Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/06
Update

中村倫也映画『水曜日が消えた』舞台挨拶配信で笑顔!キャスト深川麻衣・石橋菜津美らと演技力について語る

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開!

曜日によって人格が変わるという一人の男性、「僕」の人生。そんな彼のある日に起きた異変の様と、それに伴う彼の決断を追った映画『水曜日が消えた』

この作品で主演を務めた中村倫也とメインキャラクターを務めた石橋菜津美、深川麻衣が、2020年7月3日(金)に全国87か所の映画館に向けて配信でおこなわれた映画公開後の舞台挨拶イベントに登壇しました。

本記事ではその舞台挨拶イベントの模様をお届けします。

映画『水曜日が消えた』舞台挨拶リポート

2020年7月3日(金)に全国87か所の映画館に向けて配信でおこなわれた、映画『水曜日が消えた』の公開後舞台挨拶。本作のメインキャストの中村倫也、石橋菜津美、深川麻衣が登壇しました。

台本からは想像できなかった吉野耕平監督の作風

先日子供が生まれたばかりで、この日は欠席した吉野耕平監督でしたが、3人はそんな吉野監督に祝福の言葉を投げかけます。

一方、本作は曜日ごとに人格が入れ替わるという一人の男性と彼を取り巻く人の物語であり、その複数の人格を意識させるという複雑な構成に、石橋と深川は当初台本の文字より完成形のイメージができなかったといいます。

完成した作品を見た深川は「“監督の頭の中で、最初からこんな世界が広がっていたんだ”とビックリしたんです。この世界観って、あまり今までの映画でないんじゃないかと思ったので」と、独自の作風に大きな刺激を受けたことを振り返ります。

石橋も吉野監督自身の不思議な雰囲気に触れながら「監督の見る世界がいろんな人に届けばいいなという思いで撮影していました」と撮影時の自身の思いを回想しました。

演技イメージの想像に苦労

物語は、いわゆる「火曜日」に登場する人格の男性を中心に展開しますが、とにかく劇中は中村の一人芝居が多く「初体験も多かったんですが、寂しかった」と共演者のいない中での撮影に若干の戸惑いもあった様子。

その一方で物語では、携帯電話による自撮りでの映像シーンなどもあり、そこは中村自身が演技とともに撮影を担当、役者以外の“新たな仕事”をおこなった楽しみを感じたことを明かします。

一方、「僕」の事情を知り彼に寄り添う存在である一ノ瀬という女性を演じた石橋は「自分が何かするのも違うと思ったし、中村さんの出すもので引っ張られた感じ」と、中村の演技にかなりゆだねて演技をおこなっていたことを振り返ります。

また深川は、途中で「僕」に異変が生じ意識が遠のく場面を回想し「台本では“視界が途切れる”みたいな書き方、セリフもとぎれとぎれ(にしか記載されていない)、“これ、どうやって撮影するんだろう?”って思っていました」と、演技イメージにはかなり苦労した様子を見せていました。

独自な雰囲気の中村倫也

またこの日は配信でお互いにディスタンスを保ったままという格好での舞台挨拶。初の経験に戸惑いを見せながらも、時に何気なく中村が発する言葉が笑いを誘い、和やかな雰囲気を作り上げます。

そんな中村の印象について、石橋は「ムードメーカーみたいに何かしてるわけではないけど、いるだけでホワっとする感じ。でも現場に入ると締まる感じで不思議な人ですね。(撮影で)一緒の時間もそれほどなかったので、まだつかめない状態ではあるんですが」と独自の雰囲気を感じ取ったことを語ります。

深川も同様に、普段の様子から注目していたことを振り返りながら「たたずまいがすごくナチュラル。撮影意外、撮影中も遊び心があって“こんなに自由でいいんだ”と(思わせてくれるような)、発想とか引き出しの出し方がものすごい人だなと思いました。毎回ちょっとずつカメラが回るたび表情とかが違ったり」とその印象をコメントしていました。

そんな中村は、個性的な共演陣の中でも中島歩の存在感に「あんなシュッとしたイケメンなのに、なぜあんな怪しい雰囲気が出せるのかが謎で、現場でずっと目が離せませんでした」と興味津々の目で見ていたことを振り返っていました。

映画『水曜日が消えた』の作品情報

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・プロデューサー】
吉野耕平

【キャスト】
中村倫也、石橋菜津美、中島歩、休日課長、深川麻衣、きたろう

【作品概要】
『君の名は。』にCGクリエイターとして参加し、「次世代の映像作家100人2019」に選ばれた吉野耕平の初長編作品。多重人格障がいにより曜日ごとに人格が替わる一人の男性「僕」が、自身の中で発生する変化の中で自分がどう生きていくか、その指針を求めていく姿を描きます。

