Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『赤い原罪』あらすじ/キャスト/上映館。宗教論争を巻き起こした問題作が10月日本公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」審査員特別賞授賞作品。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」にて審査員特別賞を受賞した韓国映画『赤い原罪』(現題:ORIGINAL SIN)。

映画『赤い原罪』が2021年10月から東京・ユーロスペースほかにて劇場公開されることが決定しました。

解禁された予告編や場面写真とともに、本作の見どころについてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『赤い原罪』について

本作『赤い原罪』の監督ムン・シングは神学を10年ほど学び牧師の資格を持ち、キリスト教会に務めていたという異色の映画監督

演劇界でも活躍し、過去に上梓した作品はテーマ・表現性において韓国国内で物議を醸しだしたことがあります。

本作では神を呪う貧しい父娘と神を信じる修道女の出会いとその後の事件を描いたムン・シング監督。

宗教の在り方を訴える本作は、韓国の宗教界に一石を投じ、公開とともに韓国で宗教論争を巻き起こしました。

神を信じるクリスチャンにとっては本作のテーマを決して看過することができず、テーマに真摯に向き合うことは自身の宗教心を確かめ見直すことにつながります。

単なる宗教映画にとどまらず、「生きる」という人間の根源的な想いを伝える力強い映画となっています。

出演は、哭声/コクソン』(2016)をはじめ多くの韓国映画に出演しているペク・スンチョルが父親役のほか、修道女役をキム・サンオク、娘役をイ・ヒョンジュが演じました。

映画『赤い原罪』の作品情報


【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
ORIGINAL SIN

【監督】
ムン・シング(文信久)

【キャスト】
ペク・スンチョル、キム・サンオク、イ・ヒョンジュ

スポンサーリンク

映画『赤い原罪』のあらすじ

とある漁村の教会を訪れる白髪の女性。

その教会に修道女として務めていた40年前の出来事が語られはじめます。

40年前、その村には極貧の身体の不自由な父親と癲癇持ちの娘が住んでいました。

他人に頼らず生きようとする父娘と手を差し伸べようとする修道女。

村と父娘の秘密と罪があらわになっていきます。

神を呪う父と神を追う娘、修道女が最後にとった選択は……。

まとめ


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019にて審査員特別賞を授賞し、長らく日本公開を待たれていた作品が満を持して劇場公開されます。

韓国で宗教論争を巻き起こした問題作をお見逃しなく。

映画『赤い原罪』は、2021年10月から東京・ユーロスペースほかにて劇場公開です。


関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

『鬼滅の刃』映画主題歌「炎」解説|歌詞から人気キャラ煉獄杏寿郎を読み解く!

映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は2020年10月16日公開! 累計発行部数1400万部を突破した吾峠呼世晴の大ヒット漫画を原作としたアニメ『鬼滅の刃』が満を持してスクリーンへ登場します。 炭治郎 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

新作映画ニュース

映画『タゴール・ソングス』劇場公開日/上映館/予告編。近代インドの詩人の歌と音楽をドキュメンタリーで紐解く!

激動の近代インドを生き抜いた詩人・タゴール。 彼の創った歌は時を超え、ベンガルの人々と共に生き続ける―。 タゴール・ソングは、遙か遠いベンガル地方で生まれた歌にも関わらず、いま現在の日本で生きるわたし …

新作映画ニュース

映画『ホモ・サピエンスの涙』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。ロイ・アンダーソン新作の最優秀監督賞作品とは?

映像の魔術師が、この時代を生きる全人類ホモ・サピエンスに贈る、 愛と希望を込めた映像詩。 アリ・アスター、イニャリトゥ、アロノフスキーら名匠たちが敬愛する、奇才ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの最新作『 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学