Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/01/31
Update

ベトナム映画最新の2作品で現在と歴史を知る!『漂うがごとく』『ベトナムを懐(おも)う』が3月公開へ

  • Writer :
  • 中村綾子

日越国交樹立45周年記念のイベント「ベトナム映画祭2018」で上映された『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』が、3月23日(土)より新宿K’s Cinema にて公開することが決定しました!

©Vietnam Feature Film Studio1,Acrobates Film

日本とベトナムが国交を樹立してから2018年で45年になります。

毎年9月には神奈川県にてベトナムフェスタが行われていますが、2018年は共催企画としてベトナム映画の特集上映が行われました。

その時に上映された作品の中でもベトナムの現在地を描き出す、珠玉の2本をセレクトして劇場公開することが決まりました。

今回は『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』の2本についてご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『漂うがごとく』とは

この作品は2018年9月1〜9日に横浜シネマ・ジャック&ベティほかで上映された作品で、ブイ・タク・チュエン監督がベトナムでのタイトル『Choi voi』で、2009年に本国で公開した106分の映画です。

社会主義国家ベトナムにおいて珍しい、女性視点の“性”を美しい映像で描いた異色作です。

映画『漂うがごとく』の作品情報

©Vietnam Feature Film Studio1,Acrobates Film

【公開】
2019年(ベトナム映画)

【原題】
Choi voi(英題:Adrift)

【監督】
ブイ・タク・チュエン

【キャスト】
ドー・ハイ・イエン、リン・ダン・ファム、ジョニー・グエン、グエン・ズイ・コア

【作品概要】
ハノイを舞台にしたこの作品は、満たされない想いを抱えながら、彷徨う現代ベトナム人女性を描いています。

第66回ヴェネツィア国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞した作品でもあります。

監督は第6回NHKアジア・フィルム・フェスティバルで『癒やされた地』が上映されたブイ・タク・チュエン。

ベトナムの鬼才映画監督ファン・ダン・ジーが脚本を担当しました。

主演のドー・ハイ・イエンは17歳の時に『夏至』(2000)に出演し女優デビュー。共演者もベトナム国内のみならず世界で活躍する俳優たちが揃いました。

映画『漂うがごとく』のあらすじ


©Vietnam Feature Film Studio1,Acrobates Film

ハノイで旅行ガイド兼通訳として働くズエンと、タクシー運転手のハイ。

2人は出会って三ヶ月で結婚を決めました。

式のあと酔いつぶれ、夫婦の寝室へ担ぎ込まれる新郎ハイを、ただ見つめることしか出来なかったズエン。

ズエンは後日、式に来られなかった女友達のカムを訪ねました。

その帰り、カムの代わりに手紙を届けに行ったズエンは、受取人のトーに襲われます。

ハイとは正反対の、どこか危険な匂いのするトーに何故か魅了されていくズエン。

ですが女としての彼女の目覚めはやがてある悲劇を招くことに…。

映画『漂うがごとく』の見どころ

本作はベトナム映画の中で数少ないアート色の強い作品だと言えます。

また登場人物がそれぞれ抱える心の乾きが、湿度の高いベトナムの風景や水の流れなど美しい映像と共に描かれる特徴を持っています。

ベトナムの美しい風景とともに、満たされることのない人間の孤独や欲望を表現していますので、アジア映画ファンのみならず、映画ツウのあなたもしっかりと満足させてくれる作品です。

映画『ベトナムを懐(おも)う』

こちらの『ベトナムを懐(おも)う』は、2017年にベトナム本国で公開された作品で、原題を『Da Co Hoai Lang: Hello Vietnam』と言い、88分の作品です。

演出は『レディ・アサシン 美人計』『超人X.』などで、日本でも知られたベトナムのヒットメーカーのグエン・クワン・ユン監督によるものです。

ベトナム戦争の際に、世界中へ散っていったボートピープルたちの今を描いたストーリーです。

映画『ベトナムを懐(おも)う』の作品情報

©HKFilm

【公開】
2019年(ベトナム映画)

【原題】
Dạ cổ hoài lang(英題:Hello Vietnam)

