Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/04
Update

映画『君は永遠にそいつらより若い』あらすじ/上映館。佐久間由衣×奈緒の対談動画が解禁︕

  • Writer :
  • 大塚まき

芥川賞作家・津村記久子作品初の映画化。

芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い』が実写映画化され、2021年9月17日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定しました


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

この度、本ビジュアルとあわせて佐久間由衣と奈緒が本作について語った特別映像が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『君は永遠にそいつらより若い』について


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い』の映画化

本作品は、卒業間近の大学生である主人公が、なんとなく過ごす日常の中で、ふとした折に「暴力」「児童虐待」「ネグレクト」などの社会の闇と、それに伴う、やり切れない「哀しみ」に直面する物語です。

大学やバイト先のぐだぐだした日常は軽快にユーモラスに描かれ、一方、作者の確かな問題意識と倫理観で、それら社会の闇の部分ともきちんと対峙していきます。

主人公の大学生・堀貝佐世(ホリガイ サヨ)役には、ひたむきな芝居への情熱と誠実さを持ち、数々のTVドラマや映画で培った経験と確かな演技力で、早くも俳優として確固たる存在感を示す、佐久間由衣

本作品が映画「”隠れビッチ”やってました。」に続く二作目の主演映画となります。

一方、堀貝と出会う、痛ましい過去を持つ猪乃木楠子(イノギ クスコ)役は、奈緒が演じます。

最近ではNTV系列「あなたの番です」尾野幹葉役の怪演で話題になり、また主演映画「ハルカの陶」では、夢に向かって奮闘する女性を瑞々しく演じ、高く評価されました。

ここに、注目の若手俳優の共演が実現します。

映画『君は永遠にそいつらより若い』の特別映像


この度解禁された特別映像では、佐久間由衣と奈緒が本作について対談した様子が収められています。

完成した映画を観たお互いの感想や、ホリガイの赤髪は佐久間由衣自らが提案したアイディアだったという話など、本作に関するエピソード満載の内容となっています。

スポンサーリンク

映画『君は永遠にそいつらより若い』のポスタービジュアル


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

この度解禁された本ビジュアルでは、自転車に乗ったホリガイ(佐久間由衣)と寄り添って立つイノギ(奈緒)が収められた、1枚の写真のみで構成された力強いビジュアルに目が留まります。

先に公開された特報に登場するシーンの2人を捉えたもので、イノギの『その言葉でじゅうぶんだと思う』というセリフがコピーになっています。

映画『君は永遠にそいつらより若い』の作品情報


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
吉野竜平

【原作】
津村記久子「君は永遠にそいつらより若い」(ちくま文庫)

【キャスト】
佐久間由衣、奈緒、小日向星一、笠松将、葵揚、森田想、宇野祥平、馬渕英里何、坂田聡

スポンサーリンク

映画『君は永遠にそいつらより若い』のあらすじ


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

⼤学卒業を間近に控え、児童福祉職への就職も決まり、⼿持ちぶさたな⽇々を送るホリガイは、⾝⻑170cmを超える22歳、処⼥。

変わり者とされているが、さほど⾃覚はありません。バイトと学校と下宿を⾏き来し、友⼈とぐだぐだした⽇常をすごしています。

同じ⼤学に通う⼀つ年下のイノギと知り合うが、過去に痛ましい経験を持つイノギとは、独特な関係を紡いでいきます。

そんな中、友⼈、ホミネの死以降、ホリガイを取り巻く⽇常の裏に潜む「暴⼒」と「哀しみ」が顔を⾒せ…。

まとめ


(c)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

本作の監督を務めた吉野竜平は、以下のようなコメントを寄せています。

欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか─。
多種多様なテーマが織り込まれた、津村記久子先生の小説『君は永遠にそいつらより若い』を映画化するにあたり、そこへ重点的にスポットをあてて描きました。
長所の何倍もの短所を抱えているような主人公ホリガイが、就職を目の前にして「自分には何かとても大切なものが欠けている」という想いに駆られ、そんな自分が果たしてこれから社会の中でちゃんとやっていけるのだろうかと悩み、焦り、もがく姿。しかしこの悩みは、多くの人が人生のある時期に経験する普遍的な通過儀礼ではないでしょうか。内へ内へと向かって悩んでいた主人公が、様々な人との出会いや出来事を経て、最後は外へと向かって爆発する行動を起こします。
欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか─。
「ありのままでいいんだよ」みたいな無責任な言葉ではない、自分なりのメッセージを主人公の姿に託しました。

そんな監督の想いを見事に体現した佐久間由衣と奈緒。いま注目の若手俳優の共演にも期待が高まります。

映画『君は永遠にそいつらより若い』は、2021年9月17日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

第10回ちば映画祭の開催情報!2019年3月29日より清原惟(きよはらゆい)をはじめ新進監督のラインナップが光る

全国的にも貴重な上映機会の作品が多数 千葉県初上映のフレッシュな若手監督の上映作品がメインの『ちば映画祭』。 一度聞いたら脳内リピート確実なテーマソング、『ちば映画祭のテーマ~初期衝動~』もインパクト …

新作映画ニュース

映画『ナイトメア・アリー』あらすじとキャスト考察。ギレルモ・デル・トロ最新作の特徴は“Nightmare Alley”でも発揮されるか⁈

『ナイトメア・アリー(原題)』は、2021年12月17日(金)全米公開決定 2017年に公開され、アカデミー賞4部門を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』以降、自身の監督作がないギレルモ・デル・トロ …

新作映画ニュース

女優エリザベス・デビッキが映画『ブレス あの波の向こうへ』で少年を誘惑!インタビュー映像も解禁

サーフィンを通して成長する美しき少年たちの姿。 俳優サイモン・ベイカーが監督も務めた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開されます。 本作で美 …

新作映画ニュース

ソフィー・ターナーが映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』での役作りや女優ジェシカ・チャステインとの共演を語る!

ソフィー・ターナーが明かすX-MEN最終章秘話! 2019年6月21日(金)より日本公開の映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』。 本作でタイトルロールである、ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス …

新作映画ニュース

映画『天上の花』あらすじ/キャスト/上映館。東出昌大が三好達治を演じる文芸作品が2022初冬スクリーンに!

【萩原朔太郎大全2022】記念映画『天上の花』主演に東出昌大! 萩原朔太郎の娘である萩原葉子の小説『天上の花――三好達治抄――』が、1966年の発表から56 年の時を経て、タイトルを『天上の花』として …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学