Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/27
Update

映画『HHH:侯孝賢デジタルリマスター版』作品内容/公開日/上映館。オリヴィエ・アサイヤスがホウ・シャオシェンの素顔に迫ったドキュメンタリーがスクリーンに蘇る

  • Writer :
  • 大塚まき

オリヴィエ・アサイヤス監督が素顔のホウ・シャオシェンに迫る!

伝説のドキュメンタリー映画『HHH:侯孝賢』デジタルリマスター版が劇場初ロードショー!

この度、世界の巨匠ホウ・シャオシェン監督をフランス映画を代表する映画監督のオリヴィエ・アサイヤスが追った伝説のドキュメンタリー映画『HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版』が、2021年9月25日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開することが決定しました

また、公開決定にあわせて、予告編と監督コメントも解禁となります。

スポンサーリンク

映画『HHH:侯孝賢デジタルリマスター版』について


(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

1989年『悲情城市』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞、台湾ニューシネマの旗手として世界にその存在を知らしめたホウ・シャオシェン監督

『黒衣の刺客』(2015)ではカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。2020年に監督生活40周年を迎えました。同年、57回台湾金馬奨・終身成就奨(生涯功労賞)を受賞し、「人を感動させるには、まず自分が感動することが必要」とスピーチをしたホウ・シャオシェン監督の尽きない創作意欲は、大きな感動を呼びました。

プレゼンターのひとりとして、是枝裕和監督が駆け付けたことも大きな話題となりました。

本作のタイトル「HHH」はホウ監督の英語表記Hou(侯)Hsiao(孝)Hsien(賢)の頭文字に由来しています。

第20回東京フィルメックス特別招待作品フィルメックス・クラシックで上映され、今春「台湾巨匠傑作選2021侯孝賢監督デビュー40周年記念ホウ・シャオシェン大特集」(※)でもプレミア上映になり、特に注目を集めて、待望の劇場初ロードショーが決まりました。          

『パーソナル・ショッパー』で第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したフランスの名匠オリヴィエ・アサイヤス監督は、 “カイエ・デュ・シネマ”で映画批評家をしていた84年、台湾ニューシネマの監督たちの存在に大きな衝撃を受け、いち早くフランスにおいて台湾ニューシネマを紹介しました。

本作では、13年来の友人であるホウ・シャオシェン監督はじめ、台湾ニューシネマを牽引した映画人たちへのインタビューを中心に、作品にゆかりの地をめぐります

80年代に台湾ニューシネマの旗手として台湾映画を世界に知らしめ、デビュー40周年を迎えたいまなお世界を魅了するホウ・シャオシェン監督の軌跡を紐解かれていきます。

※ホウ・シャオシェン大特集は2020年の開催予定でしたが、コロナ禍により本年に延期されました。

オリヴィエ・アサイヤス監督のコメント


(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

ひとりのアーティストのポートレートとして、ホウ・シャオシェンという人間その人、友人としての彼をおさめたかった。

スポンサーリンク

映画『HHH:侯孝賢デジタルリマスター版』の作品情報


(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

【日本公開】
2021年(フランス・台湾合作映画)

【原題】
HHH:A portrait of Hou Hsiao Hsien

【監督】
オリヴィエ・アサイヤス

【キャスト】
ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、チュウ・ティェンウェン(朱天文)、ウー・ニェンチェン(呉念真)、チェン・グオフー(陳国富)、ドゥー・ドゥージー(杜篤之)、ガオ・ジエ(高捷)、リン・チャン(林強)

映画『HHH:侯孝賢デジタルリマスター版』の作品概要


(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

世界の巨匠たちに映画監督がインタビューを行う、フランスのTVシリーズ「われらの時代の映画」。

アンドレ・S・ラバルトとジャニーヌ・バザンによるこの伝説的な番組で、台湾ニューシネマをフランスに紹介してきたオリヴィエ・アサイヤス監督が台湾を訪れ、素顔のホウ・シャオシェン監督に迫りました。

取材当時、ホウ・シャオシェン監督は『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(1998)の脚本を執筆中でした。

チュウ・ティェンウェン(朱天文)、ウー・ニェンチェン(呉念真)らホウ・シャオシェン監督と共に台湾ニューシネマを牽引した映画人たちへのインタビューを中心に、『童年往事 時の流れ』(1985)『冬冬の夏休み』(1984)『悲情城市』(1989)『戯夢人生』(1993)『憂鬱な楽園』(1996)の映像と共にホウ・シャオシェン監督とアサイヤス監督が作品にゆかりのある鳳山、九份、金瓜石、平渓、台北をめぐります。

ホウ・シャオシェン監督は傍らのアサイヤス監督に、広東省から台湾に移住した家族のこと、少年期の思い出、そして映画に懸ける思い、映画製作のプロセスについて語りかけていきます。

最後のシーンでカラオケを熱唱するホウ監督の飾らない姿はその選曲とともに必見です。

本作はINA (L’Institut National de l’Audiovisuel)により、オリヴィエ・アサイヤス監督の監修のもと、そしてアンスティチュ・フランセの協力を得て、デジタル修復されました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

第20回東京フィルメックス、第1回台湾国際ドキュメンタリー映画祭、特別招待作品フィルメックス・クラシック正式出品作品。

フランス映画を代表する映画監督のオリヴィエ・アサイヤス監督が、ホウ・シャオシェン監督の素顔に迫ります。

伝説のドキュメンタリー映画『HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版』は、2021年9月25日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショーです。

また、ホウ・シャオシェン&オリヴィエ・アサイヤス監督作品を新宿K’sシネマにて同時開催します。

※詳細は劇場HPをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『太陽と踊らせて』内容解説/公開日/上映館。実在のイビサ島のDJを追ったドキュメンタリー

息をのむような島の映像とバレリアックな音楽にのせて贈る、あまりにも自由で極上な音楽ドキュメンタリー。 リリー・リナエ監督作『太陽と踊らせて』が、2021年7月24日(土)より新宿K’s cinema、 …

新作映画ニュース

映画『クリスマス・ウォーズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。アクションエンタメでメルギブが武闘派サンタに扮する

米国陸軍vs最凶暗殺者vs武闘派サンタクロース! 武闘派のサンタクロースが暗殺者と死闘を繰り広げる、メル・ギブソン主演のアクション映画『FATMAN(原題)』。 (C) 2020 FATMAN, LL …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

新作映画ニュース

豊川悦司×エメリッヒ映画『ミッドウェイ』あらすじとキャスト。日本公開は2020年秋でイベントレポートも!

巨匠ローランド・エメリッヒ×日米豪華キャスト競演! 巨匠ローランド・エメリッヒが構想20年・製作費120億をかけて、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描いたスペクタクル超大作『MIDWA …

新作映画ニュース

《動画で見る松林うららインタビュー》映画女優から撮影現場を動かすプロデューサーに至った経緯とその裏舞台【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る松林うららインタビュー取材 松林うらら出演・プロデュースを務める連作長編映画『蒲田前奏曲』は、中川龍太郎監督、穐山茉由監督、安川有果監督、渡辺紘文監督による連作スタイルの長編映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学