Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/16
Update

アンジー映画『マレフィセント2』あらすじとキャスト。スクリーンX上映劇場情報とおすすめ鑑賞ポイントも

  • Writer :
  • 石井夏子

視界いっぱいの大画面で、マレフィセントと一緒に大空を舞う!

ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔「眠れる森の美女」に隠されていた“禁断の呪い”を描き、全世界で空前の大ヒットを記録した『マレフィセント』(2014)。

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

マレフィセントを演じたアンジェリーナ・ジョリーとディズニーが再びタッグを組んで贈る、待望の続編『マレフィセント2』ScreenX版が、2019年10月18日(金)より日本公開されます。

日本公開に先だち、主演のアンジェリーナ・ジョリーとサム・ライリーが来日、ファンの大歓迎を受けたことも話題となりました。

また、ディズニー実写映画史上初の4DX with ScreenXでの上映も決定。

『マレフィセント2』のScreenX降臨に向けて、ScreenX版の見どころを30秒に凝縮した特別映像が到着。

正面と左右3面スクリーンで、視界270度に広がるScreenXの鑑賞ポイントと合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

ScreenXシアターについて

参考映像:ScreenX(スクリーン・エックス)200館突破記念 特別映像

「ScreenX」とは、2012年にCJ CGVが世界初で開発した新次元の3面マルチ上映システムです。

両側面(壁面)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような臨場感を体験することができる、新たな上映スタイル、それが「ScreenX」。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンがあります。

左右に広がる画面は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することを可能にしました。

現在日本を含め、アメリカ、フランス、スイス、イギリス、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、アラブ首長国連邦など、全世界25ヶ国252スクリーンを展開中です。

映画『マレフィセント2』ScreenX鑑賞のおすすめポイント

参考映像:映画『マレフィセント2』ScreenX版特別予告映像

お馴染みのキャラクターが画面一杯に宙を舞う

正面に加えて左右に映像が投影されるScreenXでは、アニメーションや前作でもお馴染みの3人の妖精、ノットグラス、シスルウィット、フリットル等が妖精達の住むムーア国を自由に飛び回ります。

さらにミシェル・ファイファーの演じるイングリス王妃がタンポポに息を吹きかけると綿毛がスクリーンいっぱいに宙を舞うなど、ファンタジックな場面が随所に織り込まれました。

視界270度のScreenXで、おとぎ話の世界に心酔すること間違いなしです。

大画面にマレフィセントの視点を再現

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

今回の最大の見どころのひとつは、空を飛ぶマレフィセントの主観映像がScreenXの270度のパノラマ画面に再現されるシーン。

穏やかに暮らしてきたマレフィセントとオーロラ姫を巻き込み、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が動き出します。

そして、フィリップ王子との結婚式を迎えたその日、オーロラ姫に最大の危機が迫り…。

愛するオーロラ姫を救いふたりの絆を守るために、マレフィセントは大空を舞うんです。

まるでVRの世界に迷いこんだかのように、マレフィセントの視点で空を飛ぶ臨場感たっぷりの体験はScreenXならでは

めくるめく世界が広がる

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

舞台となる城の豪華な庭園や城内、自然に囲まれた妖精の国が270度のスクリーンいっぱいに広がります。

暗く鬱蒼とした森が広がるシーンでは、物語の闇の部分が一層感じられ、ScreenXの画面いっぱいに、マレフィセントが美しい黒い翼を広げるシーンには思わず圧倒されてしまうはず。

スポンサーリンク

映画『マレフィセント2』の作品情報

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Maleficent: Mistress of Evil

【原案】
リンダ・ウールヴァートン

【監督】
ヨアヒム・ローニング

【キャスト】
アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー、ハリス・ディキンソン、サム・ライリー、MIYAVI

【作品概要】
名作ディズニーアニメ「眠れる森の美女」でオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけたマレフィセントを主人公に、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した『マレフィセント』(2014)の続編。

前作に続き、マレフィセントをジョリー、オーロラ姫をエル・ファニングが演じます。

イングリス役に『アントマン&ワスプ』(2018)のミシェル・ファイファー。『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』(2017)のヨアヒム・ローニングが監督を務めました。

映画『マレフィセント2』のあらすじ

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫が、フィリップ王子のプロポーズを受け入れた時、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が動き出します。

結婚式の日、オーロラ姫に危機が迫っていました。

愛するオーロラ姫を救うため、美しきヴィラン、マレフィセントの“究極の愛”が今、試されます。

スポンサーリンク

映画『マレフィセント2』のScreenX上映館情報

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場】

【ユナイテッド・シネマ 福岡ももち】

【ユナイテッド・シネマ PARCO CITY浦添】

【ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸】

【TOHOシネマズ 熊本サクラマチ】 

【シネマサンシャインかほく】

【シネマサンシャイン下関】

【グランドシネマサンシャイン池袋】(4DX with ScreenX)

【シネマサンシャインららぽーと沼津】(4DX with ScreenX)

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認ください。
※上映劇場は変更となる場合があります。

まとめ

ディズニー実写映画史上初の4DX with ScreenX上映となる『マレフィセント2』。

40分間におよぶ革新的な270度スクリーンによる、新たな映像体験をぜひ味わってください。

ScreenX『マレフィセント2』は、2019年10月18日(金)より全国のScreenXシアターにて公開です。

関連記事

新作映画ニュース

『パラサイト』上映館にて草彅剛×ポンジュノ×ソンガンホと共に登壇!映画賞を熱烈祝福

『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日(金)より全国ロードショー。 ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムド …

新作映画ニュース

映画『はぐれアイドル地獄変』あらすじ/キャスト/上映館。実写化で橋本梨菜が芸能界の闇と戦う!

なにわのブラックダイヤモンド橋本梨菜初主演映画! 「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中のセクシーコメディ『はぐれアイドル 地獄変』の映画化が決定しました。 (C)「はぐれアイドル地獄変」(C …

新作映画ニュース

韓国映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』あらすじ。オープニング映像解禁!

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキドキの胸 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのオオバカナコ役は玉城ティナ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『未体験ゾーンの映画たち2020』の開催日は1月3日より!ヒューマントラストシネマ渋谷にて

2020年の年明けは、劇場で未知のエンタテインメント体験で決まり! 各国のあらゆるジャンルから厳選した作品を一挙上映。 この度、様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP