Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

アンソニーウォン映画『淪落(りんらく)の人』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月1日に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

新人女性監督が描いた、香港中を涙と希望で包んだ感動作。

2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、2020年2月1日新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定致しました。

NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED © 2018

新人監督のオリヴァー・チャンが書いた脚本に、香港を代表する名優アンソニー・ウォンがほれ込み、ノーギャラで挑んだ感動作です。

第14回大阪アジアン映画祭「コンペティション部門」では、『みじめな人』のタイトルで上映され、「観客賞」を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『淪落の人』について

参考動画:大阪アジアン映画祭での予告編

半身不随となり人生に絶望した中年男性と、家族のために夢を諦め出稼ぎ家政婦として働く若いフィリピン人女性。

背景も文化も異なる見知らぬ2人が出会い、やがてお互いの人生で最も大切な友になっていきます。

人生のどん底にいる人は一体どうやってその先の人生に向き合えばよいのか?

多くの自問や想像・考察を経て作られた本作は、介護問題やフィリピン人女性の出稼ぎ労働者など現在の香港が置かれている状況にスポットをあてつつ、人が夢や希望を持つことの大切さ、他人を思いやる心がいかに人を支えるものか、時にユーモアを交えながら描いていきます

主演は香港を代表する演技派俳優のアンソニー・ウォン。

なんとウォンは本作の脚本にほれ込みノーギャラにて出演。半身不随という難役を見事にこなし、香港電影金像奨をはじめとする数々の賞を受賞しました。

フィリピン人家政婦役のクリセル・コンサンジは新人とは思えない初々しさの中にも見事な演技を披露。

そして監督は長編映画初監督デビューのオリヴァー・チャン。女性監督の活躍がめざましい香港映画界の中でも、今最も注目を集めている期待の新星です。

本作は本年、第14回大阪アジアン映画際にて上映され、多くの観客からの支持を集め「観客賞」を受賞しました。

映画『淪落の人』の作品情報

【日本公開】
2020年(香港映画)

【原題】
淪落人(英題:STILL HUMAN)

【監督】
オリヴァー・チャン

【キャスト】
アンソニー・ウォン、クリセル・コンサンジ、サム・リー、セシリア・イップ、ヒミー・ウォン

【作品概要】
香港の新星女性監督オリヴァー・チャンの長編デビューで、第13回アジア・フィルム・アワードで最優秀新人監督賞を見事受賞。

2019年の第38回香港電影金像奨では作品賞、監督賞の他5部門にノミネートされています。

第14回大阪アジアン映画祭コンペティション部門では、『みじめな人』のタイトルで上映され、「観客賞」を受賞しました。

主演は『ザ・ミッション 非情の掟』(1999)『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(2009)「インファナル・アフェア」シリーズなど数多くの映画に出演してきたアンソニー・ウォンです。

スポンサーリンク

映画『淪落の人』のあらすじ

突然の事故で半身不随となってしまった男、リョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)。

妻とは離婚、息子とも離れて暮らし、人生に何の希望も抱けないまま、ただただ日々を過ごしていました。

妹ジンイン(セシリア・イップ)との関係もうまくいかず、慰みは唯一の友達である元同僚のファイ(サム・リー)との会話と海外の大学に通う一人息子の成長だけ。

そこに若いフィリピン人女性エヴリン(クリセル・コンサンジ)が住み込みの家政婦としてやってきます。

広東語が話せない彼女に最初はイライラを募らせたチョンウィンでしたが、片言の英語で会話をしながらお互いに情が芽生えていきます。

やがて、エヴリンが生活のためにやむを得ず写真家への道を諦めたものの、今でも心の中で夢を追い求めていることを知ったチョンウィンは、彼女の夢を叶える手助けをしようと思い始めますが…。

まとめ

本作は「香港人雇用主と阿媽の(限りなく愛情に近い)友情のドラマ」という、ありそうでなかった世界を構築した、香港映画史的にも重要な1本です。

脚本を書くにあたって、事前に2年ほどリサーチしたというオリヴァー・チャン監督。辛い現実を温かなトーンで描き出します。

長い俳優キャリアの中でも最高レベルの難役に挑んだアンソニー・ウォンは、香港電影金像獎の主演男優賞にノミネートされました。

映画『淪落の人』は2020年2月1日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

US版の映画予告編解禁!『ドクター・スリープ』のストーリーに迫った映像に双子の姿も

『IT/イット』スティーヴン・キングが仕掛ける、最大の謎とは。 『IT/イット』の巨匠スティーヴン・キングが、2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが、幼い頃壮絶な惨劇を生き延び、大人にな …

新作映画ニュース

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』あらすじと上映館イベント情報

世界で初めて劇場公開される、ブータン人作家によるドキュメンタリー映画が日本劇場公開されています。 映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』は8月18日(土)よりポレポレ東中野にて上映中、ほか全国劇場順次ロ …

新作映画ニュース

『スウィンダラーズ』ヒョンビン最新作の画像追加解禁!セクシーな詐欺師とは

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー。 ヒョンビン主演で記念すべき映画出演10本目となる『スウィンダラーズ』。 詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリ …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

新作映画ニュース

ソフィー・ターナーが映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』での役作りや女優ジェシカ・チャステインとの共演を語る!

ソフィー・ターナーが明かすX-MEN最終章秘話! 2019年6月21日(金)より日本公開の映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』。 本作でタイトルロールである、ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP