界に生きる子どもたち、かつて子どもだった全ての大人たちが、心から楽しめるアニメーション映画制作を志す …

新作映画ニュース

【映画ダーク・フェニックス】X-MEN DAY開催レポートとソフィー・ターナーのコメント映像紹介!

長年のファンからも大反響! ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニ …

新作映画ニュース

中野量太監督&蒼井優×竹内結子ら舞台挨拶!『長いお別れ』映画プレミア試写会イベントリポート

驚きの家族ルールを告白し姉妹の絆がより深まる! 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長 …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの川崎瞳役は永野芽郁【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督の来日決定!映画『ドント・ウォーリー』コメントも【ヒューマントラストシネマ渋谷】

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作映画、ホアキン・フェニックス主演『ドント・ウォーリー』が2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学