Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/14
Update

大島優子が映画『生きちゃった』で不倫!?女優として演技力がむきだしになった石井裕也監督最新作とは

  • Writer :
  • 石井夏子

大島優子、追加出演情報解禁。
「剥き出しの裸になって演じるのは初めての経験」

日本映画界を牽引する石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開予定となりました。

主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀。

共演には、『葛城事件』や『愛がなんだ』『街の上で』などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。

(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

この度、仲野、若葉に続き、本作で彼らが演じる厚久と武田の幼馴染で、厚久の妻である奈津美役として大島優子が出演していることが明かされました

スポンサーリンク

映画『生きちゃった』追加キャストは大島優子

参考:大島優子のInstagram

追加キャストとして出演が明かされた大島優子。大島は、子役時代にも多くの作品に出演し、近年の主な出演作としては『スイートリトルライズ』(2010)、『闇金ウシジマくん』(2012)、『紙の月』(2014)、『ロマンス』(2015)、『疾風ロンド』(2016)などがあります。

石井組への参加は初めてとなる本作では、女優として新たなステージへと覚醒した大島優子が刻み込まれました。

石井監督は、大島について以下のように語っています。

きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役なのに、大島優子さんはあっさりオファーを受けてくれました。しかも、真っ向から全力で挑んでくれました。本当に尊敬します。ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにも凄くて、ひっくり返るほど驚きました。大島さんを見ていて、ゾッとしてきて、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなりました。こんなのは監督人生で初めての経験でした。きっと大島優子さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います。その時、大島さんの何かが決定的に変わったと確信しました。

これまで多くの俳優陣と作品作りをしてきた石井監督も本作での大島を絶賛

また大島は、本作の出演についてこうコメントしました。

この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました。素直に表現したり、素直に受け止めるということ。とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました。撮影現場では、常に苦労はありましたけど、石井監督との信頼関係もありましたし、撮影中、その信頼という名の橋は崩れることは無かったから、監督と繋がりながら剥き出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした。

撮影当時を振りかえった大島は、監督との信頼関係から、役へ挑戦できた自信を覗かせました。

映画『生きちゃった』の作品情報

(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(日本映画)

【英題】
All the Things We Never Said

【監督・脚本】
石井裕也

【キャスト】
仲野太賀、大島優子、若葉竜也

スポンサーリンク

映画『生きちゃった』のあらすじ

山田厚久(仲野太賀)と山田奈津美(大島優子)、武田(若葉竜也)は高校時代からの幼馴染でとても仲良し。

厚久と武田は昔も今も二人で夢を追いかけています。

微妙な三角関係にもつれた時期もありましたが、今では厚久は奈津美と結婚し、5歳の娘がいました。

平凡ながらもそれなりの生活を送っていたある日、厚久が奈津美の浮気を知ってしまいます。

あまりにも突然のことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできず、感情に蓋をすることしかできませんでした。

その日を境に厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき…。

まとめ

大島優子演じる奈津美がきっかけで、本作の物語は衝撃的な展開へと向かっていきます。

石井裕也監督との信頼関係のもと、女優として更なる魅力を開花させた大島に注目です。

映画『生きちゃった』は 2020年秋に日本全国で公開され、『All the Things We Never Said』という英語タイトルで、中国及び香港、台湾、マカオなど、世界各国の劇場で公開されます。





関連記事

新作映画ニュース

映画キミオイ世界10ヶ国で公開決定!山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁【あの頃、君を追いかけた】

2011年に台湾で公開され、空前の大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を台湾から日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、オリジナル作品の瑞々し …

新作映画ニュース

中野量太監督が記憶と愛を描く。最新作『長いお別れ』の映画公開日と予告解禁

映画『長いお別れ』2019年5月31日(金)公開 中野量太監督の映画『長いお別れ』の公開日が2019年5月31日(金)に決定しました! (C)2019『長いお別れ』製作委員会 映画『湯を沸かすほどの熱 …

新作映画ニュース

キャストと監督が語る永遠のライバルについて。映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』特別映像解禁

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』初公開映像付き特別映像が解禁 永遠のライバルが「もしも」対面していたら誰よりも理解し合えたはずでした。 映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』キャスト・監督が …

新作映画ニュース

映画ガンパウダー・ミルクシェイク|あらすじ/キャスト/公開日/上映館。悪を蹴散らすシスター・ハードボイルド・アクションが爆誕!!

高カロリー!強炭酸!超刺激! 新時代をブチ抜くシスター・ハードボイルド・アクション! 飛び交う銃弾、ほとばしる血しぶき、渦巻く硝煙の中に女たちの連帯と共闘を描き、シスターフッドを盛大に讃えたアクション …

新作映画ニュース

映画『土竜の唄FINAL』あらすじ/キャスト/公開日。生田斗真の演技力評価とプロフィール解説

映画『土竜の唄 FINAL』は2021年11月19日より全国ロードショー。 俳優の生田斗真が主演する人気シリーズ映画「土竜の唄」の第3弾となる完結編『土竜の唄 FINAL』が2021年11月19日より …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学