Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/20
Update

映画監督・道本咲希トークイベントと上映会情報「映画とおはなしとブレイクタイム」vol.2

  • Writer :
  • 山寺澪

ちば映画祭&cafe STAND present
映画とおはなしとブレイクタイムvol.2開催!

映画をもっと身近に、もっと気軽に、もっと楽しく、もっと深く!

カフェを会場に、映画をより身近に、作品をもっと気軽にかつもっと深く楽しんでいただきたく、一人の監督にスポットをあて短編映画メインの上映と少し長めのトークを行う、映画とお話とブレイクタイム

その2回目のイベントが2019年12月15日(日)に開催されます。

映画『19歳』

今回は、期待の若手映画監督・道本咲希(みちもとさき)監督の短編『19歳』『昔の恋人』の2作品を上映

ゲストには若手映画監督・工藤梨穂(くどうりほ)監督を迎え、映画にまつわるトークイベントも行われます。

カフェで新進気鋭の若手映画監督の作品とトークをお楽しみください。

スポンサーリンク

道本咲希監督について

道本咲希(みちもとさき)監督は、1997年生まれの徳島県出身大阪育ち

ビジュアルアーツ専門学校大阪・放送映画学科卒業です。

在学当時、19歳で監督・主演した『19歳』が、第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFFアワード)にて審査員特別賞を受賞修了作品の『昔の恋人』が、なら国際映画祭2018にて上映されました。

今回の上映では、その『19歳』と『昔の恋人』を上映します。

どちらの作品も、道本監督が主演も兼ねています。

2作品を続けて観ることで、道本監督の作品づくりの変化が楽しめます。

また、秀作ながらなかなか観ることの出来ない作品が観られるので、貴重な時間を過ごせるでしょう。

2019年10月現在、道本監督は都内にてCMの制作を行っています。

映画とおはなしとブレイクタイムvol.2開催概要

映画『昔の恋人』

【日時】
2019年12月15日(日)17:30開場、18:00開演、20:00終了予定

【場所】
cafe STAND(千葉県千葉市中央区松波 2-5-6 いずみビル2階)
アクセス:JR 西千葉駅北口下車、徒歩1分

【上映作品】
道本咲希監督短編集
『19歳』『昔の恋人』

【トークゲスト】
道本咲希監督、工藤梨穂監督(映画監督)
ゲストによるトークを実施

【料金】
予約1,800円/当日2,000円
ワンドリンク付

【定員】
30名

※ご予約方法などの詳細につきましてはちば映画祭公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

映画『19歳』のあらすじ

映画『19歳』

【製作年】
2018年(日本映画)

【監督・脚本・主演】
道本咲希

【上映時間】
28分

【受賞歴】
第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFFアワード2018)審査員特別賞を受賞。

【あらすじ】
短大生のさきは、未来のことなんて考えず、うまくいかないことからは目を背け、趣味のカメラをぶらさげてふわふわと毎日を楽しく生きている…ようです。

20歳を目の前にした、さきの肖像。

映画『昔の恋人』のあらすじ

映画『昔の恋人』

【製作年】
2017年(日本映画)

【監督・脚本・主演】
道本咲希

【上映時間】
28分

【作品概要】
なら国際映画祭2018上映作品です。

【あらすじ】
娘と一言も喋らない母。そんな母に気を使い続ける父。

当たり前のように会話のない家庭に慣れてしまった一人娘の麻美。

ある日、父が病気で倒れ還らない人になり、突然始まった母との二人っきりの生活。

麻美は態度の変わらない母に嫌悪がさします。

そんな時、麻美は父が言い遺した“母よりも前に愛していた人の話”を思い出します。

逃げるように家を出た麻美は、何かが変わると信じて、父の昔の恋人に会いに行き…。

スポンサーリンク

ゲスト・工藤梨穂監督プロフィール

ゲストに迎える工藤梨穂(くどうりほ)監督は1995年生まれの福岡県出身

京都造形芸術大学映画学科卒業です。

卒業制作である監督作『オーファンズ・ブルース』は第40回ぴあフィルムフェスティバルにてグランプリとひかりTV賞、なら国際映画祭2018にてゴールデンKOJIKA賞と観客賞など受賞し、本作で劇場デビューを果しました。

まとめ

映画『19歳』

映画とお話とブレイクタイムの2回目は2019年12月25日、cafe STANDにて開催されます。

今後の日本映画界を担うであろう若き期待の映画監督・道本咲希監督の上映作品が観られるのは貴重な機会ですね。

ゲストの工藤梨穂監督も道本咲希監督と同世代であり、女性監督同士のトークも見どころです。

カフェでのんびり過ごしながら映画とトークを楽しみましょう!




関連記事

新作映画ニュース

林海象新作映画『BOLT』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。永瀬正敏が原発事故の作業員を演じる人間ドラマ!

林海象監督7年ぶりの新作、ついに劇場公開。 第22回上海国際映画祭パノラマ部門正式招待、京都国際映画祭2019に特別招待され、劇場公開が待ち望まれていた林海象監督7年ぶりの新作映画『BOLT』。 本作 …

新作映画ニュース

【トロント映画祭2019】『ジョーカー』や『ジョジョラビット』の評価や評判は?おすすめの日本公開が決まった話題作の紹介も

TIFFトロント国際映画祭2019の現地リポート トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival:TIFF)とは、カナダの都市であるトロントで毎年9月に行わ …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの原作者は伊坂幸太郎。書籍の小説評価とプロフィール紹介

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国で公開。 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎原作。 伊坂 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学