Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト長澤まさみは母親役シングルマザーの三隅秋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介

母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開されます。

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた本作。

この記事では主人公のシングルマザー・三隅秋子役を演じる長澤まさみについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』の作品情報


(C)2020「MOTHER」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【脚本・監督・撮影】
大森立嗣

【脚本】
大森立嗣、港岳彦

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花

【作品情報】

河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した本作。

主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じています。

製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(2019)、『宮本から君へ』(2019)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズです。

映画『MOTHER マザー』のあらすじ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子。

生活に困って両親に金を借りに行きますが、散々家族からの借金を繰り返してきた彼女は、愛想をつかされ追い出されてしまいます。

昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、ホストの遼と出会い意気投合。遼は秋子のアパートに入り浸るようになります。

実の息子・周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける秋子。

しかし、秋子は周平に異様な執着をみせ、自分に忠実であるようにと強います。

歪んだ愛に翻弄されながらも、母しか頼れるものがいない周平は、彼女の要求にこたえようとしてもがきます。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立した母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせ…。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』三隅秋子役は長澤まさみ

参考映像:『世界の中心で愛を叫ぶ』(2004)

映画『MOTHER マザー』三隅秋子役を演じる長澤まさみは1987年6月3日生まれの女優。静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。

父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田初代監督の長澤和明。

1999年第5回東宝「シンデレラ」オーディションで史上最年少の12歳でグランプリ獲得し、芸能入りしました。

同年公開の『クロスファイア』で映画デビュー。その後雑誌『ピチレモン』専属モデルとなります。

2000年『秘密~弁護士迫まり子の遺言作成ファイル』でドラマ初出演。

2001年ドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても』にレギュラー出演するのに合わせ、中学2年生で上京しました。

2002年NHK朝ドラ『さくら』に出演。

2003年に高専ロボットコンテストを題材にした映画『ロボコン』に初主演し、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。

同年『ゴジラxモスラxメカゴジラ 東京SOS』、翌年『ゴジラ FINAL WARS』に出演。

2004年に興行収入85億円の大ヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ヒロインを演じ多数の映画賞を受賞。一躍人気女優に躍り出ました。

映画『タッチ』『ラフROUGH』『モテキ』『散歩する侵略者』など数多くの作品に出演。

参考映像:『海街diary』(2015)

2015年出演作『海街diary』は第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品されました。

2006年『功名が辻』でNHK大河ドラマ初出演。2016年には『真田丸』に出演。

そのほか『コンフィデンスマンJP』『キングダム』『マスカレード・ホテル』など数多くの人気作品に出演し、多数映画賞を受賞する実力派です。

映画『MOTHER マザー』三隅秋子はどんな役?


(C)2020「MOTHER」製作委員会

長澤まさみ演じる三隅秋子は、一人息子・周平を持つシングルマザー。

いつも両親に金をせびって愛想をつかされています。

昼間からゲームセンターで酒を飲み、ホストの遼と意気投合して自宅に連れ込むように。

周平を学校にも通わせず、遼と出かけて何週間もアパートを留守にしたりします。

ひどい放任で育てたにも関わらず、秋子は周平にすがり続け…。

スポンサーリンク

長澤まさみの演技力の評価は

参考映像:『キングダム』(2019)

人気実力派として不動の地位を確立した、日本を代表する女優・長澤まさみ。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で白血病治療中のヒロイン・亜紀を演じて人気を博し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞などを受賞。トップ女優への道を歩みだしました。

脱毛症を抱えた役を演じるために、スキンヘッドとなって体当たりの演技をみせています。

その後も2006年『涙そうそう』2011年『モテキ』で日本アカデミー賞主演女優賞、2015年『海街diary』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

2017年『散歩する侵略者』でも毎日映画コンクール女優主演賞を受賞しており、出演作は軒並み映画賞を受賞。実力を高く評価されている女優です。

2018年に出演した『コンフィデンスマンJP』では振り切った演技で見事なコメディエンヌぶりをみせ、2019年ブルーリボン賞主演女優賞を受賞

この作品と『マスカレード・ホテル』合わせて第44回報知映画賞主演女優賞も受賞しています。

また超大作『キングダム』では、武力に長けた妖艶な山の王・楊端和(ようたんわ)を熱演し、観客を魅了。見事第43回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しました。

本作『MOTHER マザー』で初のダークな毒母役に体当たりで挑み、新境地を開いています。

長澤まさみの公式SNSの紹介

長澤まさみの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

「少年による祖父母殺害事件」の実話をもとに、大森立嗣監督が映像化した衝撃作『MOTHER マザー』。

主演は長澤まさみ。これまでの清純派イメージを脱ぎ捨て、強烈な毒母役に挑戦することで大きな話題を呼んでいます。

阿部サダヲ、夏帆、仲野太賀ら実力派俳優が共演。

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。

関連記事

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019開催!斎藤工や今泉力哉の特集上映など全プログラム紹介【10月12日から3日間】

第11回のテーマは、「SPARK FILM -きっとハジケル3日間-」。 ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを …

新作映画ニュース

草凪優映画『どうしようもない恋の唄』あらすじ。藤崎里菜の画像解禁

圧倒的な筆力と流麗な官能描写で熱狂的ファンを持つ人気作家の草凪優。 彼の代表作との呼び声も高い傑作ラブストーリー『どうしようもない恋の唄』がついに映画化! 8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート …

新作映画ニュース

山崎貴や松平光冬らが映画『彼らは生きていた』に絶賛のコメント。ピージャクのイマジネーションに感服!

ロッテントマトにて驚異の100%獲得。 名匠ピーター・ジャクソン監督が手掛けた画期的な第一次世界大戦ドキュメンタリー映画『彼らは生きていた』がいよいよ2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフ …

新作映画ニュース

押田岳映画『仮面ライダージオウNEXT TIMEゲイツ、マジェスティ』新たなフォームとキャラクター解禁!劇場公開は2020年初春

Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』オリジナル・新フォーム&新キャラクター解禁。 「仮面ライダージオウ」テレビシリーズ最終話のその後のお話となる本作『 …

新作映画ニュース

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじとキャスト。主題歌は吉澤嘉代子に決定

(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会 加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日よりシネマカリテほか全国順次ロードショー。 新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴ焦 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学