Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/20
Update

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作

国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。


映画『生きちゃった』

映画『生きちゃった』が2020年に全国公開することが決定しました。

さらにはポスタービジュアルも決定し、「All the Things We Never Said」という英語タイトルで、中国及び香港、台湾、マカオなど、世界各国の劇場で公開されます。

本記事では、解禁されたポスタービジュアルと出演者のコメントもあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『生きちゃった』について

参考動画:『川の底からこんにちは』予告編

本作は、商業映画デビュー作の『川の底からこんにちは』(2009)で第53回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞したことを皮切りに、これまで、『あぜ道のダンディ』(2011)『ハラがコレなんで』(2009)をはじめ、『舟を編む』(2013)『ぼくたちの家族』(2014)『バンクーバーの朝日』(2014)『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)といった作品を手がけ、国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作です。

また、「忖度や制約ゼロ、完全なる自由の中で作った」映画でもあります。

石井裕也監督のコメント

石井裕也監督は本作の制作を振り返り、以下のように語っています。

忖度や制約ゼロ、完全なる自由の中で映画を作ったらどうなるのか?
強度の高い傑作になるのか、はたまた独りよがりの映画になるのか。大いに興味が湧き、このプロジェクトを引き受けました。
「作りたい」という衝動と熱が何より大切だと思ったので、脚本は3日間で一気に書いて、信頼している仲間を急いで集めて、やると決めてから2ヶ月でクランクインしました。まるで自主制作映画のように夢中になって撮影しました。おカネも時間もなかったですが、とにかくみんなでフルパワーを出し合って捨て身でこの映画を作りました。出来上がったのは、俳優たちの凄まじい本気と魂が感じられる剥き出しの映画です。

本作の制作にあたり力強いコメントを寄せた石井裕也監督。

俳優たちの凄まじい本気と魂が感じられる剥き出しの映画”と綴られ、気迫のこもった映画に期待が膨らみます。

全く新しい試みのプロジェクト

2019年6月、上海国際映画祭にて「B2B(Back to Basics)A Love Supreme」=「原点回帰。至上の愛」という名の全く新しい試みのプロジェクトが発表されました。

このプロジェクトは、香港国際映画祭(HKIFFS)と中国のHeaven Picturesが共同出資し、各映画製作者に同じ予算が割り当てられ、「映画製作の原点回帰」を探求するというコンセプトのもと、アジアの名だたる監督たちが各々映画制作を行う、これまでになかった斬新かつ先鋭的な映画を生み出すため映画制作プロジェクトです。

あらゆる条件に縛られず、映画の素晴らしい可能性と創造性を再発見しようというチャレンジに賛同し、参加を表明したのは台湾の名匠ツァイ・ ミンリャン監督(『愛情萬歳』、『河』、『西瓜』、『楽日』)、韓国系中国人のチャン・リュル監督、中国のヤン・ジン監督(『ホメられないかも』)、マレーシアのタン・チュイムイ監督(『Love Conquers All』)、香港のフィリップ・ユン監督(『九龍猟奇殺人事件』)、そして日本の石井裕也監督。

プロジェクト名にもある通り、計6名の監督たちが独自の「愛」についての映画を製作する、というものです。

スポンサーリンク

映画『生きちゃった』のキャスト紹介

参考動画:『町田くんの世界』予告編

主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』(2019)に続いての石井組となる仲野太賀。

共演に、『葛城事件』(2016)や『愛がなんだ』(2019)などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。

2人は2017年の『南瓜とマヨネーズ』以来の共演となります。

厚久役・仲野太賀のコメント

本作の撮影を振り返り、主演の仲野太賀から以下のようにコメントを寄せています。

本当のことが言いづらいこの世界で、懸命に生きる父親を演じました。愛について真っ向から挑んだ、人間回帰の物語です。
若葉竜也さん、そして尊敬する石井裕也監督と共に、胸が張り裂けるような日々を過ごして作った今作が、きっと誰かを勇気づけると信じています。僕自身にとって、生涯大切にしたい映画になりました。

武田役・若葉竜也のコメント

武田役の若葉竜也は、石井組の参加に際して、以下のような熱い思いを寄せています。

オファーをもらい、台本を開いた時、石井裕也監督からの「果たし状」をもらったような気分でした。
「死ぬ気で来てよ。」って。
「生きちゃった」の台本にはそれだけの気迫があったし、役者の端くれとして「やらない」という選択肢はなかった。
毎日、全シーン、全カット、心血込めてやりました。
そしたら、、すごいラストシーン、撮れちゃった。

上記の仲野太賀、若葉竜也のコメントから石井裕也監督が描き出した“愛”に共鳴するかのように撮影に挑み、ほとばしる熱い思いを体当たりで演じきったことが伝わってきます。

映画『生きちゃった』のポスタービジュアル

本記事の冒頭で記載した、この度解禁されたポスタービジュアルには、車中で厚久と武田が向かい合っている二人の表情をクローズアップしたビジュアルとなっています。

上段の厚久は悲嘆にくれる表情で武田を真っ直ぐに見つめ、下段の武田はその思いを受け止めるかのようにしっかりと厚久の顔を掴み、見つめ返す場面が切り取られています。

中央に白抜きの文字で小さく“Love”と綴られ、どんな愛のカタチが描かれているのか想像が膨らみますね。

スポンサーリンク

映画『生きちゃった』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【英題】
All the Things We Never Said

【監督・脚本】
石井裕也

【キャスト】
仲野太賀、若葉竜也

映画『生きちゃった』のあらすじ

「何が起こるか想像もできない」現代日本の恐ろしさ、滑稽さ、そして、愛。

二人の男と一人の女。寄る辺なきこの人生で本当に大切なものとは?

山田厚久(仲野太賀)と武田(若葉竜也)は幼馴染。厚久は結婚しており、5歳の娘がいます。

平凡だがそれなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、妻が見知らぬ男と情事に耽っていました。

あまりにも急なことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできません。

感情に蓋をすることしかできませんでした。

その日を境に厚久と妻、武田の関係は歪んでいき、物語は予期せぬ展開へと向かっていき…。

まとめ

新たなプロジェクトの中で「愛」をテーマに制作された石井裕也監督最新作

石井裕也監督の力強いコメントからも伺えるように、監督、キャストがフルパワーを出し合って挑んだ新たな映画が誕生しました。

映画『生きちゃった』は2020年に全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

ミッドサマーや爆裂魔神少女が公開!東京国際ファンタスティック映画祭「シン・ファンタ」情報

あの伝説の映画祭が、14年ぶりに復活!? 1夜限りのこのフィルム・フェスティバルに参加しない手はない。 この度、今年第32回を迎える東京国際映画祭にて、全世界のジャンル映画を愛してやまないあの伝説の映 …

新作映画ニュース

髙石あかり映画『ベイビーわるきゅーれ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画でおすすめアクションを見る!

異色の青春映画が誕生。 大学在学中に圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻した阪元裕吾監督。 阪元裕吾監督の最新作『ベイビーわるきゅーれ』が、テアトル新宿(東京)ほかにて2021年7月30日(金)より公開 …

新作映画ニュース

吉村界人映画『人』あらすじ/キャスト/特報動画。ファンタジーとして幽霊の青年と家族の3日間を描く

幽霊になった⻘年と残された⺟の、⼤切で不思議な3日間。 「家族とは何か」「生きるとは何か」を問いかけるファンタジー映画『人』。 (c)映画「人」制作チーム 主演に吉村界人を迎えた映画『人』が、2022 …

新作映画ニュース

『PARALLEL MOTHERS(パラレルマザーズ )』あらすじ/キャスト。アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作が第94回アカデミー賞にノミネート決定!

2022年(第94回) アカデミー賞ノミネート決定作品 アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作による同じ日に出産を迎える二人の母の物語。 (C)Remotamente Films AIE &am …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト主人公の石橋留美子を演じるのは菅野美穂【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年春ロードショー。 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学