Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/12
Update

映画『truth〜姦しき弔いの果て〜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。堤幸彦監督50作目は精子バンクをテーマにしたインディーズ作品

  • Writer :
  • 石井夏子

Rome International Movie Award最優秀作品賞受賞。

堤幸彦監督50作目のハイクオリティインディーズ映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』が2021年7月にオンライン開催された映画祭Rome International Movie Award(ローマ・インターナショナル・ムービーアワード)にて最優秀作品賞を受賞しました。


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

また『truth 〜姦しき弔いの果て〜』の劇場公開日が2022年1月7日(金)に決定し、ティザーポスターも解禁、佐藤二朗氏の忖度(!?)出演も明らかに。

本作は新宿シネマカリテ他全国順次ロードショーの予定です。

スポンサーリンク

映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』について


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

新型コロナウィルス感染拡大により、他業界に違わず大打撃を受けたエンターテイメント業界。

本作『truth 〜姦しき弔いの果て〜』は俳優・広山詞葉が発起人となり、撮影や舞台等が軒並み延期/中止となった仲間に声をかけ、スタートしたプロジェクトです。

数々の名作を手がけてきた堤幸彦監督が、50作目にして、原点回帰とも言える自主映画を作り上げることに。

脚本は堤監督の原案を元に三浦有為子氏が担当、日本アカデミー賞を受賞した『明日への記憶』や『2LDK』のタッグの再来です。


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

本作のプロデューサーでもある俳優3人(広山詞葉、福宮あやの、河野知美)のワンシチュエーション会話劇で、昨今話題の「精子バンク」をテーマに、女の本音を描き出します。

キャストには佐藤二朗氏も忖度出演として名を連ねています。

堤幸彦監督のコメント

コロナ禍、いくつも諦めた作品があり意気消沈していたところ、勇気と元気をくれたのは、作品を創り出すことに強い意志を持っている役者やスタッフ達でした。私の50本目の映画がその力を出発点に、『自主的に、制約から自由に』生まれたことはポストコロナの作品作りの大きな礎になるでしょう。
そしてローマを始め世界の皆さんに評価いただいたことは、そんな仲間と分かち合う何よりの勲章です。
ぜひ日本公開でお会いしましょう!

スポンサーリンク

映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』の作品情報


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ
【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・原案】
堤幸彦

【脚本】
三浦有為子

【キャスト】
広山詞葉、福宮あやの、河野知美、佐藤二朗(忖度出演)

映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』のあらすじ


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

男が死にました。事故死でした。

葬儀が終わった夜。都内の一等地にある男のアトリエに三人の喪服の女が現れます。

「あなた、誰!?」

「私、彼と付き合っていたんですけど」

「私も!」

子持ちのシングルマザー・マロン、美貌の受付嬢・真弓、女医・さな。

まったく違うタイプの三人の女はひとりの男と三年前から同時に付き合っていたようで……。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ
泣き叫び、罵り合い、殴り、語り……やがて女たちがたどりつく男の真実 (TRUTH) とは!?

社会問題を笑いでくるみ、あけすけなのに下品じゃなくて、人間愛に溢れ洒落ていて。女性たちのみならず人類の生きる強さを謳い上げた今の世にふさわしい本作は、プロフェッショナル達の本気の遊びに満ちています。

映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜は、2022年1月7日(金)より、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショーです。







関連記事

新作映画ニュース

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじとキャスト。ワンダーコンのリポートも

特別映像初お披露目でファン大興奮! 2019年6月21日(金)よりロードショーの「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』。 カリフォルニア・アナハイムで行われたワンダーコンにソ …

新作映画ニュース

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』あらすじとキャスト。女優殺害事件をインタビューから紐解く!

カルト教団マンソン・ファミリーによる斬殺事件から50年、 女優シャロン・テートの最後の日々を描いた衝撃作! 映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』が2019年8月30日(金)よりヒューマン …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのディーディー役は佐藤江梨子。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの原作者は伊坂幸太郎。書籍の小説評価とプロフィール紹介

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国で公開。 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎原作。 伊坂 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学