Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/22
Update

映画『聖なる犯罪者』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話から衝撃の話題作が誕生!

  • Writer :
  • 大塚まき

ショーン・ベイカー、エドガー・ライトも驚嘆
第92回アカデミー賞®国際長編映画賞ノミネート作品

聖人か?それとも悪人か?信仰深き犯罪者が起こした聖なる罪。

実話からうまれた衝撃作がいよいよ日本上陸します。


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

ヤン・コマサ監督映画『聖なる犯罪者』が、2021年1月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷ホワイト シネクイントほかにて順次公開されます。

この度、本作の予告編、場面写真が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『聖なる犯罪者』について


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

2019年ヴェネチア国際映画祭内のヴェニス・デイズ部門でプレミア上映された本作は、その後トロント国際映画祭ほか世界中の映画祭で上映され数多くの賞を獲得しました。

またポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』やペドロ・アルモドバル監督『ペイン・アンド・グローリー』と肩を並べて第92回アカデミー賞®国際長編映画賞に見事ノミネート。

ポーランド代表作品がノミネートされたのは前年の『COLD WAR あの歌、2つの心』(2018)に続き2年連続の快挙です。

2020年3月2日ワルシャワで行われたポーランドのアカデミー賞とされる2020 ORL Eagle Awardsでは監督賞、作品賞、脚本賞、編集賞、撮影賞ほか11部門を受賞。

監督はNetflixにて配信中の最新作『ヘイター』(2020)も話題のポーランド出身のヤン・コマサ

長編デビュー作『Suicide Room』(2011)は第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品され、長編2作目となる『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』(2014)は本国ポーランドで180万人を動員する大ヒットとなりました。


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

主演は、弱冠28歳のバルトシュ・ビィエレニア。

本作では第55回シカゴ国際映画祭、第30回ストックホルム映画祭にて主演男優賞受賞を受賞し、第70回ベルリン国際映画祭では若手俳優に与えられる2020ヨーロピアン・シューティングスターにも選出されました。

一度見ると忘れることのできない強い眼差しから放たれ、天使と悪魔の両面性をもった人物の危うさ、畏れ、悲しみ、怒り、諦めなど観る者を不安にさせるほど予測不可能なリアクションで見事に演じています。

ポーランド映画界を牽引する気鋭監督と若手俳優による渾身の衝撃作がいよいよ日本上陸となります。

映画『聖なる犯罪者』の予告編


この度、解禁された予告編では、冒頭で少年院に服役中のダニエルの姿が捉えられています。

少年院で敬虔なカトリック教徒となったダニエルは、牧師に「神の元で働きたい」と頼み込みますが、「前科者は聖職に就けない」と告げられます。

やがて仮釈放となり、少年院を出たダニエルが向かった先は、小さな田舎町でした。

そこで、たまたま教会に寄ったダニエルが、どこから入手したのか、牧師の洋服を見せたことから、本物と間違われ、その教会に迎え入れられるまでが描かれています。

その町では、少し前に凄惨な自動車事故が起き、多数の人々が亡くなったばかりでした。

傷が癒えぬ人々が告解に訪れますが、そのセリフや手順を、スマートフォンで盗み見しながら答える様子や、教会のミサで人々の前で説教を説く姿などが映し出されます。

やがて人々の信頼を勝ち得ていくダニエルでしたが、かつての少年院の仲間が現れることで事態は思わぬ方向に転がりだし…。

最後は「目の前にある事実を信じるな―」という本作のキャッチコピーと共に、牧師姿のダニエルの善とも悪ともつかない印象的な表情が捉えられています。

スポンサーリンク

映画『聖なる犯罪者』の作品情報


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

【日本公開】
2021年(ポーランド・フランス合作映画)

【原題】
Boże Ciało

【英題】
Corpus Christi

【監督】
ヤン・コマサ

【キャスト】
バルトシュ・ビィエレニア、エリーザ・リチェムブル、アレクサンドラ・コニェチュナ、トマシュ・ジィェンテク

【日本語字幕翻訳】
小山美穂

【日本語字幕監修】
水谷江里

映画『聖なる犯罪者』のあらすじ


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

少年院で出会った神父の影響で熱心なキリスト教徒となった20歳の青年ダニエルは、前科者は聖職者になれないと知りながらも、神父になることを夢見ています。

仮釈放が決まり、ダニエルは少年院から遠く離れた田舎の製材所に就職することになりました。

製材所への道中、偶然立ち寄った教会で出会った少女マルタに「司祭だ」と冗談を言うが、新任の司祭と勘違いされそのまま司祭の代わりを任されました。

司祭らしからぬ言動や行動をするダニエルに村人たちは戸惑いますが、若者たちとも交流し親しみやすい司祭として人々の信頼を得ていきます。

一年前、この村で7人もの命を奪った凄惨な事故があったことを知ったダニエルは、この事故が村人たちに与えた深い傷を知ります。

残された家族を癒してあげたいと模索するダニエルの元に、同じ少年院にいた男が現れ事態は思わぬ方向へと転がりだし…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

本記事で紹介した予告編では、ショーン・ベイカー監督(『フロリダ・プロジェクト』)が「大胆で、面白く、情け容赦ない映画。」と、エドガー・ライト監督(『ベイビー・ドライバー』)が「とんでもない映画だ!生々しい現実を、スリル満点に描いている。」と驚嘆した賛辞を送っています。

元犯罪者が司祭になりすました実在の事件を基に、聖と悪の境目とは一体何なのかを観る者に鋭く問いかける、第92回アカデミー賞国際長編映画賞に見事ノミネートされた衝撃の話題作がいよいよ日本上陸です。

映画『聖なる犯罪者』は、2021年1月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷ホワイト シネクイントほかにて全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの笹沢コウタ役は古舘佑太郎。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの …

新作映画ニュース

映画『キャラクター』あらすじ/主人公の山城圭吾を演じるのは菅田将暉【演技評価とプロフィール】

映画『キャラクター』は2021年6月11日よりロードショー 菅田将暉と本作が俳優デビューとなる人気バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseの共演によるダークエンタテインメント。 …

新作映画ニュース

アニメ映画『屋根裏のラジャー』あらすじ/特報動画。スタジオポノック最新作は2022年夏に公開決定!

スタジオポノック待望の最新作は“誰にも見えない少年”が主人公!? 世界150以上の国と地域で上映され大ヒットを記録した『メアリと魔女の花』以来、5年ぶりとなるスタジオポノック長編最新作『屋根裏のラジャ …

新作映画ニュース

東京コミコン2018は東京ファンタの後継イベントに!スタン・リーのいないアメコミ界最初のビッグイベント

2018年で3回目のとなるTOKYOCOMICCON(東京コミコン)が大盛況のうちに終了。 早くも2019年の第4回の東京コミコンの開催が発表されました。 今回は東京コミコン2018開催のレポートをま …

新作映画ニュース

佳山明の演技力に注目!映画『37セカンズ』予告編とポスタービジュアル解禁

私の“時間”が刻みはじめる。映画『37セカンズ』 2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭にて史上初の2冠となる、パノラマ部門の最高賞(観客賞)と国際アートシアター連盟(CICAE)賞を獲得したH …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学