Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

動画配信

映画『砂の器』動画フル無料視聴! 野村芳太郎と松本清張の傑作サスペンスを見る

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『砂の器(1974)』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!

↓今すぐ『砂の器(1974)』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓

なお、当記事でご紹介している映画『砂の器(1974)』の動画配信状況は2019年4月現在のものになります。

VOD(ビデオオンデマンドサービス)は配信状況が流動的なので、詳細は各サービスにてご確認ください。

映画『砂の器(1974)』を
今すぐ無料で観る方はこちら

映画『砂の器(1974)』動画をフルで無料視聴する方法!


©1974松竹株式会社/橋本プロダクション

先に結論をお伝えすると、映画『砂の器(1974)』のフル動画を今すぐ無料視聴するには、動画配信サービス・U-NEXTを利用するのが最もオススメな方法となります。

映画『砂の器(1974)』を無料で見る

以下、詳細をご紹介していきます。

映画『砂の器(1974)』動画配信状況

2019年4月現在、国内の主要VOD(動画配信サービス)での『砂の器(1974)』の配信状況は以下のようになっています。

複数のVODで配信されていますが、

  • 無料登録の入力項目が少ない
  • 無料キャンペーン期間が長い
  • 作品の充実度
  • 解約が簡単

という理由から、最もオススメな動画配信サイトはU-NEXTになります!

U-NEXTはこちら

映画『砂の器(1974)』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は

  • 見放題作品
  • ポイントレンタル作品

の2パターンが存在します。

『砂の器(1974)』はポイントレンタル作品となり、通常は追加料金がかかってしまいますが、

現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『砂の器(1974)』を観ることが出来ます!

U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。

なお、このようなサービスは解約ページがわざと分かりにくく設定されていたりしますが、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

映画『砂の器(1974)』を
今すぐ無料で観る方はこちら

※2019年4月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

映画『砂の器(1974)』をBD/DVDで観たい方にオススメはTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASはこちら

動画配信サービスはちょっと苦手…というあなたにオススメなのは、TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』です。

  1. スマホで予約
  2. 郵便受けにBD/DVDが届く
  3. 視聴後、ポストに返却

という簡単3ステップで、家にいながらツタヤの充実した商品ラインナップを楽しめるサービスです。

最近は動画配信サービスに押されている印象もありますが、BD/DVDプレイヤーにディスクを挿れて映画本編のスタートを待つ時間も、自宅で映画を楽しむ醍醐味ですよね!

入会金・送料・延滞金が0円なので、つい返却を忘れてしまうことが多いという方も安心して使うことが出来ます。

公式サイトの説明が少し分かりにくい部分もありますが、現在30日間の無料キャンペーンを実施しているので、試しに使ってみて自分が想像していたサービスと違う…と感じた場合はキャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

映画『砂の器(1974)』を
BD/DVDで観る方はこちら

映画『砂の器(1974)』作品紹介


©1974松竹株式会社/橋本プロダクション

映画『砂の器(1974)』作品概要

松本清張による同名作品を原作として、名匠・野村芳太郎監督が実写化。1974年公開。

迷宮入りとなりそうだった殺人事件を執念で捜査する二人の刑事と、暗い過去のために殺人を犯す天才音楽家の宿命を描いたサスペンス映画。

松本清張が「この映画は原作を超えた」と評する名作です。

1974年キネマ旬報ベストテン日本映画2位、同脚本賞のほか、数々の映画賞を受賞しています。

2005年にはデジタルリマスター版が公開。

脚本は『日本沈没』の橋本忍と『男はつらいよ』シリーズの山田洋次。

芥川也寸志の作曲した劇的な音楽も心揺さぶります。

出演は丹波哲郎、森田健作、加藤剛ほか。

映画『砂の器(1974)』あらすじ


©1974松竹株式会社/橋本プロダクション

国鉄蒲田操車場構内で、扼殺死体が発見されます。

被害者の身元はわからず、てがかりもほとんどないために、事件は迷宮入りとなりそうな状況に。

しかし、担当刑事の今西と吉村は執念の捜査を続行します。

バーのホステスたちへの聞き込みから、殺される前夜に被害者と若い男が酒を飲んでいたことがわかります。

二人の間で強い東北なまりで交わされていた「カメダ」という言葉。

やがて捜査線上には、ひとりの天才音楽家の和賀英良が浮かび上がり…。

映画『砂の器(1974)』主要キャスト紹介

  • 丹波哲郎/今西栄太郎
  • 加藤剛/和賀英良
  • 森田健作/吉村弘
  • 島田陽子/高木理恵子
  • 山口果林/田所佐知子
  • 加藤嘉/本浦千代吉
  • 春日和秀/本浦秀夫
  • 笠智衆/桐原小十郎

映画『砂の器(1974)』主要スタッフ紹介

  • 野村芳太郎/監督
  • 松本清張/原作
  • 橋本忍、山田洋次/脚本
  • 橋本忍ほか2名/製作
  • 川又昴/撮影
  • 森田郷平/美術
  • 太田和夫/編集
  • 芥川也寸志/音楽

映画『砂の器(1974)』を
U-NEXTで今すぐ観る

まとめ

映画『砂の器(1974)』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。

動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『砂の器(1974)』を無料で見られるので安心ですね!

映画『砂の器(1974)』を無料で見る

なお、動画の配信状況が変更となっている場合もございますので、以下のボタンから公式サイトで最新情報をご確認ください。

映画『砂の器(1974)』
U-NEXTの配信状況をチェックする

関連記事

動画配信

冷たい熱帯魚|動画フルを無料視聴!DailymotionやPandora紹介も

映画『冷たい熱帯魚』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『冷たい熱帯魚!』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『冷たい熱帯魚 …

動画配信

アニメ『アズールレーン』動画フル無料視聴!配信サービス比較一覧で見る方法を探す

アニメ『アズールレーン』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『アズールレーン』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介しているアニメ『アズー …

動画配信

パシフィックウォー|動画フル無料視聴!ニコラスケイジ映画をDVDレンタルよりも快適に見る

映画『パシフィック・ウォー』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ映画『パシフィック・ウォー』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している …

動画配信

映画『悪女AKUJO』動画フルを無料視聴!dvdレンタルよりも快適に

映画『悪女 AKUJO』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『悪女 AKUJO』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『悪女 …

動画配信

映画ブエノスアイレス|動画フル無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『ブエノスアイレス』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ブエノスアイレス』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『ブエノ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP