Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/04
Update

映画『LETO-レト-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。キリル・セレブレンニコフがロックの代表曲で綴る青春ムービー!

  • Writer :
  • 石井夏子

あの夏、ぼくらが追い求めたロックと自由と淡い恋。
公開決定&第一弾ポスタービジュアル解禁。

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され<カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞>を受賞し、その他各国の映画祭で数々の受賞&ノミネートを果たした『LETO』。

邦題が『LETO -レト-』(ロシア語で「夏」の意)として、2020年7月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されることが決定しました。

あわせて第一弾ポスタービジュアルが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『LETO -レト-』について

(C) HYPE FILM, 2018
カンヌを始め世界中の映画・音楽ファンを大熱狂の渦に巻きこんだ本作。

監督は無実の容疑で国に拘束され、現在もロシア政府の監視下にある前衛的な芸術家キリル・セレブレンニコフ。1年半の自宅軟禁のさなかに本作を完成させました。

この作品は、ロシアの伝説的バンド「キノ」のヴォーカルであるヴィクトル・ツォイと、彼の音楽的才能を見出したロックシンガーのマイク・ナウメンコ、そしてその妻ナターシャの3人をモデルに、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に“自由”と“音楽”を追い求めた若者達のひと夏を描きます。

T・レックス「Broken Hearted Blues」、トーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」、イギー・ポップ「パッセンジャー」、ルー・リード「パーフェクト・デイ」、デヴィッド・ボウイ「すべての若き野郎ども」など70’s~80’sのロックシーンを代表する名曲の数々が劇中を彩り、ミュージカルともMVともとれる実にユニークでスタイリッシュな映像演出でカヴァーされる点も音楽ファン垂涎の見どころ

ロックンロールで打ち鳴らす“規制からの解放”、そしてほのかにビターな恋心。純粋なパッションに突き動かされた若者たちの熱気と青春に胸がアツくなる傑作がここに誕生しました。

映画『LETO -レト-』のポスタービジュアル

(C) HYPE FILM, 2018

あわせて解禁となったポスタービジュアルは、80年代の規制された社会に彼らのロックが響き渡るように、モノトーンの世界に自由に彩りを加えたようなデザイン

「あの夏、ぼくらが追い求めた、ロックと自由と淡い恋」と添えられたコピーが、誰もが経験し懐古する、あのアツいひと夏を思い起こさせるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『LETO -レト-』の作品情報

(C) HYPE FILM, 2018

【日本公開】
2020年(ロシア・フランス合作映画)

【原題】
LETO

【英題】
LETO(The Summer)

【監督】
キリル・セレブレンニコフ

【キャスト】
ユ・テオ、イリーナ・ストラシェンバウム、ローマン・ビールィク

【日本語字幕】
神田直美

【原語監修】
松澤暢子

映画『LETO -レト-』のあらすじ

(C) HYPE FILM, 2018

ときは1980年代前半。

西側諸国(資本主義諸国)の文化は禁忌とされていたソ連時代のレニングラードでは、L・ツェッペリンやT・レックスなど西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックが花開こうとしていました。

その最前線で人気を博していたバンド「ズーパーク」のリーダーであるマイク(ローマン・ビールィク)のもとに、ある日、ロックスターを夢見るヴィクトル(ユ・テオ)が訪ねてきます。

彼の才能を見出したマイクは、共に音楽活動を行うようになりますが、その一方で、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルの間には淡い恋心が芽生え始め…。

スポンサーリンク

まとめ

(C) HYPE FILM, 2018

カンヌを始め世界中の映画・音楽ファンを大熱狂の渦に巻きこんだ、音楽と青春に胸がアツくなる、新たな傑作がついに日本上陸します。

映画『LETO -レト-』は2020年7月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。 日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』 …

新作映画ニュース

松本優作映画『Noise』初監督作品!2019年にテアトル新宿で待望の公開決定!

松本優作の初監督作品『Noise』の2019年テアトル新宿にて公開決定しました。 レインダンス映画祭で上映、日本映画年間ベストワン・アジア映画年間ベスト4、ニッポンコネクション上映など、チケット即完売 …

新作映画ニュース

『パラサイト』上映館にて草彅剛×ポンジュノ×ソンガンホと共に登壇!映画賞を熱烈祝福

『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日(金)より全国ロードショー。 ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムド …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの清川伸彦役は濱田岳【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『さらば青春の光』デジタルリマスター版が10月11日公開。予告編とビジュアルも解禁!

“モッズ・ブーム“を巻き起こし、全世界が熱狂した青春映画の金字塔! このたび、青春映画の金字塔『さらば青春の光』デジタルリマスター版が、2019年10月11日(金)より、シネマート新宿、立川シネマシテ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学