Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

福島拓哉映画『モダン・ラブ』欧州三冠記念で下北沢トリウッドにて凱旋上映!

  • Writer :
  • 名保田奈緒子

欧州三冠記念!リピーター続出の話題作が下北沢に凱旋。

長編映画『モダン・ラブ』上映決定と、短編『LEGACY TIME』も併映!

初公開となった6月のトリウッドの上映では、リピーターが続出するなど大盛況となり、ニース国際映画祭・最優秀音響賞をはじめ、ハンブルク日本映画祭・特別芸術賞、マドリッド国際映画祭・最優秀VFX賞など、参加した映画祭で多くの映画受賞するなど評価も高い作品です。

福島拓哉監督の長編映画『モダン・ラブ』がトリウッドに凱旋です。

スポンサーリンク

映画『モダン・ラブ』の作品情報


(C)P-kraft、ラフター

【公開】
2018年公開(日本映画)

【脚本・監督】
福島拓哉

【キャスト】
稲村梓、高橋卓郎、芳野正朝、今村怜央、佐藤睦、ヤン・イメリック、川瀬陽太、町山博彦、大木雄高、園部貴一、草野康太

【作品概要】
東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で注目された、『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉監督による8年ぶりのSFラブストーリー映画。

主演は舞台やラジオドラマで活躍する稲村梓。またスペインのカタルーニャ地方でもロケを敢行。

映画『モダン・ラブ』のあらすじ


(C)P-kraft、ラフター

東京、現在。NASAは生命体の存在する新惑星エマノンを発見したことを発表。

人々は新惑星ニュースで盛り上がりますが、一方で異常気象が頻発していました。

旅行代理店でアルバイトしながら、理論物理学を研究する大学院生ミカは、5年前に失踪した恋人テルのことを忘れられませんでした。

出会い系アプリで知り合った男で孤独を紛らわせながら、妄想でテルと会話する日々を送っていました。


(C)P-kraft、ラフター

そんなある日、ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、もう1人の自分と出会います。

それぞれのミカには異なる状況が存在していました。やがてミカは、人生を左右する選択を迫られると、「ここではないどこか、行けるところまで行ってみたい」と…。

スポンサーリンク

映画『モダン・ラブ』の鑑賞ポイント


(C)P-kraft、ラフター

本作品『モダン・ラブ』の主演はラジオドラマ 『NISSAN あ、安部礼司』や、演劇ではつかこうへい作品などで注目された稲村梓。

短編映画『LEACY TIME』の好演からこの作品への主演に抜擢され、パラレルワールドを行き来する“一人三役”をみごとに演じ、愛する恋人を失った女性の孤独と葛藤。

また、その先に待ち受けた新たな心の揺らぎをみごとに表現しています。

ストーリーは東京を舞台にしていますが、海外ロケのスペイン・カタルーニャ州でのロケを敢行。現地入りした福島拓哉監督は「まさにイメージ通り」と言った、非日常的で美しい映像にも注目です。

これらを活かした福島拓哉監督は、得意としたサイコ・ファンタジー作品に仕上げ、心に刺さる痛々しい青春映画にもなっています。

そのような魅力を評価したのは、東京国際映画祭のみならず、海外の映画祭でも高く評価されました。

●ニース国際映画祭・最優秀音響賞
●ハンブルク日本映画祭・特別芸術賞
●マドリッド国際映画祭・最優秀VFX賞
●アムステルダム国際フィルムメイカー映画祭正式上映(オランダ)
●サウステキサス国際映画祭正式上映(アメリカ)
●ジャカルタ国際フィルム&アートフェスティバル(インドネシア)
●セブ国際映画祭コンペティション部門正式上映(フィリピン)

映画『モダン・ラブ』下北沢トリウッドにて凱旋上映!


(C)P-kraft、ラフター

本作『モダン・ラブ』の上映は以下の通りです。

【上映時間】
土日祝日 13:00/19:00 平日19:30
☆9/16(日)23(日)19:00 の回は英語字幕版での上映!

【入場料】
一般1,800円、学生・シニア1,200円、高校生以下1,000円

★特別鑑賞券(1,500 円)を劇場窓口にて販売中!
特典としてエンディング曲のフリーDLが出来るポストカードをプレゼント。

本作『LEGACY TIME』の上映は以下です。

【上映時間】
『LEGACY TIME』土日祝日15:30 平日18:30

【入場料】
一律800円 ★モダン割!:トリウッドでの『モダン・ラブ』半券提示で500円

【上映に関するお問い合わせ】
下北沢トリウッド 03-3414-0433 / tollywood@nifty.com
受付:営業時間内

欧州三冠記念となった、福島拓哉映画『モダン・ラブ』。

下北沢トリウッドにて凱旋上映を、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

実在の判事ルース・ギンズバークの若き日を描いた映画『ビリーブ 未来への大逆転』予告映像解禁!

フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』 フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』が2019年3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開されます。 公開に …

新作映画ニュース

映画『パーフェクトワールド』岩田剛典&杉咲花の惹かれ合い画像解禁へ

デートにもお勧めの間違い無しの、この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリー! 岩田剛典&杉咲花のダブル主演映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)よ …

新作映画ニュース

映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家森山大道』上映館/公開情報。三沢の犬がポスタービジュアルに!

写真界最後のカリスマ・森山大道に迫るドキュメンタリー。 2020年7月3日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開予定だったドキュメンタリー映画『過去はいつも新 …

新作映画ニュース

藤原竜也映画『Diner ダイナー』あらすじとキャスト。蜷川実花が描く平山夢明原作の小説とは

俳優の藤原竜也と、写真家で映画監督の蜷川実花が初タッグを組み、殺し屋専用の食堂を描く異色サスペンス映画『Diner ダイナー』が、2019年7月5日(金)に公開されることが決定しました。 (C)201 …

新作映画ニュース

『歯まん』舞台挨拶リポート。岡部哲也監督が「時代がようやく追いついた」と語る衝撃作とは

満席でのスタートとなった『歯まん』 カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション(通称:カリコレ)2018で連日満員を記録した超話題作、岡部哲也監督の『歯まん』が2019年3月2日(日)に公開初日を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学