Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/29
Update

アップリンク吉祥寺にて映画『想像』舞台挨拶!チェルフィッチュ演劇と俳優演技の成り立ちをドキュメンタリーとして公開

  • Writer :
  • 名保田奈緒子

ドキュメンタリー映画『想像』は2021年5月28日(金)よりアップリンク吉祥寺にて、29日(土)より横浜シネマ・ジャック&ベティにて劇場公開!

演出家・岡田利規が主宰する演劇カンパニー「チェルフィッチュ」の代表作『三月の5日間』リクリエーションの創作過程をカメラが追ったドキュメンタリー映画『想像』。


(C)Cinemarche

劇場公開初日の2021年5月28日(金)、アップリンク吉祥寺ではこのたびの劇場公開を記念しての舞台挨拶が実施され、カメラマンの鈴木宏侑さんと太田信吾監督が登壇しました。

本記事ではその模様をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

『想像』初日舞台挨拶に太田信吾監督ら登壇!


(C)Cinemarche

2021年5月28日(金)に劇場公開を迎えた映画『想像』。同日にはアップリンク吉祥寺にて、劇場公開を記念しての初日舞台挨拶が実施されました。

同イベントでは本作の撮影を担当した一人である鈴木宏侑さん、そして太田信吾監督が登壇。作品の制作経緯や見どころについて、イベント後の映画上映を楽しみにしている観客たちに向けて語りました。

「人間の想像力に対する暴力」に立ち向かう


(C)ハイドロブラスト

『想像』が無事に劇場公開を迎えられたこと、そして『想像』を鑑賞しに多くの人々がアップリンク吉祥寺に訪れてくれたことへの両名の感謝の言葉から始まった舞台挨拶。

太田監督は『想像』の制作経緯について、レバノンでの自爆テロ、フランスでのパリ同時多発テロ事件など、かつてチェルフィッチュの別作品での海外公演の際に実感させられた「人間の想像力に対する暴力」について言及。

そうした自身の体験から、「人間の想像力に対する暴力」に対して演劇はどう立ち向かえるかを想像し始めたことが、演出家・岡田利規さんとチェルフィッチュによる『三月の5日間』再演の過程の撮影、そして映画『想像』の企画のきっかけとなったと明かしました。

「演技」を立ち上げていく過程を楽しんでもらいたい


(C)ハイドロブラスト

そしてイベントの最後、「『想像』とはどのような映画か?」というMCからの質問に対し、鈴木さんは自身がカメラを通じて見つめた人々と作中での“想像”の在り方について言及し、「“そこにないもの”を“あるもの”として共有できると信じながら舞台を作っていた」と感じられたと語りました。

一方で太田監督は、『三月の5日間』は舞台セットがなく、役者の芝居によって戯曲に描かれる情景やイメージを伝えていく作品であるとコメント。その上で映画『想像』では「演技を立ち上げていく過程を楽しんでもらいたい」という言葉によって締めくくられ、同イベントは無事幕を閉じました。

映画『想像』太田信吾監督インタビュー記事紹介

初日舞台挨拶終了後の太田信吾監督


(C)Cinemarche

Cinemarcheサイト内では、ドキュメンタリー映画『想像』を手がけた太田信吾監督へのインタビュー記事も掲載しております。

オーディションにて選ばれた7人の役者の1人・板橋優里に焦点を当て、彼女が本読みからパリ公演までの2年間にわたり“想像”によってパフォーマンスを豊かにしていく姿を、ミニマルに繰り返す手法を用いて描き出した『想像』。

本作の制作を決意するきっかけとなった大きな出来事をはじめ、役者として活躍する自身の経験を本作でどのように活かしたのかなど、貴重なお話を語ってくださいました。

スポンサーリンク

映画『想像』の作品情報

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・製作】
太田信吾

【出演】
板橋優里、岡田利規 ほか

【作品概要】
世界的に注目される演劇カンパニー「チェルフィッチュ」の作品創作を追ったドキュメンタリー作品。2005年に第49回岸田國士戯曲賞を受賞したチェルフィッチュの代表作『三月の5日間』の再演に挑むオーディションで選ばれた7人の俳優のうち、1人に焦点を当て、本読みからパリ公演までの2年間をカメラが追う。

小道具やセットを極力配したシンプルな空間で、俳優が想像だけを武器にパフォーマンスを豊かにしていく過程を、ミニマルに繰り返す手法を用いて描いていく。

監督は『わたしたちに許された特別な時間の終わり』『解放区』の太田信吾。

映画『想像』のあらすじ


(C)ハイドロブラスト

世界的に注目される演劇カンパニー「チェルフィッチュ」。

同カンパニーの演出家の岡田利規は、役者自身による「想像」という営みを重要視し、観客のイマジネーションをも膨らませる豊かなクリエーションへを生み出すことを試み続けている。

映画『想像』はチェルフィッチュの代表作『三月の5日間』のパリ公演に向けてのリクリエーションを通じて、若き役者たちの「想像」の過程とその成長を2年間にわたって追う。

小道具やセットを極力排したシンプルな空間で、俳優が「想像」だけを武器に充実したパフォーマンスを繰り広げるまでの過程は、「他者への想像」が希薄化した現代に痛烈な批評性をもって作用することになる……。

まとめ


(C)ハイドロブラスト

初日から多くの人々が映画館に訪れ、太田信吾監督とカメラマン・鈴木宏侑が登壇した初日舞台挨拶イベントも盛況の中で幕を閉じたドキュメンタリー映画『想像』。

「他者への想像」が希薄化し、それゆえに「想像力に対する暴力」が生じてしまう現代において、演劇という芸術の力、何よりも「想像」という力を信じる人々を『想像』という映画はどのように描き出したのか。

「他者への想像」の重要性がより露わになった2021年にこそ、ドキュメンタリー映画『想像』は観客により「想像」を働きかけるでしょう。

ドキュメンタリー映画『想像』は2021年5月28日(金)よりアップリンク吉祥寺にて、29日(土)より横浜シネマ・ジャック&ベティにて劇場公開!


関連記事

新作映画ニュース

映画『ミは未来のミ』あらすじ/キャスト/公開日。磯部鉄平監督特集をアップリンク吉祥寺にて開催!

河瀬直美らを輩出したビジュアルアーツ専門学校大阪の出身、磯部鉄平監督特集。 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、Kisssh-Kissssssh映画祭など、さ …

新作映画ニュース

映画さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について|あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トム・シリング主演で描かれたエーリヒ・ケストナーの長編小説の世界観が描かれる

ドイツ映画賞最多ノミネート主要3部門受賞の注目作が2022年6月10日(金)公開決定! 児童文学の巨匠エーリヒ・ケストナーの唯一の大人向け長編小説を原作に、本邦初公開となるドミニク・グラフ監督が、『あ …

新作映画ニュース

映画『ジェシカ』あらすじ。キャストのアオミ・ムヨックが女戦士を演じた近未来SFアクション【未体験ゾーンの映画たち2020】

謎に満ちたニューヒロインが降臨する近未来SFアクション。 ベルリン映画祭短編部門金熊賞受賞のキャロリーヌ・ポギ&ジョナタン・ヴィネル監督長編デビュー作『ジェシカ』。 (C) 2018 Ecce fil …

新作映画ニュース

映画『はりぼて』劇場公開決定と上映館。腐敗した地方政治を富山のテレビ局がドキュメンタリーで暴く

虚飾を剥がせ!この映画こそ日本の縮図だ!! 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 この度、映画『はり …

新作映画ニュース

映画『縁側ラヴァーズ』あらすじ/キャスト/上映館/公開日。2作品の予告動画がYouTubeで配信!

縁側をこよなく愛する男達が繰り広げる日常。 縁側を舞台に縁側を愛する男達が主人公の映画『縁側ラヴァーズ』『縁側ラヴァーズ2』。 (C)2019「縁側ラヴァーズ」製作委員会 映画『縁側ラヴァーズ』、『縁 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学