Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/21
Update

パヴェウ・パヴリコフスキがモノクロで男女の愛を描く。映画『COLD WAR あの歌、2つの心』予告映像とポスタービジュアル解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』2019年6月28日(金)ロードショー

第91回アカデミー賞では監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門にノミネートされ、オスカー最有力との呼び声高いパヴェウ・パヴリコフスキ監督の映画『COLD WAR あの歌、2つの心』


© OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions / ARTE France Cinéma / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Łódź / Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Świat / Wojewódzki Dom Kultury w Rzeszowie

2019年6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開される本作は、ポーランド・ベルリン・ユーゴスラビア・そしてパリを舞台に美しいモノクロ映像と音楽で描き出したラブストーリーです。

『イーダ』(2014)で第87回アカデミー賞・外国語映画賞を受賞、世界的な評価を受けるポーランドのパヴリコフスキ監督が送る本作の、ティザーポスタービジュアル特報予告映像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ティザーポスタービジュアル


© OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions / ARTE France Cinéma / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Łódź / Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Świat / Wojewódzki Dom Kultury w Rzeszowie

ティザーポスタービジュアルは静かに寄り添うヴィクトル(トマシュ・コット)とズーラ(ヨアンナ・クーリク)の姿を捉えています。

「一緒にいたいだけ」と添えられたコピーは時代に翻弄され続けながらも、決して離れることができない相手を見つけてしまった2人の運命的な繋がりを表したものになっています。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』特報予告映像

映像は、ズーラがポーランド語で歌うジャズナンバーから始まります。

この楽曲「Dwa serduzka(ドゥヴァセルドゥシカ)(Two Hearts)」はポーランドの伝統音楽と舞踏を継承する実在の楽団“マゾフシェ”が長く歌い繋いできたスタンダードナンバー

「この楽団の音楽の変遷自体が当時のポーランド社会で何が起こっていたのかを示す重要な存在になる」と考えた監督が、本作のために美しいジャズナンバーへとアレンジしました。

ポーランドからパリに渡ったあと、美しい歌手へと変貌を遂げたズーラとその時代の変化を、より象徴的に表すシーンとなっています。

また、現在ではとても珍しいフォーマットである「ほぼ正方形の画面比率」と「モノクロ」で撮影されたことも話題の本作。

ポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、パリなど様々な時代と場所を巡り、そこで繰り広げられていく2人の関係性と空気感。

それらがモノクロのコントラストによってダイナミックかつ誠実に切りとられ、瞬きするのも惜しいほどの美しい映像を切り取ることに成功しています。

スポンサーリンク

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』作品情報

【公開】
2019年(ポーランド・イギリス・フランス合作映画)

【原題】
ZIMNA WOJNA

【監督・脚本】
パヴェウ・パヴリコフスキ

【キャスト】
ヨアンナ・クーリク、トマシュ・コット、アガタ・クレシャ、ボリス・シィツ、ジャンヌ・バリバール、セドリック・カーン

【作品概要】
ポーランド映画で初のアカデミー外国語映画賞に輝いた『イーダ』(2014)のパヴェウ・パヴリコフスキ監督が、冷戦下の1950年代、東側と西側の間で揺れ動き、時代に翻弄される恋人たちの姿を、美しいモノクロ映像と名歌で描き出したラブストーリーです。

2018年の第71回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しました。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』あらすじ

ピアニストのヴィクトルと歌手志望のズーラはポーランドの音楽舞踏学校で出会い、愛し合うようになります。

冷戦中、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、ベルリンでの公演時、パリへ亡命。

歌手になったズーラは公演活動で訪れたパリやユーゴスラビアでヴィクトルと再会します。

ズーラは彼とパリに住み始めますが、やがてポーランドに戻ってしまい、後を追うヴィクトル。

二人の愛は結ばれるんでしょうか…。

スポンサーリンク

まとめ

日本時間の2019年2月25日に授賞式が行われる第91回アカデミー賞では監督賞、撮影賞、外国語映画賞の部門にノミネートされている映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

アカデミー賞の前哨戦となるアメリカ撮影監督組合賞では撮影賞を受賞し、ゴヤ賞、ガウディ賞でも最優秀ヨーロッパ映画賞を受賞!

また、フランスのアカデミー賞ことセザール賞の外国語映画賞にノミネートと、快進撃を続けています。

本作は、世界的な評価を受けるポーランドのパヴリコフスキ監督が、ポーランド・ベルリン・ユーゴスラビア・そしてパリを舞台に美しいモノクロ映像と音楽で描き出したラブストーリーです。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』2019年6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『ラブ・アゲイン2度目のプロポーズ』あらすじ/キャスト/公開日。クォン・サンウが笑えるラブコメに主演!

クォン・サンウ主演の待望のラブコメ復帰作。 2004年から日本で放送されたテレビドラマ『天国の階段』で“涙の貴公子”と称され大変な人気を博したクォン・サンウ。 (C)2019 KTH & L …

新作映画ニュース

映画『きみの鳥はうたえる』柄本佑×石橋静河×染谷将太の演技力が見られる予告編解禁

再評価の波が続く佐藤泰志の初期最高傑作『きみの鳥はうたえる』がついに映画化! 8月25日(土)函館シネマアイリス先行公開。 9月1日(土)新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかロードショーされ、以降全国 …

新作映画ニュース

イ・ビョンホン映画『それだけが、僕の世界』あらすじとキャスト。兄弟の絆を描いた感動作品とは

母に捨てられ、拳だけを信じて生きてきた元プロボクサーの兄。母だけを信じて生きる、サヴァン症候群の弟。兄弟の思いがけない再会は、やがて家族の絆を紡ぎだす…。 韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと、注目度N …

新作映画ニュース

映画『エンドレス・ウォー』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

そこは果てしなき、殺戮の大地! コンゴの紛争地帯で行方不明となった妹を探すため、ひとり現地に向かった姉が見た地獄とは…。 ドキュメンタリー映画出身のノルベルト・ロペス・アマド監督が、コンゴの終わりなき …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの武闘派マフィア・権藤役は内野聖陽【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP