Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/29
Update

映画『金の糸』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジョージア映画界の女性監督ラナ・ゴゴベリゼが91歳にして27年ぶりの新作公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

ジョージアの伝説的女性監督ラナ・ゴゴベリゼ最新作

過去との和解をテーマに、ジョージア激動の時代を生きた女性作家とその人生に関わった人々を、
日本の“金継ぎ”に着想を得て描く『OKROS DZAPI(英題:THE GOLDEN THREAD)』。


(C) 3003 film production, 2019

ジョージア映画界を代表する女性監督ラナ・ゴゴベリゼ監督が、過去との和解をテーマに描いた『OKROS DZAPI(英題:THE GOLDEN THREAD)』の邦題を『金の糸』として、2022年2月26日(土)より全国順次公開されることが決定しました。

あわせて、繊細な“金継ぎ”とジョージアの街並みが美しい日本版ポスタービジュアルも解禁となります。

スポンサーリンク

映画『金の糸』について

高いクオリティの作品を数々発表し、テンギズ・アブラゼ監督、オタール・イオセリアーニ監督、ギオルギ・シェンゲラヤ監督たちとともにジョージア映画の発展を担ってきたラナ・ゴゴベリゼ監督。

女性と社会を瑞々しく捉え続けてきたゴゴベリゼ監督が91歳にして描いたのは、過去との和解をテーマにした物語です。

題名の“GOLDEN THREAD”には、日本の「金継ぎ」から着想を得て、“未来を見るために過去を金で修復する”という意味がこめられました。

監督は「日本人が数世紀も前に壊れた器を継ぎ合わせる金継ぎの技のように、金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、過去は、そのもっとも痛ましいものでさえ、重荷になるだけでなく、財産にもなることでしょう」
語っています。

音楽は、2019年に亡くなった、ジョージアの世界的作曲家ギヤ・カンチェリ

主役のエレネは、『ロビンソナーダ』で知られるジョージア映画界の重鎮ナナ・ジョルジャゼ監督が演じています。

映画『金の糸』のポスタービジュアル

本記事の冒頭に記載したこの度、解禁されたポスターでは、ジョージアらしい古い家で椅子に腰掛けるエレネをメインに、ミランダ、アルチルの表情のほか、映画の鍵となる「野の花」「過去の写真」「小さな人形」などが配置され、恋人たちの姿と金継ぎがコラージュされています。

「旧市街の片隅で 私たちは語る 信じて欲しい 壊れた過去も美しいと。」というキャッチフレーズと『金の糸』というタイトルから過去の時間を紡いでいく物語にイマジネーションをかきたてます。

スポンサーリンク

映画『金の糸』の作品情報

【日本公開】
2022年(ジョージア・フランス合作映画)

【原題】
OKROS DZAPI

【監督・脚本】
ラナ・ゴゴベリゼ

【キャスト】
ナナ・ジョルジャゼ、グランダ・ガブニア、ズラ・キプシゼ、ダト・クヴィルツハリア

映画『金の糸』のあらすじ

トリビシの旧市街の片隅。作家のエレネは生まれた時からの古い家で娘夫婦と暮らしています。

今日は彼女の79歳の誕生日ですが、家族の誰もが忘れていました。

娘は、姑のミランダにアルツハイマーの症状が出始めたので、この家に引っ越しさせるといいます。

ミランダはソヴィエト時代、政府の高官でした。そこへかつての恋人アルチルから数十年ぶりに電話がかかってきて…。

スポンサーリンク

まとめ

ゴゴベリゼ監督の母親は、サイレント時代に活躍したジョージア初の女性監督ヌツァ・ゴゴベリゼ(1902〜1966)。母ヌツァはソ連政府の「大粛清」により約10年を強制収容所で過ごしたという言います。

そんな自身の記憶を重ねた本作『金の糸』は、人間の過去と国の歴史を重ねながら、想像の翼を羽ばたかせた見事な作品となっています。

ジョージア映画界の伝説的女性監督ラナ・ゴゴベリゼが27年ぶり、91歳にしての新作『金の糸』は、 2022年2月26日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2021】オープニングは『映画をつづける』/クロージングは『アジアの天使』に決定!

オープニング作品とクロージング作品が発表! 2021年で16回目を迎える大阪アジアン映画祭。この度、オープニング作品とクロージング作品が発表されました。 オープニング作品に、香港映画界の巨匠、アン・ホ …

新作映画ニュース

森崎ウィン「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーに登壇!上映は7月10日まで開催

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」は2019年7月4日から7月10日にかけて開催中! 国際交流基金アジアセンターと公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)が共催し、躍進が目覚ましい東南アジア映画界 …

新作映画ニュース

チェルフィッチュ映画『想像』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。三月の5日間の創作を映像に収めたドキュメンタリー

社会は「想像」という行為によって支えられている。 世界的に注目されている演劇カンパニー・チェルフィッチュ。 (C)ハイドロブラスト 本作『想像』は、オーディションを経てチェルフィッシュの舞台『三月の5 …

新作映画ニュース

【ルーキー映画祭】新旧監督デビュー特集のイベント情報。京都みなみ会館リニューアル記念として9月6日より開催!

グッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館による、日本未公開・新旧監督デビュー特集! 8月23日(金) にリニューアルオープンする京都みなみ会館にて、映画上映・配給団体グッチーズ・フリースクール(以下 …

新作映画ニュース

草彅剛と擬似親子役は新人女優の服部樹咲(みさき)!映画『ミッドナイトスワン』追加キャストとコメント紹介

片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる。 切なき疑似母子(おやこ)のラブストーリー。 2020年9月25日に公開予定の映画『ミッドナイトスワン』。 2019年秋、都内・関東 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学