Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/12
Update

映画『狂武蔵』あらすじ/キャスト/公開日。山﨑賢人と坂口拓の侍アクションが劇場上映決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

77分ワンカット・ワンシーンの衝撃。
幻のアクション映画が9年の時を経て、ついに完成。

アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓。

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 

彼が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”が遂に映画『狂武蔵』(くるいむさし)として2020年8月21日より公開することが決定しました。

この度、ポスタービジュアルが完成し、新たに山﨑賢人が出演することが発表されました。

山﨑賢人へのインタビューコメントと、下村監督、主演の坂口拓からのコメントが到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『狂武蔵』について

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 

『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇ニが監督を務め、77分ワンシーン・ワンカットで撮影、坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦した本作。

撮影中に坂口は、共演者に対して「本気でかかってこい!」と喝を入れて撮影に臨み、その結果、リアルな緊張感の中、400人と本気で殺し合う宮本武蔵の姿を演じ切りました。

坂口拓が命を削って挑んだ鬼気迫るアクション映像は、まさに必見です。

また、出演が明かされた山﨑賢人は、映画では初めての侍役。坂口とは、映画『キングダム』で共演経験があります。

今回山﨑は、親友・吉岡清十郎を坂口演じる武蔵に討たれたことにより深く悲しみ、その仇討ちに燃える、武士・忠助(ちゅうすけ)を演じました。

忠助は吉岡一門100人に加え、野武士300人の計400人を率い、幼い吉岡一門の嫡男・又七郎(またしちろう)を守り抜き、武蔵を討つことを堅く誓いますが、武蔵の神業とも言える剣術に圧倒されてしまいます。

復讐に燃える山﨑の鬼気迫る迫真の演技に注目です。

山﨑賢人のインタビューコメント

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 

──始めての時代劇だと思いますが、何か意識したことは?

山崎:時代背景や忠助のバックボーンを下村さん(監督)と相談して刀の抜刀から構えは稲川先生につけていただきました。「侍」という運命を背負い、正しくあろうとする一方で吉岡一門という組織の中でのしがらみにあらがえずにいた忠助が憎き相手であるべき武蔵に対して羨望を覚える忠助の葛藤を意識しました。

──「狂武蔵」に参加したきっかけは何ですか

山崎:キングダム撮影中に大切なことを身をもって教えてくれた大好きな拓さんと下村さんの映画を復活させたい、お二人の魂がこもった現場に立ち会いたいという気持ちで参加させていただきました。

──作品の感想について

山崎:本作の77分間に及ぶ戦いのなかで、さらに高みに上っていく姿が記録されています。「なぜここまで戦うのだろう」と思わずにはいられませんが、一度やると決めたことはやり遂げる、拓さんの曲げられない信念を感じ、そんな拓さんの姿に本当の「侍」を見た気がします。

スポンサーリンク

下村勇二監督のコメント

賢人くんだからこそ、この作品の本当の意味を理解し、熱い想いに賛同してくれた。
戦友として大変感謝しています。少年の様な瞳の奥には、実は火傷するほど熱く漢気あふれる山﨑賢人がいる。

主演・坂口拓のコメント

参考:坂口拓のツイッター

自分にとって一番思い出深いこの『狂武蔵』に、山﨑健人が出てくれた事、本当に感謝している!

スポンサーリンク

映画『狂武蔵』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
下村勇二
【キャスト】
TAK∴(坂口拓)、山﨑賢人、斎藤洋介、樋浦勉 

【原作協力】
園子温

映画『狂武蔵』のあらすじ

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 

1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口拓)との決闘が行われようとしていました。

武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、既にこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っています。

面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・ 又七郎殿との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったんです。

一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていましたが、突如現れた武蔵が襲いかかります。

突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。そして武蔵 1人対吉岡一門400人の死闘が始まり…。

まとめ

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 

坂口拓が長年温め続けた作品に、『キングダム』の共演を経て固い絆で結ばれた山﨑賢人が出演します。

凛々しい着物姿で武士道を熱演するふたりの、77分ワンカット・ワンシーンの衝撃をぜひ劇場で体感してください。

映画『狂武蔵』は2020年8月21日(金)より全国ロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

佐藤二朗映画『さがす』あらすじ/キャスト/上映館。片山慎三監督最新作が2022年公開決定!

第26回釜山国際映画祭正式出品決定!! 『岬の兄妹』で鮮烈デビューを果たした異才・片山慎三。 (C)2022『さがす』製作委員会 片山慎三監督が、佐藤二朗を主演に迎えて世界に放つ唯一無二の衝撃作『さが …

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました! 2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。 スポンサーリンク …

新作映画ニュース

映画『ラストレター』キャストの鮎美と未咲役は広瀬すず【演技評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

新作映画ニュース

Netflixで海外配給決定の映画『37セカンズ』特報予告編が解禁!ベルリン映画祭最高賞受賞作の見どころ紹介

第69回ベルリン国際映画祭観客賞・国際アートシアター連盟賞受賞作。 Netflixで海外配給も決定!! 2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭のパノラマ部門の最高賞となる観客賞と国際アートシアタ …

新作映画ニュース

奥原浩志映画『黒四角』DVDレンタルと発売。隠れた名作SFと呼ばれた作品内容とは

奥原浩志監督の最高傑作が5年の歳月を経て待望のDVD化! 2012年に東京国際映画祭正式上映作品としてお披露目された後、2014年に劇場公開された奥原浩志監督の『黒四角』。 国内外のメディアから高い評 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学