主演は、本作で4年ぶりの映画主演となる中村倫也。また「僕」のそばに寄り添い、全ての秘密を知る女性・一ノ瀬役を石橋菜津美、物語のカギを握る図書館司書を深川麻衣が担当。そのほか中島歩やきたろうら個性派俳優とともに、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の休日課長が脇を固めます。

映画『水曜日が消えた』のあらすじ


(C)2020「水曜日が消えた」製作委員

「僕」は幼い頃に交通事故に遭い、それ以降曜日ごとに人格が入れ替わるようになりました。7人の人格は、それぞれ曜日ごとの名前で呼ばれていました。

その中でも「火曜日」の僕は一番損な役回り、好きに生きている「他の曜日」の僕の後始末をして回る日々でした。

曜日ごとに人格が入れ替わらない日々に変化はなく、担当医の安藤からも特段変わったことを言われるわけでもなく16年の歳月が過ぎていました。

各曜日の「僕」は連絡事項を日記に付けていて、それを安藤に提出するのも「火曜日」の仕事です。そんな「僕」に唯一関わってくれる一人の女性、一ノ瀬。彼女は毎日人格が変わる僕の事情を知った上でなお、友人関係を続けてくれました。

ところがある日、「火曜日」が目覚めると、その日が水曜日になっていたことに気づきます。「水曜日」が消えて「火曜日」の人格が日付をまたいで残っていたのです。

今までにない2日間の時間に、新鮮さと戸惑いを感じる「火曜日」の「僕」。そしていつも休館で行けないままだった図書館に行くことができ、一気に広がった世界を前に、「火曜日」の「僕」の胸は一気に高まりました。

そして「水曜日」の「僕」と面識のある図書館司書の瑞野とも「火曜日」として親しくなり始めます。「僕」は「水曜日」が消え、倍に増えた人生を何とかキープし続けようとします。

しかしそれは「僕」の中で置き始めた変化の、ほんの序章に過ぎなかったのです……。

まとめ

2020年7月3日(金)に全国87か所の映画館に向けて配信でおこなわれた、映画『水曜日が消えた』公開後舞台挨拶イベントの模様をお届けしました。

配信での舞台挨拶ながら、距離感を覚えさせない中村の語り口が、和やかな雰囲気を呼び起こしていたこの日のイベント。石橋、深川もその雰囲気に寄り添うようにたたずんでおり、中村の存在感がこの映画の完成に大きく寄与していたことがうかがえます。

トークの中でも語られたように、本作はかなり断片的な演技を複雑に組み合わせて構成されており、完成が想像しづらく演技の難易度としてはかなり高いもの。“不思議な”雰囲気を持ちながらも大きな存在感を持った中村だからこそこの演技は成し得たと、改めて納得させられる舞台挨拶となりました。

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開!


関連記事

新作映画ニュース

【ショートフィルムフェスティバル】開催日時と上映作品。アジア最大級の国際短編映画祭が山口県初上映!

アジア最大級の国際短編映画祭から選りすぐりの20本を山口初上映! 山口情報芸術センター(YCAM)では、劇場のスクリーンで見る機会の少ない世界の短編映画を上映する「ショートショート フィルムフェスティ …

新作映画ニュース

『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』あらすじ/キャスト/公開日。ジャン=ポール・サロメ監督がイザベル・ユペール主演で驚愕の実話を映画化!

『エル ELLE』以上の衝撃作!?イザベル・ユペールが国家を揺るがした驚愕の実話の映画化で主演! イザベル・ユペールが、仏総合原子力企業アレバ(現オラノ)社のCFDT(フランス民主労働組合連盟)代表モ …

新作映画ニュース

映画『エンテベ空港の7日間』あらすじとキャスト。実話の事件をダニエル・ブリュール&ロザムンド・パイクが注目の演技で魅せる

映画『エンテベ空港の7日間』は、2019年10月より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開! ロザムンド・パイクとダニエル・ブリュール共演による映画『エンテベ空港の7日間』。歴史的なハイジャッ …

新作映画ニュース

映画『由宇子の天秤』あらすじ/キャスト/上映館。瀧内公美が国際映画祭で女優賞受賞の話題作が劇場公開決定

第20回ラス・パルマス国際映画祭にて 最優秀女優賞(瀧内公美)&CIMA審査員賞をW受賞 瀧内公美(『火口のふたり』、『裏アカ』)を主演に迎えた春本雄二郎監督(『かぞくへ』)の最新作『由宇子の天秤』が …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャストの高杉晋作役は安藤政信!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月4日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学