Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/19
Update

映画『PLAY 25年分のラストシーン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。パリの90年代カルチャーが青春を彩る!

  • Writer :
  • 石井夏子

サン・セバスティアン国際映画祭正式出品作。
13歳から撮り続けた「僕の25年間」。

2019年のサン・セバスティアン国際映画祭に正式出品され、その斬新な試みが話題となったフランス映画『PLAY』。

(C)2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER

この度邦題を、『PLAY 25年分のラストシーン』とし2020年6月5日(金)よりシネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開することが決定しました。

解禁された日本版ポスタービジュアルとともに本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『PLAY 25年分のラストシーン』について

(C)2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER

本作は、パリを舞台に90年代カルチャーで彩る“再生”の物語。主人公が13歳から25年撮りためたホームビデオを編集することで、今までに手放してしまった大切なことに気づいてきます。

1990年代から2010年代まで、25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないで振り返る手法で、当時の時代の空気感をリアルに再現しました。

主演を務めるのは、人気コメディアン、マックス・ブーブリル。盟友アントニー・マルシアーノ監督のアイデアに惚れ込み、共同で脚本も手がけました。

あわせて解禁となったポスタービジュアルには、「青春を巻き戻せば、そこにはいつも君がいた。」というコピーが添えられ、1994年、2000年、2015年、その時々で主人公マックスを囲む仲間たちとの写真が並びます。

この4人の仲間がまるで本当に成長していくかのような違和感のないキャストたちも本作のみどころの一つ。製作陣がフランス全国を探し回り、10代、20代、30代それぞれを演じるキャストを9か月かけて選出したそうです。

「過去の映像をつなぐということは、単なる事実の羅列ではない。観る人が同じように25年間を追体験し、当時の自分に戻るような体験をしてほしかった」とマルシアーノ監督は語っています。

映画『PLAY 25年分のラストシーン』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
PLAY

【監督】
アントニー・マルシアーノ

【脚本】
アントニー・マルシアーノ、マックス・ブーブリル

【キャスト】
マックス・ブーブリル、アリス・イザーズ、マリック・ジディ、アルチュール・ペリエ、ノエミ・ルヴォウスキー 

スポンサーリンク

映画『PLAY 25年分のラストシーン』のあらすじ

1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、家族や友人たちとの日々を撮り始めました。

25年後、撮りためた映像を振り返り、編集するマックス。そこには、エマと初めて会った日のこと、いつも一緒だった仲間たち、そして彼のすべてが記録されていました。

素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに「映画」のラストシーンを準備することに…。

まとめ

参考:主演俳優マックス・ブーブリルのInstagram

ジャミロクワイの楽曲やフランスサッカーW杯といった1990年代の懐かしい出来事、21世紀へのカウントダウンなど、様々な出来事は今の時代を生きる観客にとっても共感度MAX!

誰しも味わった経験があるだろう青春時代の“後悔”と向き合い、新たな一歩を「再生」する物語です。

映画『PLAY 25年分のラストシーン』は2020年6月5日(金)より新宿位シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『バーニング劇場版』日本公開を前にNHK地上波放送で「短縮版」が見られる!

世界中に“ハルキスト”と言われる熱狂的なファンを持つ、日本が誇る翻訳家でもある小説家・村上春樹。 彼の短編小説「納屋を焼く」を原作とした『バーニング劇場版』が、2019年2月1日にTOHOシネマズ シ …

新作映画ニュース

真野恵里菜映画『青の帰り道』あらすじとキャスト。上映館や公開日の情報紹介

2018年12月7日に全国公開される真野恵里菜主演の映画『青の帰り道』。 群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇です。 それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら …

新作映画ニュース

いつも月夜に米の飯|加藤綾佳監督&山田愛奈トークイベント報告と予告編解禁

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日(土)シネマカリテ、9月22日(土)新潟・シネウィンドほか全国順次公開。 7/28(土)に新宿シネマカリテにて行われたプレミア上映&ト …

新作映画ニュース

山崎賢人×松岡茉優映画『劇場』あらすじとキャスト。又吉直樹原作を行定勲監督が映像化し2020年公開!

又吉の作家の原点とも言える小説が映画化。 お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の小説『劇場』が行定勲監督により映画化され、2020年に全国公開されます。 映画『劇場』 主演は人気若手俳優の山崎賢人、ヒロイ …

新作映画ニュース

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作 国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。 映画『生きちゃった』 映画『生きちゃった』が2020年に全国公 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP