Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/15
Update

【角川シネマ有楽町&梅田ブルク7】中国映画祭「電影2019」を3月6日より開催上映!注目の厳選作品6本を公開

  • Writer :
  • 石井夏子

中国映画厳選6本を一挙上映

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映!!

中国映画祭「電影2019」は2019年3月6日(水)より、東京&大阪で開催です。

さらに開催前日の3月5日(火)には、日本と中国の合作をテーマにしたフォーラム、「日中合作映画の現状と展望」が開催されます。

本記事ではチケット購入方法、上映作品の詳細やフォーラムのご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

中国映画祭「電影2019」とは?

日中両国の国交正常化から45周年を記念して2018年に開催された、“中国映画祭「電影2018」”。

普段なかなかお目にかかれない中国の最新映画が一同に介するチャンスということもあり、大盛況となりました。

そして2019年も日本初上陸の作品ばかりを集めた“中国映画祭「電影2019」”が、3月6日(水)より東京と大阪で開催されることが決定。

厳選された6本はどれも中国で話題となった作品ばかり。

会期中は豪華来日ゲストの登壇も予定されており、最新映画を通して、中国の“今”を見つめるまたとない機会です。

中国映画祭「電影2019」イベント詳細

【開催日と会場】
東京:3月6日(水)、7日(木):(会場:角川シネマ有楽町
大阪:3月9日(土)、10日(日):(会場:梅田ブルク7

【チケット料金】
1,300円(税込)

【チケット購入方法】
2月23日(土)より全プログラムの前売りチケット発売開始!

東京:角川シネマ有楽町劇場窓口もしくはインターネット予約にて
大阪:梅田ブルク7劇場窓口もしくはインターネット予約KINEZOにて

【来日予定の豪華ゲスト】
マー・イーリー(『失踪、発見』出演女優)
主演作多数の演技派女優です。

ソンタルジャ(『アラ・チャンソ(原題)』監督)
チベット人監督作として初めて日本で劇場公開された『草原の河』で知られる監督です。

【主催】
文化庁、公益財団法人ユニジャパン、上海国際影視節有限公司

【共催】
国際交流基金

スポンサーリンク

中国映画祭「電影2019」プログラム一覧

中国映画祭「電影2019」で上映される6作品をご紹介します。

すべてジャパンプレミアの映画ばかり!

犬堂一心監督作『超級茉莉(スーパーモーリー)』はワールドプレミアです。
*注:2月21日現在で『超級茉莉(スーパーモーリー)』の上映は急遽延期となりました。本映画祭では上映されません

映画『ペガサス/飛馳人生』の作品情報


©Shanghai Tingdong Film Co., Ltd.

【原題】
飞驰人生

【監督】
ハン・ハン(韩寒) 

【キャスト】
シェン・トン(沈腾)、ホアン・ジンユー(黄景瑜)

【作品概要】
中国映画祭「電影2019」大阪オープニング作品 。

2019年2月5日に公開され中国で大ヒットを記録したレーサー映画です。

シネメディア配給で日本公開予定。

映画『失踪、発見』の作品情報


©2018 Huayi Brothers Pictures Ltd. Easy Production Bridfish Entertainment Co.Ltd. All Rights Reserved.

【原題】
找到你

【監督】
ルー・ユエ(吕乐)

【キャスト】
ヤオ・チェン(姚晨)、マー・イーリー(马伊琍)

【作品概要】
中国映画祭「電影2019」東京オープニング作品。

撮影監督として評価の高いルー・ユエによるサスペンス映画。

中国公開は2018年10月5日で第21回上海国際映画祭コンペ部門にノミネートされました。

映画『アラ・チャンソ(原題)』の作品情報


©GARUDA FILM

【原題】
阿拉姜色

【監督】
ソンタルジャ(松太加)

【キャスト】
ヨンジョンジャ(容中尔甲)、ニマソンソン(尼玛颂宋)

【作品概要】
圧倒的なチベットの風景と、人間の心の内側が丁寧に描かれます。

2020年岩波ホールほかにて公開予定。

中国公開では2018年10月26日に公開されました。

映画『超級茉莉(スーパーモーリー)』の作品情報


Copyright @2019 Griffin Pictures All Rights Reserved.

