Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/06
Update

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

  • Writer :
  • 石井夏子

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。

2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』

中国新世代を代表するビー・ガン監督の原点である本作の本編動画の一部が解禁となりました。「中国のアンナ・カリーナ」とも言われたルナ・クオックの出演シーンも確認できる本編動画をご紹介します。

また、公開にあわせて六本木・蔦屋書店でのアートポスター展も開催されます。

スポンサーリンク

ビー・ガン監督と『凱里ブルース』

(C)Cinemarche

ビー・ガン監督は1989年生まれで、2020年現在31歳、中国貴州省凱里市出身の映画監督です。

日本では第二作目の『ロングデイズ ・ジャーニー この夜の涯てへ』が先に劇場公開されて話題を呼んでいますが、本作『凱里ブルース』は、監督が26歳の時に撮影した長編デビュー作となります。

低予算での製作で、出演者のほとんどが監督の家族や親戚、友人であり、故郷である凱里でロケを行った本作は、瞬く間に各国の映画祭で評判を呼び、スイスのロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映されると新進監督賞と特別賞を受賞

各国のメディアやジャーナリストから驚きと称賛を持って向かえ入れられました。その時の興奮を、後に新華社通信は「過去五年で一番優れた中国国産映画」「中国映画を五十年進歩させる」と絶賛されたと伝えています。

その後も、フランス・ナント三大陸映画祭で中国人としては、ホウ・シャオシェン監督の『恋恋風塵』(1986)以来となる黄金の熱気球賞〔グランプリ〕を受賞、さらに中華圏のアカデミー賞とされる金馬奨では最優秀新人監督賞とFIPRESCI賞に輝くなど圧倒的な才能を世界に見せつけた傑作です。

映画『凱里ブルース』の本編映像

画像:ルー・ユンファンのデザインによる『凱里ブルース』ポスター

(C)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

この度、公開を控えて、本編動画2本が解禁されました。

「パオメイ・シェン[リトル・ジャスミン]シーン」と「ダンマイの街にて」と題された2本は、いずれも後半40分間にもわたるワンシークエンスショットから抜粋されたショット

『ロングデイズ・ジャーニー』の革新的な後半60分のワンシークエンスショットの原点でもあり、ビー・ガン監督の代名詞とも呼べる長回しショットの一部を垣間見ることができます。ぜひ、本動画をご覧いただき、中国新世代の監督とキャストの魅力の一端に触れてください。

本編映像1「パオメイ・シェン[リトル・ジャスミン]シーン」

「パオメイ・シェン[リトル・ジャスミン]シーン」の見どころは、主演のチェン・ヨンゾンが「ダンマイ」という過去の記憶と現実と夢とが混在する架空の街へと、トラックの荷台に乗って移動する場面です。チェンはビー・ガン監督の実の叔父でもあり、『ロングデイズ・ジャーニー』でもヤクザの役で出演しています。

背景で流れている歌謡曲は、1980年代に活躍した台湾のフォークシンガーであるパオメイ・シェンのラブソング。その郷愁を誘う懐かしい旋律は、チェン演じる男が失った人々へのつきせぬ想いや喪失感が表現されています。

本編映像2「ダンマイの街にて」

「ダンマイの街にて」ではダンマイの街に暮らすヤンヤンという若い女性が、夕刻に開催されるライブ会場へ向かう様子を描いているシーンを抜粋

凱里の土地の高低差を巧みに活かした撮影は、不意に観客をその街中へと誘われたような臨場感と既視感を覚えさせる効果があり、デビュー作にしてすでにビー・ガン監督の非凡さが垣間見られるシーンです。

またヤンヤンを演じるルナ・クオックの存在感が抜群で、フランス・リベラシオンの記者からは「中国のアンナ・カリーナ」とも評されました。ルナ・クオックは2016年には犬童一心監督の『ジャスミン・ゲストハウス』に準主演し、2018年には東京フィルメックスでも話題を呼んだシンガポール映画『幻土(げんど)』でも好演しています。

スポンサーリンク

『凱里ブルース』アートポスター展について

画像:ルー・ユンファンのデザインによる『凱里ブルース』ポスター

(C)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

3月よりリニューアルオープンした六本木・蔦屋書店で開催中の「ビー・ガン フェア」で、引き続き『凱里ブルース』のフェアも継続が決定しました。会場では、中国出身のデザイナー、ルー・ユンファンによる4種のポスターの展示とオリジナルプリントの受注販売を行っており、ファンには見逃せないイベントとなっています。

【会期】
2020年4月6日(月)から5月5日(火)まで

【会場】
六本木 蔦屋書店 
東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 2階フロア

【フェア内容】
ポスター展:ルー・ユンファンのデザインによる『凱里ブルース』ポスター4種を展示。オリジナルプリントの受注販売もあり(3月7日より実施中の『ロングデイズ ・ジャーニー』のポスター12種類も継続販売)。パンフレット及びポストカードの販売も。

映画『凱里ブルース』の作品情報


(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
路边野餐

【監督・脚本】
ビー・ガン

【キャスト】
チェン・ヨンゾン、ヅァオ・ダクィン、ルオ・フェイヤン、シエ・リクサン/ルナ・クオック

スポンサーリンク

映画『凱里ブルース』のあらすじ

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

凱里の小さな診療室に身を置いて、老齢の女医と幽霊のように暮らすシェン。

刑期を終えてこの地に帰還したときには、彼の帰りを待っていたはずの妻はこの世になく、しばらくして可愛がっていた甥も弟の策略でどこかへ連れ去られてしまいました。

シェンは甥を連れ戻すために旅に出ます。そして辿り着いたのは、ダンマイという名の、過去の記憶と現実と夢が混在する不思議な街でした…。

まとめ

画像:ルー・ユンファンのデザインによる『凱里ブルース』ポスター

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

中国第8世代の最前線に立つビー・ガン監督の長編デビュー作がついに日本公開です。

六本木・蔦屋書店にて開催の「ビー・ガン フェア」とあわせてお楽しみください。

映画『凱里ブルース』は2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの藤木五郎役は柄本明。【演技力の評価とプロフィール】 

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

休日は家で動画フル無料配信で映画見る!おすすめ洋画邦画をU-NEXTで鑑賞する方法

この連休は「映画」を自宅で見るか?劇場で見るか? 大学で映画制作の教鞭をとるベテラン映画監督Tさんに会ったおり、最近の学生たちの“映画鑑賞の初体験”を聞くと、動画配信が映画への興味のきっかけだという若 …

新作映画ニュース

映画『斬、』キャスト池松壮亮&蒼井優の思い。塚本晋也監督の新作とは

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開。 本作品『斬、』の …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞!『パラサイト 半地下の家族』日本公開の予告編とビジュアルがついに解禁

相反する2つの家族の出会い。 誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。 カンヌ国際映画祭では上映中から異例の熱狂ぶりをみせ、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いた『パラ …

新作映画ニュース

『ともしび』映画女優シャーロット・ランプリングの渾身の一作。72歳の美しい背中を見せる水着写真解禁

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures &#8 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学