Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/05
Update

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』あらすじ/キャスト/日本公開日。コン・ユとチョン・ユミが現代女性の生きづらさと向き合う

  • Writer :
  • 石井夏子

日本でも社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説の映画化。

韓国で130万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』。

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

本小説を原作とし、韓国で3週連続No1大ヒットを記録した映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定いたしました。

チョン・ユミとコン・ユ、韓国の実力派キャストが本作で夫婦役を務め、物語にさらなる奥行きを与えました。

スポンサーリンク

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』について

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

同名の原作小説は、日本でも翻訳本が2018年12月に刊行されるとたちまち共感の声が広がり、発売2日目にして重版が決定。

大型書店で品切れが続出するほど異例の大ヒットを記録した話題作で、「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である〝ジヨン“という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通し、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生き辛さを映し出しています。

映画化による期待を一身に背負うのは、2011年に映画『トガニ 幼き瞳の告発』、2016年に1156万人の観客を動員したパニック映画の大作『新感染 ファイナル・エクスプレス』と、ヒット作での共演が続くチョン・ユミとコン・ユの2人。

3度目の共演にして初の夫婦役に挑戦し、共感を呼び起こす繊細な感情の演技を披露しています。

督は、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン

自身も2人の子を持つ母である彼女の繊細な演出は、現代女性の生きづらさを描いた原作を、すべての人たちの心を震わせる物語に見事に昇華させました。

原作小説『82年生まれ、キム・ジヨン』とは

小説『82年生まれ、キム・ジヨン』書影

日本でも異例の大ヒット、15万部突破&2019年上半期<海外文学>堂々の第1位に輝いた小説『82年生まれ、キム・ジヨン』。

「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である〝ジヨン“という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生に、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生き辛さを描いています。

韓国で2016年に刊行されるやいなや、多くの女性の共感を呼び130万部を超える大ベストセラーに。

その熱狂は海を越え、台湾、ベトナム、イギリス、イタリア、フランス、スペインなど18か国・地域での翻訳も決定。

日本でも翻訳本が2018年12月に刊行されるとたちまち圧倒的共感の声が広がり、発売2日目にして重版が決定、大型書店で品切れが続出するほど異例の大ヒットとなり、今もなお、その記録を更新し続けています。

スポンサーリンク

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の作品情報

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原作】
「82年生まれ、キム・ジヨン」チョ・ナムジュ著/斎藤真理子訳(筑摩書房刊)

【原題】
82년생 김지영 

【監督】
キム・ドヨン

【キャスト】
チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン 

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のあらすじ

結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン(チョン・ユミ)。

常に誰かの母であり妻である彼女は、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがありました。

「疲れているだけ、大丈夫」。そう夫のデヒョン(コン・ユ)にも自分にも言い聞かせる彼女でしたが、ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をするようになります。

その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、ひとり精神科医に相談へ行くものの、本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまいました。

なぜ彼女の心は壊れてしまったのか。

少女時代から社会人になり現在に至るまでの彼女の人生を通して、見えてくるものとは…。

スポンサーリンク

まとめ

これは未来の希望につながる物語。

原作の持つメッセージを大切にしながらも、映画としての「物語」の強さで観客を引き込み、圧倒的共感の声が続出した本作。

いよいよ日本でも公開を迎えます。ぜひ今後の続報にご期待ください。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

映画『VIDEOPHOBIA』あらすじ/キャスト/上映館/劇場公開日。注目のスリラーはモノクロで大阪を描く!

フランスの巨匠オリヴィエ・アサイヤスをはじめ、世界が絶賛した、衝撃の日本映画! モントリオール新映画祭での評判を受け、大阪アジアン映画祭での日本プレミア上映が全回ソールドアウトした映画『VIDEOPH …

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

映画『ホロコーストの罪人』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にノルウェー最大の罪を描く

家族を引き裂いたノルウェー最大の罪とは。 ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描いた衝撃の実話『Betrayed』。 (C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGH …

新作映画ニュース

映画『オンネリとアンネリとひみつのさくせん』あらすじとキャスト。劇場公開5月より2週間限定で一足早い夏気分を

「トーキョーノーザンライツフェスティバル2019」でジャパンプレミア上映された フィンランドからのシリーズ第3弾『オンネリとアンネリとひみつのさくせん』 映画『オンネリとアンネリとひみつのさくせん』が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学