【原題】
超级茉莉

【監督】
犬童一心

【キャスト】
ラン・ヤーイー(蓝雅艺)、大沢たかお

【作品概要】
『ゼロの焦点』(2009)『猫は抱くもの』(2018)などの犬童一心監督が作り上げた中国映画。

*注:本映画祭での『超級茉莉(スーパーモーリー)』は、2月22日現在で急遽延期となり、上映の予定はございません。

中国では2019年初夏に公開が予定されています。

映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の作品情報


©Haining Blue Hometown Production Co., Ltd

【原題】
片警宝音

【監督】
ヤン・ジン(杨瑾)

【キャスト】
ボヤンネメフ(宝音尼木胡)、バダマー(巴徳瑪)

【作品概要】
殺伐としたモンゴルの砂漠の風景を壮大に撮りあげたのは、北野武監督作品などで撮影を務める柳島克己です。

中国では2018年12月19日に公開。

映画『アイランド/一出好戯』の作品情報


2018©SHANGHAI HANNA PICTURES CO., LTD. BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD. SPRING NETMEDIA HUOER GUOSI CO., LTD. HORGOS HAPPY PICTURES CO., LTD.

【原題】
一出好戏

【監督】
ホアン・ボー(黄渤)

【キャスト】
ホアン・ボー(黄渤)、スー・チー(舒淇)

【作品概要】
屋久島でロケを敢行しました。

監督・主演は中国版『101回目のプロポーズ』のホアン・ボー。

中国公開は2018年8月10日。

日中映画人フォーラム「日中合作映画の現状と展望」

【開催日時】
2019年3月5日(火) 14:00開場/14:30開演/18:30終演予定

【主催】
文化庁、公益財団法人ユニジャパン

【開催会場】
六本木アカデミーヒルズ49 「オーディトリアム」(150席)

【参加費用】
無料

※参加方法については近日中に中国映画祭「電影2019」公式HPなどに掲載予定です。

スポンサーリンク

まとめ

2018年に開催された、“中国映画祭「電影2018」”は、普段なかなかお目にかかれない中国の最新映画が一同に介するチャンスということもあり、大盛況となりました。

そして2019年も“中国映画祭「電影2019」”が、3月6日(水)より東京と大阪で開催されることが決定。

上映される6本はどれも本国で話題となった作品ばかり。

会期中は豪華来日ゲストの登壇も予定されており、さらに開催前日の3月5日(火)には、日本と中国の合作をテーマにしたフォーラムが開催。

どうぞ最新映画を通して、中国の“今”を見つめるまたとない機会をお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『東京不穏詩』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月18日と決定しポスタービジュアルも解禁!

世界の映画祭で喝采! リアルと幻想が相成る未だ嘗てない青春の詩が待望の劇場公開 インド出身の新鋭アンシュル・チョウハン監督と最優秀女優賞3冠を獲得した飯島珠奈が抉り出す人の心にうごめく〝堪えきれない衝 …

新作映画ニュース

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』『全裸監督』の武正晴監督。初エッセイを2020年1月30日発売

武正晴監督による初の映画エッセイ刊行。 映画『嘘八百 京町ロワイヤル』や『全裸監督』で知られる武正晴監督による初の映画エッセイ『映画があってよかったなあ 監督・武正晴の洋画雑記』を、玄光社より2020 …

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。 そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパ …

新作映画ニュース

無料動画『はるかのとびら』配信!映画みぽりんキャストと松本大樹監督がリモート制作した短編とは?

リモート短編映画『はるかのとびら』全国一⻫配信開始。 神戸元町映画館での上映では連日立ち見が出る大盛況となるなど、大きな盛り上がりを見せた映画『みぽりん』。 (C)松本大樹 その『みぽりん』の監督であ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのコフィ役は奥田瑛二。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP