Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

シャリーズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』育児あるある映像と画像解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー

本日8月7日(火)は主演を務めたシャーリーズ・セロンの誕生日

この日を記念して、育児あるある満載のママであれば誰しも共感間違い無しな特別映像と場面写真が一挙解禁されました!!

スポンサーリンク

『タリーと私の秘密の時間』の育児あるある特別映像解禁

この度、主人公のマーロを演じたシャーリーズ・セロンの誕生日を記念して、育児あるある特別映像が解禁されました。

映像は、散らかった部屋のソファーで熟睡中のマーロの姿から始まります。

授乳や夜泣き、オムツ替えなど赤ちゃんの世話に精を出すマーロ。

昼間も近所のママ友が赤ちゃんを見にきて休む暇が無かったり、ブロックを踏んで激痛が走ったり…。

お母さんなら誰もが経験したことがある、育児あるあるがてんこ盛りです。

全国のお母さんが共感できる映像が公開となりました。

シャーリーズ・セロンは、作品を振り返り次のようにコメントしています。

「こんな親の役目について描いたものは、観たことも読んだこともないし、感情的にとてもむき出しの経験だった!」

また、シャーリーズ・セロンは典型的な描写が全くないことについても驚いたと指摘しています。

「この映画は、親になった人が経験することだけど、必ずしも気軽に口に出せないことについて、とても素直に描いている。

そこがとても気に入ったわ。マーロに共感できたし、彼女に夢中になった!」

このように、今まで映画で描かれる事の無かった育児の実態を、実際の2人の子供の母として強く共感したと絶賛する待望の新作。

育児の大変さと同時に、喜びや幸せを感じる瞬間の両面を描いた本作は、見た人がホロリと泣いてクスリと笑える爽快リフレッシュムービーです!

『タリーと私の秘密の時間』の未公開育児場面画像解禁!

特別映像と併せてマーロの未公開育児場面画像も一挙公開されました。

赤ちゃんをあやしている内に寝落ちしてしまうマーロ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

夜泣き後寝かしつけているマーロ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

オムツを替えるマーロ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

爪を切ってあげるマーロ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

ベビーベットで寝かしつけるマーロ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

育児に奮闘するマーロの姿が覗ける場面が公開されました。

無表情なマーロの姿が、24時間体制のワンオペ育児の大変さを物語っているようです。

スポンサーリンク

シャーリーズ・セロンのプロフィール

1975年8月7日、南アフリカ生まれ。

幅広い役柄を一つ一つ魂をこめて演じ、観客を魅了する現代の最も著名で人気の高い女優の一人です。

主な出演作

『サイダーハウス・ルール』(1999)
モンスター』(2003)アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞を受賞
『ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方』(2004)
スタンドアップ』(2005)アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞にノミネート
『ハンコック』(2008)
『ザ・ロード』(2009)
ヤング≒アダルト』(2011)ゴールデン・グローブ賞にノミネート
『スノーホワイト』(2012)
『プロメテウス』(2012)
『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』(2014)
『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』(2015)
『ダーク・プレイス』(2015)兼製作
『スノーホワイト/氷の王国』(2016)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016)声の出演
『アトミック・ブロンド』(2017)兼製作
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)など

新作

『Gringo』(2018)ジョエル・エドガートン、アマンダ・セイフライド共演。兼制作
『Flarsky』(2019)セス・ローゲン共演

シャーリーズ・セロンは、『モンスター』の役作りのため14キロ近く体重を増量し、大変な話題となりました。

本作『タリーと私の秘密の時間』では、それを上回る18キロの増量でマーロを熱演し、プロデューサーも兼任しています。

その力の入れようからも、本作への熱い想いが感じられますね。

映画『タリーと私の秘密の時間』の作品情報


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Tully

【監督】
ジェイソン・ライトマン 

【脚本】
ディアブロ・コディ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

【作品概要】
『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』で知られるジェイソン・ライトマン監督が、かつて『ヤング≒アダルト』でもタッグを組んだシャーリーズ・セロンを再び主演に迎え、コミカルでハートウォーミングな女性を描いたドラマ。

セロンが主人公マーロ役を務め、『ブレードランナー 2049』で注目されるマッケンジー・デイヴィスがタリーを演じています。

脚本は『JUNO/ジュノ』『ヤング≒アダルト』でライトマン監督と馴染みのディアブロ・コディが担当。

スポンサーリンク

映画『タリーと私の秘密の時間』のあらすじ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきたマーロ。

彼女は3人目の子どもが生まれて、「わたし、ひとに頼れないの」と、ついに心が折れてしまいました。

そんなマーロのもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやって来ます。

タリーはため口のイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれます。

自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻してきました。

しかし、一方のタリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上も決して語ることがありませんでした。

やがて、マーロは…。

まとめ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
主演を務めたシャーリーズ・セロンの誕生日を記念して、育児あるある満載の特別映像と場面写真が一挙解禁されました。

体重を18キロ増やし、美貌を封印してマーロを演じたシャーリーズ・セロンの姿は本作の大きな見どころの一つです。

シャーリーズ・セロンの本気を感じる映像&画像に乾杯して、遠くからお祝いの気持ちを届けましょう。

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、間違いなく目の覚めるサプライズを贈る!

映画『タリーと私の秘密の時間』は8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー

お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

映画『斬、』キャスト池松壮亮&蒼井優の思い。塚本晋也監督の新作とは

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開。 本作品『斬、』の …

新作映画ニュース

安室透も体験『名探偵コナン ゼロの執行人』4DX劇場情報。入場者プレゼントも超豪華!

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 体感型プレミアムシアター4DXで『名探偵コナン ゼロの執行人』10月19日(金)から3週間限定で上映スタート。 4DX上映でスリル、アクション、サスペンス …

新作映画ニュース

映画『ホテル・ムンバイ』あらすじとキャスト。テロ事件に迫る実話の日本公開日は9月27日に決定!

2008年インドの5つ星ホテルで起きた無差別テロ。 惨状と化した“楽園”を救った、“5つ星”の勇気とは? 『ボーダーライン』製作陣が放つ、衝撃と感動の“実話”。 © 2018 HOTEL MUMBAI …

新作映画ニュース

映画『ロックンロール・ストリップ』あらすじ。木下半太監督の長編デビュー作品が2020年公開!

木下半太の自伝的小説が映画化決定! 作家で俳優の木下半太の自伝的小説『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫・刊)が、原作者の木下半太自らが監督を務め、2020年に映画化することが決定しました。 ( …

新作映画ニュース

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告動画。実在のミュージシャンの生涯とは

ドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞を含む6部門で最優秀賞を獲得。 東ドイツの秘密警察(シュタージ)に協力していた実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマンの生涯を描き、ドイツで最も …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学