Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/01/27
Update

映画『きみが死んだあとで』あらすじ/公開日/上映館。伝説の学生運動を巨編ドキュメンタリーで捉える!

  • Writer :
  • 大塚まき

青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか。

1967年の「第一次羽田闘争」において18歳で死んだ山﨑博昭を取り巻く人々を中心に、あの時代の”青春と悔い”を描いたドキュメンタリー映画『きみが死んだあとで』が、2021年4月よりユーロスペースにて公開されることが決定しました。

この度、本作の場面写真とポスタービジュアルが到着しました。

スポンサーリンク

映画『きみが死んだあとで』について


(c)きみが死んだあとで製作委員会

1967年10月8日。佐藤栄作内閣総理大臣(当時)の南ベトナム訪問阻止を図った「三派全学連」を主体とする第一次羽田闘争は、その後過激化する学生運動の端緒となる事件でした。

そのなかで一人の若者が殺された。山﨑博昭、18歳。機動隊に頭部を乱打されたためか、装甲車に轢かれたためか、死因は諸説あるが、彼の死は同世代の若者に大きな衝撃を与えました。

あれから約半世紀。亡くなった山﨑博昭の高校の同級生たちや当時の運動の中心だった者たちは齢を重ね、山﨑だけが18歳のまま。生き残った総勢14人が語り継ぐのは美しく輝く青春とその後の悔恨。

闘争の勢いとその衰退も振り返りながら、さまざまな記憶と感情が交錯します。青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか。

「きみの死」はまだ終わっておらず、半世紀を経てもなお、その宿題はまだ続いています。


(c)きみが死んだあとで製作委員会

上・下巻合わせて3時間20分の大長編にまとめきった代島治彦監督は、『三里塚に生きる』『三里塚のイカロス』に続いて“異常に発熱した時代”に三度組み合いました。

インタビュー中心のストイックな構成は、“歴史と記憶のはざま”を浮き彫りにし、音楽・大友良英が作曲したフリージャズをベースにしたアナーキーな主題曲が重なり、時代の狂気と美しい記憶が混然一体となって押し寄せてきます。

代島も大友も学生運動が熱を失った後の「しらけ世代」。権力と闘い、革命を叫んだ「全共闘世代」への愛憎を忍ばせながら、 彼らの歴史的功罪を問う重厚なドキュメンタリーが誕生しました。

映画『きみが死んだあとで』の作品情報


(c)きみが死んだあとで製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
Whiplash of the Dead

【製作・監督・編集】
代島治彦

【音楽】
大友良英

【キャスト】
山崎建夫、岩脇正人、岡龍二、佐々木幹朗、三田誠広、北本修二、向千衣子、島本恵子、山本義隆、島元健作、黒瀬準、赤松英一、田谷幸雄、水戸喜世子、

スポンサーリンク

映画『きみが死んだあとで』のあらすじ


(c)きみが死んだあとで製作委員会

1967年の「第一次羽田闘争」において18歳で死んだ山﨑博昭。高校の同級生たちや当時の運動の中心だった者たちは齢を重ね、山﨑だけが18歳のまま。

生き残った総勢14人を中心に語り継がれた、あの時代の”青春と悔い”を描いたドキュメンタリー。

まとめ


(c)きみが死んだあとで製作委員会

本作では1967年の第一次羽田闘争、またそこで亡くなった山嵜博昭さんと彼を取り巻く人々をフューチャーし、インタビューを中心に紡ぎだされました。

詩人・佐々木幹朗は、本作の中で山﨑博昭の死の直後に書いた追悼詩、「死者の鞭」を朗読しています。

存在の路上を
割り走り投げ
声をかぎりに
橋を渡れ
橋を渡れ
〈佐々木幹郎 詩集『死者の鞭』より〉

半世紀を経て蘇る詩は、何を語りかけてくるのでしょうか。

映画『きみが死んだあとで』は、2021年4月よりユーロスペース ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

映画『リンドグレーン』あらすじとキャスト。実話を基にロッタちゃん作者の人生を描く伝記ドラマ

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の生みの親、 アストリッド・リンドグレーンの知られざる人生とは。 「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の著者で、 …

新作映画ニュース

映画『レリック-遺物-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ガチ怖ホラーがオーストラリアから日本上陸!

ジェイク・ギレンホールと『アベンジャーズ』製作陣が認めた才能! 日系オーストラリア人女性監督、戦慄のデビュー作。 全米興収ランキング3週連続第1位、2020年の映画賞を席巻した驚異の傑作ホラーがついに …

新作映画ニュース

映画『さらば青春の光』デジタルリマスター版が10月11日公開。予告編とビジュアルも解禁!

“モッズ・ブーム“を巻き起こし、全世界が熱狂した青春映画の金字塔! このたび、青春映画の金字塔『さらば青春の光』デジタルリマスター版が、2019年10月11日(金)より、シネマート新宿、立川シネマシテ …

新作映画ニュース

映画『ボストン市庁舎』あらすじ/公開日/上映館。フレデリック・ワイズマン監督最新作のドキュメンタリーは故郷の“市役所”を描く

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』フレデリック・ワイズマン監督作! ドキュメンタリー映画の名匠フレデリック・ワイズマン監督が⽣まれ故郷ボストンの“市役所”を描く最新作『City Hall』( …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学