Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/02
Update

映画『楽園』キャストのクメール人の母・洋子役は黒沢あすか【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。

『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。

その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって映画化され、『楽園』という題名で2019年10月18日(金)に公開されます。

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野剛。

確かな演技力で急成長をみせる杉咲花が緊張感溢れる本編に華を添え、日本を代表する名優・佐藤浩市が作品世界に説得力を与えます。

この記事では、主人公の母・中村洋子役を演じる黒沢あすかについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『楽園』の作品情報


(C)2019「楽園」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
吉田修一『犯罪小説集』(角川書店)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明、佐藤浩市

【作品概要】

『悪人』『怒り』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・吉田修一の『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』(2016)『菊とギロチン』(2018)の瀬々敬久監督が映画化。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャストが集結し、重厚なドラマを支えて犯罪をめぐる喪失と再生を描き出します。

更に、柄本明、村上虹郎など実力派の顔ぶれが揃っています。

映画『楽園』のあらすじ


(C)2019「楽園」製作委員会

ある地方都市で起きた少女失踪事件。

家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士(綾野剛)と、失踪した少女の親友だった紡(杉咲花)。

不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたりでしたが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消したことで、事態は急変します。

一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎(佐藤浩市)は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていました。

ですが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深めて行きます。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展。

2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは。

スポンサーリンク

映画『楽園』中村洋子役は黒沢あすか

参考映像:『愛について、東京』(1993)

映画『楽園』で中村洋子役を演じる黒沢あすかは1971年12月22日生まれの女優。神奈川県出身。旧芸名は岡坂あすか。オフィス・メイ所属。

10歳から子役として、本名(旧姓)「岡坂あすか」名義で芸能活動をしていました。

1990年『ほしをつぐもの』でスクリーンデビュー。

1992年柳町光男監督作品『愛について、東京』で、ヒロインの中国人アイリーン役に抜擢され、ヌードも披露

直後、『週刊文春』原色美女図鑑でもヌードを発表します。

1993年オフィス・メイに移籍し、同時に黒沢あすかに改名しました。

ドラマ『あすなろ白書』『野菊の墓』などに出演後、2002年塚本晋也監督の『六月の蛇』に主演し、一躍有名になります。

『嫌われ松子の一生』やテレビドラマなどに出演。

2010年には園子温監督の『冷たい熱帯魚』で殺人鬼役を演じて注目されました。

2012年に稽古場で突発的末梢性眩暈症を発症し、主演予定だった舞台『遭難、』を降板しましたが、4ヵ月の自宅療養後の2013年、主演短編映画『怯える女』で復帰しました。

ドラマ『グッド・ドクター』『ストロベリーナイト・サーガ』、映画『渇き。』『昼顔』など数多くの人気作に出演している演技派女優です。

映画『楽園』中村洋子はどんな役?

黒沢あすかが演じる中村洋子は、綾野剛演じる主人公・豪士の母親です

クメール人でアジア訛りの日本語を話します。

黒沢はこの役を演じるにあたり、喜びと共に、一筋縄ではいかない役柄を与えられたと直感し楽しみだったとコメントしています。

クメール人になりきるために、デモCDを手に発音取りに試行錯誤しながら役作りに励んだそうです。

満ち足りた思いでクランクアップを迎え、完成を待ち望んでいると語っています。

スポンサーリンク

黒沢あすかの演技力の評価は

参考映像:『冷たい熱帯魚』(2010)

子役から活動を始め、数多くの作品に出演している実力派・黒沢あすか。セクシーなフェロモン女優としても知られています。

役ごとに全く違う表情をみせるカメレオン役者でもあります。

1992年柳町光男監督作品『愛について、東京』では、ヒロインの中国人アイリーン役でヌードも披露しての熱演で注目を集めました。

映画『火火(ひび)』では、頼りなく見えながら実は芯の強い陶芸家志望の役を好演。強い決意と、入院中の師匠の子どもへの思いやりから坊主頭になってくる役<を、体当たりで演じています。 園子温監督の『冷たい熱帯魚』では、でんでんと殺人鬼夫婦を熱演しました。笑いながら遺体を解剖する鬼畜役。エロスと狂気で観客を震えあがらせました。

本作『楽園』では、主人公・豪士の母親役。クメール人という設定の難役を、どんな演技で魅せるのか要注目です。

黒沢あすかの公式SNSの紹介

黒沢あすかの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019「楽園」製作委員会

人はなぜ罪を犯すのか、そしてなぜ自分だけが生き残ってしまったのか。それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれます。

2016年に発売されたベストセラー作家・吉田修一の最高傑作と称される『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化した『楽園』。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら、確かな演技力を持った俳優たちが集い、重厚な物語に説得力を持たせました。

実力派女優・黒沢あすかが、主人公・豪士のクメール人の母親という難しい役に挑戦しています。

映画『楽園』は2019年10月18日(金)よりロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの大櫛加代役は水川あさみ【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より新宿ピカデリーほかにて公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 …

新作映画ニュース

映画『アンティークの祝祭』予告編/上映館。ドヌーヴとマストロヤンニが親子共演で人生最後の日を描く

大女優カトリーヌ・ドヌーヴ&キアラ・マストロヤンニとの実母娘共演が実現 アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生を描く感動ドラマ (C)Les Films du Poisson – Fra …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

新作映画ニュース

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』あらすじ/キャスト/公開日。実在する演奏家の実話を映像化!

バッハに愛されたピアニストが失った両腕。 不屈の実話が完全映画化。 20世紀最高のバッハの演奏家、ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の人生を描いた物語『João, o Maestro』。 邦題を『 …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学