Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/23
Update

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』4K無修正版公開日/上映館/あらすじ。セルジュゲンズブール代表作が劇場で甦る

  • Writer :
  • 大塚まき

セルジュ・ゲンズブール 没後30周年記念企画
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版

上映されるたびに多くのファンに賞賛されてきた伝説の傑作が、約46年を経て、ゲンズブール没後30年となる2021年、待望の4K完全無修正版となり、鮮やかに美しくよみがえります。

作曲家・作詞家・歌手・俳優・映画監督・小説家として、後世に多大な影響を及ぼしたセルジュ・ゲンズブール没後30年を記念し、ゲンズブール初の映画監督作である『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版』が、2021年5月29日より新宿K’s cinemaほか全国順次公開されることが決定しました。

なお95年のリバイバル上映時と同様、寺尾次郎氏による日本語字幕での上映となります。

スポンサーリンク

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版』について

1969年にリリースされたセルジュ・ゲンズブールの代表曲で、ジェーン・バーキンとのデュエットソング「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」

性行為を思わせる歌詞で、歌中には喘ぎ声が収録されました。そのあまりにも官能的な内容は物議を醸し、当時のローマ法王が激怒。

そしてヨーロッパのほとんどで放送が禁止。それにも関わらず、イギリスでは外国語楽曲として初のシングル・チャート1位を記録し、本国フランス、日本を含め、世界的に大ヒット。

ラブソングの名曲として、今なお世界で愛され続けている。本作は同楽曲をモチーフに、ゲンズブール本人が初めて監督を務めて映画化した作品です。

アメリカの田舎を彷彿とさせながらも、どことはわからない文明社会のゴミ捨て場が舞台。マイノリティが虐げられ、暴力が蔓延する世の中。そこに生きる、愛なしには生きることができない哀しい人々。随所に「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」のインストゥルメンタル版を使用し、愛の素晴らしさを美しく描き出しました。

ジョニーを演じるのはジェーン・バーキン。高級メゾン・エルメスのバック<バーキン>が生まれるきっかけとなった存在で、今なお歌手、女優、そしてファッションアイコンとして、カリスマ的人気を誇ります。

寡黙ながら知的なクラスキーを演じるのは、ポップ・アートの旗手アンディ・ウォーホルに見出だされた美男スター、ジョー・ダレッサンドロ

1975年の公開時、ヌーベル・ヴァーグを代表する映画監督フランソワ・トリュフォーからは絶賛されるも、当時ロングヘアのイメージだったジェーン・バーキンが本作では短髪となったことはあまりに衝撃が大きく「ゲンズブールはバーキンをゴミ箱へ入れた」と酷評。

また赤裸々な同性愛の描写も理解されませんでした。イギリスなどでは、性表現のきわどさから上映禁止。日本でもすぐには公開されず、1983年に性的なシーンは修正の上、英語版でようやく公開されました。

一方で1995年のリバイバル上映時にはやはり修正が加えられたものの、大ヒットを記録しました。

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版』の作品情報

【製作】
1975年(フランス映画)

【原題】
Je t’aime moi non plus

【監督・音楽】
セルジュ・ゲンズブール

【日本語字幕】
寺尾次郎

【キャスト】
ジェーン・バーキン、ジョー・ダレッサンドロ、ユーグ・ケステル、ジェラール・ドパルデュ―、ミシェル・ブラン

スポンサーリンク

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版』のあらすじ

トラックでゴミ回収を生業とするクラスキーとパドヴァン。2人は、仕事仲間以上の強い絆で結ばれていました。

ある日ガソリンスタンドに寄った2人は、併設されたカフェバーで、男の子かと見間違うほどのショートカットでボーイッシュな女の子、ジョニーと出会います。

彼女は、パワハラ気質で乱暴な主人に反発しながらも、ほかに行き場もなく働いていました。

その夜、クラスキーとジョニーはダンスパーティで意気投合。しかし、クラスキーは実はゲイでした。

それでも二人は求めあい、体を重ねるが…。

まとめ

作曲家・作詞家・歌手・俳優・映画監督・小説家として、後世に多大な影響を及ぼしたセルジュ・ゲンズブール初の映画監督作である本作は、殺伐とした、暴力が満ち溢れた世界を舞台にしています。

運命の愛が、性別も国籍もすべてを超えて、スクリーンに映し出されます。

また、セルジュ・ゲンズブールの代表曲で、ジェーン・バーキンとのデュエットソング「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」を劇場で聞ける機会をお見逃しなく!

セルジュ・ゲンズブール没後30年を記念したゲンズブール初の映画監督作である『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版』は、2021年5月29日より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ミッドウェイ』日本公開日/上映館。ローランドエメリッヒの新作は実話の歴史的海戦を鮮明に描く!

全米興行収入初登場No.1! 『インデペンデンス・デイ』の監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く“日本の命運を決した3日間”。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』舞台挨拶レポート!大泉洋×小池栄子が劇中さながらの仲睦まじさで会場沸かす

『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』は2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 文豪・太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の解釈で完 …

新作映画ニュース

『名も無き世界のエンドロール』映画ラストの続編が配信決定!その後をオリジナルドラマで描く【Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~】

映画『名も無き世界のエンドロール』衝撃のラストのその後を描いたオリジナルドラマ配信決定。 “闇の交渉屋”岩田剛典が銃撃戦を展開!? 「第25回小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫による同名傑作小説を原 …

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

映画『Diner ダイナー』キャストのブロ役は武田真治。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学