Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/17
Update

映画『前科者』あらすじ。キャスト阿川佳代役の有村架純の演技力評価とプロフィール解説

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『前科者』は2022年劇場公開、2021年秋に放送・配信予定

原作・香川まさひと、作画・月島冬二による人気マンガ『前科者』を実写映像化した、有村架純主演による社会派ヒューマンドラマ『前科者』。

罪を犯した“前科者”たちの更生・社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描きます。

日活とWOWOWの共同配給で2022年劇場公開され、ドラマは2021年秋に放送・配信予定です。

脚本・監督は、『二重生活』『あゝ、荒野』で高く評価されている岸善幸。

主演を務めるのは『コーヒーが冷めないうちに』『花束みたいな恋をした』の人気実力派・有村架純。コンビニでアルバイトをしながら保護司の仕事に就く真っ直ぐな女性・阿川佳代を演じます。

この記事では阿川佳代役の有村架純について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『前科者』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
香川まさひと、月島冬二

【監督】
岸善幸

【キャスト】
有村架純

【作品情報】
『ビッグコミックオリジナル』にて連載中で、「第3回さいとう・たかを賞」最終候補に選ばれた青年マンガ『前科者』を実写映像化。

原作者の香川まさひとは、ドラマ『監察医 朝顔』原作や、映画『クヒオ大佐』『羊の木』の脚本で知られています。

罪を犯した“前科者”たちの更生と社会復帰を目指して向き合う女性保護司の姿を描く社会派ヒューマンドラマです。

日活とWOWOWの共同配給で2022年劇場公開され、ドラマは2021年秋に放送・配信予定。

脚本・監督を務めるのは、是枝裕和監督や西川美和監督を輩出した「テレビマンユニオン」に在籍し、『あゝ、荒野』でブルーリボン賞、報知映画賞、日韓スポーツ映画大賞など多数映画作品賞に輝いた岸善幸。

徹底的な取材によるドキュメンタリー制作に長けた岸監督ならではの手腕に期待が寄せられています。

主演は、大ヒット映画『花束みたいな恋をした』や、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』ヒロインを務めた人気実力派・有村架純。コンビニでアルバイトをしながら保護司に従事している女性・阿川佳代を演じます。

岸監督は、有村と何度も話し合い、映像化ならではの佳代というキャラクターを生み出せたと語っています。

ドラマ版では、新人保護司の阿川佳代が、様々な“前科者”と向き合い成長する様が描かれます。2021年秋にWOWOWで放送・配信されるほか、放送終了後にはAmazon Prime Videoでの見逃し配信予定です。

対して、2022年公開予定の映画版は、ドラマ版の数年後を描く完全オリジナル作品。佳代が保護司として現在進行形の凶悪犯罪と向き合う社会サスペンスとなります。

映画『前科者』のあらすじ

保護司は、罪を犯した者や非行のある少年の更生を助ける国家公務員。

しかし、あくまで民間人の奉仕精神だけで支えられたボランティアで報酬は一切ありません。

阿川佳代は、コンビニのアルバイトと新聞配達をしながら、保護司の仕事に就いていました。

勤め先の湘南保護観察所で、佳代は石川二郎という男性の担当を依頼されますが…。

スポンサーリンク

映画『前科者』阿川佳代役は有村架純

参考映像:『るろうに剣心 最終章 The Final』(2021)

映画『前科者』で役を演じる有村架純は1993年2月13日生まれの女優。兵庫県出身。フラーム所属。

高校在学中に現事務所のオーディションに合格。2010年に上京し、同年5月『ハガネの女』でドラマ初出演します。

2011年、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演。

同年11月に『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を果たします。

2013年に出生地伊丹市の大使に任命されました。

同年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、小泉今日子の役の若き日を演じて大ブレイク

ジブリ作品『思い出のマーニー』の声優や、『ジャンヌ・ダルク』で舞台初出演を経験。

2014年『ストロボ・エッジ』、2015年主演映画『映画 ビリギャル』で数多くの映画賞を受賞します。

2015年に『永遠のぼくら sea side blue』で地上波ドラマに初主演後、翌年にはフジ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で民放連続ドラマ初主演。

2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で主演を務め、全国で愛される女優となりました。

2016年、2017年の二年連続でNHK紅白歌合戦の紅組司会者を務めています。

映画『花束みたいな恋をした』『るろうに剣心 最終章 The Final』『フォルトゥナの瞳』『コーヒーが冷めないうちに』や、ドラマ『姉ちゃんの恋人』『中学聖日記』など多数話題作に出演。

携帯電話auの人気CM『au三太郎シリーズ』ではかぐや姫を演じて人気を博しています。

映画『前科者』阿川佳代はどんな役?

有村架純演じる阿川佳代は本作の主人公。コンビニのバイトをしながら保護司を務めています。

大学の奨学金に加え、会社員時代に病気をしたことから借金を抱えており、新聞配達の仕事も掛け持ちしています。

スポンサーリンク

有村架純の演技力の評価は

参考映像:『花束みたいな恋をした』(2021)

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で彗星のように現れ、いまや日本を代表する実力派として若手女優のトップを走り続ける有村架純。

2015年の主演作『映画 ビリギャル』で、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞・新人俳優賞のダブル受賞をはじめ、第40回エランドール賞、第58回ブルーリボン賞も受賞。

2016年には映画『何者』『夏美の蛍』で第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞を受賞するなど、活躍を続けています。

2021年公開作『花束みたいな恋をした』では、脚本家・坂元裕二と名作ドラマと名高い『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に続き再タッグを組みました。

坂元は有村に当て書き(役者を想定して脚本を書くこと)しており、彼女自身も坂元への“共鳴”を口にしています。

坂元裕二は、有村のことは“今でもよくわからない人。できればずっと知りたくない人だ”と言ったそうです。有村は自分についていろいろな想像をしてもらい、捜索していってほしいと思い、“知らないままでいてください”と答えたそうです。

また有村は、坂元が「わかりやすさに頼らず勝負している」と聞いて、自分もそうありたいと感じたと語っています。

2020年出演のドラマ『姉ちゃんの恋人』では、NHK朝ドラ『ひよっこ』の脚本家・岡田惠和とも再タッグ。『ひよっこ』では、岡田惠和の強い希望からオーディションを行わずにヒロインに決定したそうです。

本作『前科者』について有村は、複雑な思いを抱えた佳代を正義のヒーローにならないように心掛け、距離感を監督とその都度話し合いながら慎重に演じたとコメント。

岸監督は、有村のメガネの奥で喜怒哀楽に輝いたり濡れたりする有村の瞳、全身で絶叫し、格闘する有村の姿に注目してほしいと語っています。

キャストスタッフと大切に紡いだ日々に心震え、この先もここで得られたことは忘れないと言い切り、一筋の光が差し込む物語となることを願っているという有村の言葉に、作品への期待が高まります。

有村架純の公式SNSの紹介

有村架純の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

原作・香川まさひと、作画・月島冬二による人気同名マンガを、『あゝ、荒野』の岸善幸監督が実写化した社会派ヒューマンドラマ『前科者』。

前科者たちと向き合い、ともに更生・社会復帰を目指す保護司のヒロイン・佳代を、『花束みたいな恋をした』の実力派・有村架純が演じます。

ドラマ版では佳代の新人時代が描かれ、映画版は佳代が現在進行形の凶悪犯罪と対峙するオリジナルのサスペンス作品となっています。

注目の映画『前科者』は、2022年に公開、2021年秋に放送・配信予定です。





関連記事

新作映画ニュース

映画『アドリフト 41日間の漂流』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にした壮絶な漂流記!

巨大ハリケーンでヨットが大破し瀕死の婚約者とふたりきり。 陸まで3200キロ――。 実際に起こった集団遭難事故を3D映像で臨場感たっぷりに描き世界を驚かせた『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウ …

新作映画ニュース

オゾン監督来日!新作『2重螺旋の恋人』のティーチインのインタビュー内容とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案 …

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました! 2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。 スポンサーリンク …

新作映画ニュース

亀山睦実監督の新作映画『12ヶ月のカイ』のキャストに中垣内彩加と工藤孝生が決定!

人間とヒューマノイド、生まれるはずのない新しい《いのち》が二人にもたらすものとは? 短編映画『恋はストーク』、中編映画『ゆきおんなの夏』そして長編映画『マイライフ、ママライフ』と、着実に映画クリエイタ …

新作映画ニュース

映画『空白』キャスト伊藤蒼は花音役!演技力の評価とプロフィール

映画『空白』は2021年9月23日よりロードショー 『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。 『ヒメアノ~ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学