【監督】
グエン・クアン・ズン

【キャスト】
ホアイ・リン、チー・タイ、ゴック・ヒエップ、ディン・ヒウ、ジョニー・バン・トラン、トリッシュ・レ、タイン・ミー、チョン・カン、オアイン・キウ

【作品概要】
この作品は祖国を離れ、ニューヨークで暮らす3世代のベトナム人たちを描いた戯曲が原作です。

長く戦争が続いたベトナムの歴史を背負いながら、異国で故郷をおもう各世代の心情を丁寧に描いています。

監督は韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』をベトナムでリメイクした『輝ける日々に』のグエン・クアン・ズン。

世代や文化のギャップが生むユーモラスな衝突から、祖国を捨てた息子とその父親、そして孫娘の3世代が対峙することで、ベトナム移民の哀しい背景を描き出しています。

映画『ベトナムを懐(おも)う』のあらすじ


©HKFilm

1995年のニューヨーク。雪の中を老人ホームから抜け出してきたトゥーは、息子グエンと孫娘タムのアパートに転がり込みます。

ボーイフレンドの誕生日を祝おうとしていたタムは祖父の乱入に困惑を隠せません。

ベトナムの思い出を語るトゥーとアメリカ育ちのタムの溝は深まるばかり。

ついにタムの怒りが爆発し、トゥーは家を飛び出してしまいました。

そこへ帰って来たグエンは故郷への哀しい思いを語り始めます。

なぜグエンは祖国を捨てたのか。タムはベトナム移民である自分の知られざるルーツと家族の歴史を知ることに…。

映画『ベトナムを懐(おも)う』の見どころ

1990年代前半からベトナム国内の多数の舞台で演じられてきた『ベトナムを懐(おも)う』。

監督のグエン・クアン・ズンは『超人X.』のようなアクション映画から『輝ける日々』の青春映画、今回の作品のようなヒューマン映画と幅広いジャンルを手掛けます。

その時代を生きてきた人々に暗い影を落とすベトナム戦争。そのことで国を追われた移民の心情を描いています。

スポンサーリンク

まとめ

©HKFilm
ベトナム映画といえば『青いパパイヤの香り』や『シクロ』が有名ですが、近年ベトナム映画市場はアジアのなかでも目を見張る急成長を遂げています。

ハリウッド映画、日本のアニメーションのほか、国内産ジャンルムービーやエンターテイメント大作のほかに、日本では2017年に公開された『草原に黄色い花を見つける』のような、海外で研鑽を積んだクリエイターがベトナムに戻り叙情的なドラマをヒットさせる例が増えてきています。

映画『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』は、3月23日(土)より新宿K’s Cinema にて公開

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

イーサンホークおすすめ映画『ストックホルム・ケース』予告動画/上映館。ボブディランの名曲がストーリーを加速させる!

世界が驚愕した銀行強盗事件の結末とは? ボブ・ディランの名曲と共にスリリングに描きだす予告編解禁。 イーサン・ホーク×『ブルーに生まれついて』ロバート・バドロー監督との再タッグで話題となっている『スト …

新作映画ニュース

映画『海辺の彼女たち』あらすじ/キャスト。藤元明緒の新作がサンセバスチャン映画祭新人監督部門に選出!

日本・ベトナム国際共同製作映画『海辺の彼女たち』(藤元明緒監督)が 第68回サンセバスチャン国際映画祭 新人監督部門に選出!! 2021年に公開が予定されている、藤元明緒監督の最新作『海辺の彼女たち』 …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの高嶋さくら役は高畑充希。プロフィールと演技力評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は、『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀 …

新作映画ニュース

映画『帰ってきたムッソリーニ』あらすじとキャスト。監督ルカ・ミニエーロの新作予告解禁!

独裁者ムッソリーニが現代に生き返る! 「イタリア映画祭2019」で特別上映され、全席完売の大盛況だった映画『帰ってきたムッソリーニ』が、2019年9月20日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシ …

新作映画ニュース

映画『名探偵ピカチュウ』あらすじとキャスト。スクリーンX上映劇場情報も

ScreenXにハリウッドで初の実写映画化された “ピカチュウ”が登場!! 見た目はカワイイ、中身は“おっさん”で話題の映画『名探偵ピカチュウ』が2019年 5月3日(金) に全国公開されます。 そし …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP