Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/29
Update

森田健作と島田陽子が映画『砂の器』の思い出を振り返る【シネマ・コンサート2019】

  • Writer :
  • 石井夏子

森田健作×島田陽子44年ぶりの再会


©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

2017年8月に東京で初演されて以来、2018年4月、同年9月と公演が行われてきた映画『砂の器』シネマ・コンサート。

初演以来チケットの完売続きの本コンサート。2019年4月29日には大阪、30日には東京で4度目の再演が決定しました。

これを記念し、同作品に出演していた森田健作と島田陽子の特別対談が実現しましたので、そのリポートとシネマコンサートの情報をお届けします。

スポンサーリンク

森田健作・島田陽子の特別対談リポート


©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

1974年に公開された同作品で、西蒲田警察署の刑事・吉村弘を演じた森田健作和賀英良(加藤剛)の愛人、高木理恵子を演じた島田陽子に撮影当時の話を伺いました。

映画『夜霧の訪問者』(1975)の共演以来の再会だというふたり。

『砂の器』での両者の接点は「紙吹雪の女」。

犯行時の血痕のついたシャツの切れ端を、和賀英良に依頼された高木理恵子(島田)が列車の車窓から捨てる。和賀を追う吉村刑事(森田)が、線路沿いを這いずり回りながら、その証拠品を探し出す、映画前半の山場です。

森田健作が野村監督の演出を振り返る

「布っきれを探すほんの数秒のシーンなんですが…」 と森田が撮影現場を語ります。

朝、リハーサルをして待機し続け15時頃になると終了し、本番を撮らない。これが3日続いたそう。

自身の演技のどこが駄目なのか?連日の待機に森田のフラストレーションはつのりにつのり、監督に尋ねました。すると背景の山にある雲が気に入らないと返されたと言います。

「当時の僕は青春ドラマに出演する事が多かった。でも、ここでの吉村刑事には青春ドラマの張り切りボーイの森田健作はいらない。捜し続けていて、半ばやけっぱちになっている、そんなイライラしているカットを僕に表現させるために、あの短いシーンに3日も引っ張ったんですね」と野村監督の演出を振り返りました。

島田陽子からみた野村監督の印象

島田からみた野村監督の印象はどうだったんでしょうか。

島田が撮影に参加したのは高校を卒業し女優業をスタートさせた頃。恋人の和賀英良に捨てられ、非業の死を遂げるという難しい役を演じました。

撮影現場は島田にとって「楽しいことはなにもなかった(笑)!もうたいへんなだけで。難しかったですよ。ただ、いい意味でしごかれたので、自分の成長にはものすごく役に立ちました」と話します。

余計なことを考えず、監督の指示通り演じる事に徹したという島田。

そんな彼女も、唯一監督に直談判した事があるそうです。それは和賀と過ごす自室の中、理恵子の胸が映るシーンのこと。

「わたし胸が大きくないのでカットしていただけないでしょうかってお願いしたんです。そしたら監督が“幸薄い女性の胸が大きかったらおかしいでしょ”って。そんな答えが返ってきて、私、もう何も言えなくなって(笑)」

これは野村監督にとっても想像外のお願いであった事は想像に難くないですね。

あのシーンの撮影には、実はそんなやり取りがあったんです。


©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

役づくりついて

森田も島田も野村芳太郎監督と、脚本の橋本忍から出演のオファーを受けました。

野村と橋本の「やるんだ!」という並々ならぬ熱気を感じたと、ふたりは口をそろえます。

当時青春ドラマ出演が中心で、テンションが高い役が多かった森田にとっては初めてのシリアスな役。しかも大作の映画です。

島田と同様、演技は監督に身を委ねようと決めたが、刑事役は演じたことがありませんでした。

撮影に入るにあたって森田は、奇しくも映画の現場となった蒲田署で刑事をやっていた父親に相談したそう。

映画やテレビのようにかっこいいものじゃない。靴もすり減るし、スーツもよれよれになる。

1週間ぐらい蒲田署に行って刑事の立ち振る舞いを見て来い!と教わり、実際に蒲田署に行って現場の刑事から様々な事を学んだ森田。

「こういったらおかしいけど、普通の人たちなんですよ。それがものすごく勉強になった。だから芝居のときもかっこつけようとは思わなかった」と当時の役作りのエピソードを懐かしげに話します。

加藤剛について

二人の話は、和賀英良を演じた加藤剛にも及びました。

森田は撮影中、加藤から「大岡越前をやっているのに、どうしてあんな役をやるのか?」という手紙がファンから来た事を聞かされたそうです。

「でも、剛さんだからこそ和賀英良という人間を演じられたのでは」と森田が話すと、加藤剛は見る側が感情移入できるスキを作ってくれていると島田が語ります。

「ぐっと抑えた演技をしてくださっているから、私たちもいくらでも感情移入できる。その辺のさじ加減が、舞台俳優もやられている加藤さんならではと思います」と、共演者としての視点から、加藤剛の演技を評しました。

ふたりにとっての『砂の器』とは

森田や島田にとっての『砂の器』とは?最後にふたりに伺いました。

島田は2018年、北九州市の松本清張記念館で開催されたイベントに登壇し、大勢のお客さんと一緒に映画を観たんだそう。

「四季を撮影するために時間も予算もかけ、お芝居もすごく時間がかかっている。最近はここまでの大作が作られてないと思います。これこそが映画の醍醐味だなと改めて感じました。私にとって宝物のような作品です」と称えます。

「実は公開後に、劇場で何度か見に行っているんですよ。自分が出ているのを忘れて、ストーリーに入り込んでしまう。何回見ても涙します。特に最後の音楽が盛り上がるところで、それまでの全てのシーンを思い出す。音が自分の身体の中に入ってくる。あの作品に出られたことは最高に幸せでした」と出演できた喜びを噛みしめるように話す森田。

ですが、ひとつだけ、これは違うな?と思う場面があるといいます。それは政治家を演じる佐分利信が娘の婚約者である和賀に、花束を渡すシーン。

「花束がせこい!政治家はあんな花束は絶対に贈りませんよ。もっとも、これは政治家になって気がついたんですけどね」と現千葉県知事の森田は笑いました。

映画『砂の器』シネマ・コンサート2019/公演概要

参考映像:2018年特別追悼 映画『砂の器』シネマ・コンサート

大阪公演

日時
2019年4月29日(月・祝) 開場15:00/開演16:00

会場
大阪・フェスティバルホール

チケット価格
S席9,800円/A席7,800円 (税込/全席指定)
※未就学児入場不可

東京公演

日時
2019年4月30日(火・祝) 開場16:30/開演17:00

会場
東京・Bunkamura オーチャードホール

チケット価格
9,800円 (税込/全席指定)
※未就学児入場不可

シネマ・コンサート出演

【指揮】
竹本泰蔵

【演奏】
日本センチュリー交響楽団(大阪)/東京交響楽団(東京)

【ピアノ】
近藤嘉宏

【コンサートディレクター】
和田薫

スポンサーリンク

シネマ・コンサート上映映画『砂の器』の作品情報


©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

【日本初公開】
1974年10月19日(上映作品は2005年リマスター版 )

【上演時間】
2時間23分(第一部:紙吹雪の女 87分 / 第二部:宿命 56分)
途中休憩:20分あり

【原作】
松本清張

【監督】
野村芳太郎

【脚本】
橋本忍、山田洋次

【撮影】
川又昻

【音楽監督】
芥川也寸志

【作曲】
菅野光亮

【キャスト】
丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林、加藤嘉、緒形拳、佐分利信、渥美清

映画『砂の器』あらすじ

東京・蒲田にある国鉄の操車場で殺人事件が発生。

被害者の身元がわからず捜査は難航します。

しかし、被害者が殺害される直前にある男と会っていたことがわかり、2人の会話から「カメダ」という謎の単語が浮かび上がったため…。

まとめ


©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

終始和やかな空気に包まれていた森田健作と島田陽子の対談。

44年ぶりの再会には感じられないほど、息もぴったりに撮影当時を振り返りました。
  
昭和を代表する名作、映画『砂の器』シネマ・コンサートは、平成最後の2日間、大阪と東京で開催されます。

コンサートの詳細、チケット購入方法につきましては映画『砂の器』シネマ・コンサート・公式サイトにてご確認ください。

関連記事

新作映画ニュース

ほぼ実話の映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編とビジュアル解禁!現代女性の心に寄り添う物語

3年間で振った男の数は600人(ほぼ実話!!) “隠れビッチ”のモテテクニックに笑い、隠されたリアルな本音に思わず共感。 イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセ …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト。みらいくんのお母さん役は西田尚美【プロフィールと演技力評価】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

『鈴木家の嘘』キャストがレッドカーペットにハイヤーで登場!東京国際映画祭2018開催

©松竹ブロードキャスティング 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほ …

新作映画ニュース

アカデミー賞オスカー授与はシリーズ初。映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が快挙

『スパイダーマン:スパイダーバース』長編アニメーション賞受賞!! 全米初登場第1位を獲得し、各国メディアから「スパイダーマン映画史上、最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた新たなるスパイダーマンの誕生を描 …

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。 その名を知らない者はいない …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP