Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/21
Update

映画『楽園』キャストの野上広呂役は村上虹郎【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。

『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。

その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって映画化され、『楽園』という題名で2019年10月18日(金)に公開されます。

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野剛。

確かな演技力で急成長をみせる杉咲花が緊張感溢れる本編に華を添え、日本を代表する名優・佐藤浩市が作品世界に説得力を与えます。

この記事では、野上広呂役を演じる村上虹郎(むらかみにじろう)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『楽園』の作品情報


(C)2019「楽園」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
吉田修一『犯罪小説集』(角川書店)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明、佐藤浩市

【作品概要】

『悪人』『怒り』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・吉田修一の『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』(2016)『菊とギロチン』(2018)の瀬々敬久監督が映画化。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャストが集結し、重厚なドラマを支えて犯罪をめぐる喪失と再生を描き出します。

更に、柄本明、村上虹郎など実力派の顔ぶれが揃っています。

映画『楽園』のあらすじ


(C)2019「楽園」製作委員会

ある地方都市で起きた少女失踪事件。

家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士(綾野剛)と、失踪した少女の親友だった紡(杉咲花)。

不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたりでしたが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消したことで、事態は急変します。

一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎(佐藤浩市)は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていました。

ですが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深めて行きます。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展。

2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは。

スポンサーリンク

映画『楽園』野上広呂役は村上虹郎

参考映像:『武曲 MUKOKU』(2017)

映画『楽園』で野上広呂役を演じる村上虹郎(むらかみにじろう)は1997年3月17日生まれ、東京都出身。ディケイド所属。

俳優の村上淳を父に、歌手のUAを母に持つ二世俳優。

両親の離婚後、中学の頃に母と沖縄に移住し、高校はカナダのモントリオールに留学。英語がとても堪能だそうです。

2014年河瀨直美監督の『2つ目の窓』で映画初出演にして初主演。第29回高崎映画祭で最優秀新人男優賞を受賞します。

2015年連続ドラマ『天使のナイフ』でテレビドラマ初出演。

同年のスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でテレビドラマ初主演します。

同年年末には『書を捨てよ町へ出よう』で舞台初主演。

2016年には日曜劇場 仰げば尊し』でゴールデンタイム連続ドラマに初出演を果たしています。

2017年には映画『武曲 MUKOKU』に出演し、第41回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

そのほか映画『春なれや』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、ドラマ『この世界の片隅に』など話題作に数多く出演。

CMでも活躍中。2015年JR東日本 JR SKI SKIのCMや、NTT DocomoのCMで注目を集めました。

映画『楽園』野上広呂はどんな役?

村上虹郎演じる野上広呂は、杉咲花演じる紡に想いを寄せている幼なじみです。

この役について村上は、「天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂いた」と意味深長にコメントしています。

スポンサーリンク

村上虹郎の演技力の評価は

参考映像:『2つ目の窓』(2014)

人気と共に、実力派として認められている村上虹郎。

2014年河瀨直美監督の『2つ目の窓』で映画初出演にして初主演。第29回高崎映画祭で最優秀新人男優賞を受賞しています。

2017年には映画『武曲 MUKOKU』に出演し、第41回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。大きな存在感を示しました。

2018年放送のドラマ『この世界の片隅に』では、ヒロイン・すずの幼なじみで、淡い恋心を持つ青年・水原哲を好演。軍人として戦争へ向かう哲の姿は、多くの視聴者の涙を誘いました。

本作の監督・瀬々敬久は、村上の演技を「繊細な野生」と表現しています。

村上虹郎の公式SNSの紹介

村上虹郎の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

人はなぜ罪を犯すのか、そしてなぜ自分だけが生き残ってしまったのか。それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれます。

2016年に発売されたベストセラー作家・吉田修一の最高傑作と称される『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化した『楽園』。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら、確かな演技力を持った俳優たちが集い、重厚な物語に説得力を持たせました。

実力派の人気俳優・村上虹郎が、杉咲花演じる紡に想いを寄せる野上広呂役を演じます。

映画『楽園』は2019年10月18日(金)よりロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

望月歩主演『五億円のじんせい』ニューヨーク・アジアン映画祭にてスペシャル・メンション受賞!本編映像解禁も

映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJEC …

新作映画ニュース

映画『狂猿』公開日/上映館/予告動画/内容解説。プロレスラー葛西純の“現在”をとらえたドキュメンタリー

デスマッチのカリスマ葛西純の揺れ動く一年と壮絶な半生を追う。 デスマッチのカリスマと呼ばれ、国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー“葛西純”。 (C) …

新作映画ニュース

『アリータ:バトルエンジェル』あらすじとキャスト。原作「銃夢」を最新CGと4DXで体感!

日本発SF漫画の最高峰『銃夢』を『アバター』のジェームズ・キャメロンが世界へ贈る“究極の映像体験”映画『アリータ:バトルエンジェル』は2019年2月22日より4DXシアターで公開します! 映画史に新た …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのいじわるなホームレス役は水澤紳吾【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学