Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/06/21
Update

日活ロマンポルノ50周年記念『手』『愛してる』『百合の雨音』あらすじ/キャスト/公開日/上映館《ROMAN PORNO NOW》

  • Writer :
  • 星野しげみ

「日活ロマンポルノ」は、2021 年11月20日で生誕50周年!

1作目が封切られて以降、数々の名作が誕生した日活。

50周年を迎え、日活はこれまで以上にロマンポルノ作品の多様性・エンタテインメント性・芸術性を訴求するために、<ロマンポルノ50周年記念プロジェクト>を実施しています。


(C)2022 日活

プロジェクトの一貫として、新企画「ROMAN PORNONOW(ロマンポルノ・ナウ)」を立ち上げ、新作3本を製作しました。

ロマンポルノ50周年記念プロジェクト、【第1弾】2022年9月16日(金)『手』、【第2弾】2022年9月30日(金)『愛してる!』、【第3弾】2022年10月14日(金)『百合の雨音』は、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

新作の映像をいっきに紹介する予告編とポスタービジュアルが解禁となりましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

『日活ロマンポルノ』について

『日活ロマンポルノ』は、日活が1971 年に打ち出した当時の映倫規定における成人映画のレーベルです。

絡みシーンや上映時間などの一定のルールと、製作条件を守れば比較的自由に映画を作ることができたため、監督たちスタッフはさまざまな表現で、新しい映画作りに挑戦しました。

製作終了した1988年までの17年間に、約1,100 本もの作品を公開し続けた結果、多くのスタッフ・キャストが育っていき、映画史においては、最もセンセーショナルな作品レーベルとして、現在も国内外で高く評価されています。

『ROMAN PORNO NOW』予告編

解禁された予告編は、アップテンポな音楽とともに始まり、次から次へと映し出される映像には、3作品のキラーカットが収められています。

松居大悟がリアルな男女の関係を描いた『手』は、さわ子(福永朱梨)と森(金子大地)が、隣の同僚を気にしつつも足元でこっそりじゃれあう姿や、2 人だけに流れる甘いひとときが切り取られています。

SM をコメディタッチに昇華させた白石晃士の『愛してる!』は、主人公のミサ(川瀬知佐子)が女王様カノン(鳥之海凪紗)に縄で縛られながら、鋭い眼差しを向けられている。

大人の女性を艶めかしく映し出す金子修介の『百合の雨音』は、葉月(小宮一葉)と栞(花澄)が一線を越えてしまい戸惑いながら激しく求めあう表情にも注目。

50周年イヤーに相応しいお祭り感いっぱいの音楽が華を添えます。

スポンサーリンク

第1弾『手』の作品情報


(C)2022 日活

【公開日】
21022年9月16日(金):全国順次公開

【原作】
山崎ナオコーラ「手」(『お父さん大好き』文春文庫)

【監督】
松居大悟

【脚本】
舘そらみ

【キャスト】
福永朱梨、金子大地

【あらすじ】
おじさんの写真を撮っては、コレクションするのが趣味のさわ子。

これまで付き合ってきた男性はいつも年上ばかりなのに、父とはなんだか上手く話せずギクシャクしています。

そんな時、同年代の同僚・森との距離が縮まっていくにつれて、さわ子の心にも徐々に変化が訪れて―――。

第2弾『愛してる!』の作品情報


(C)2022 日活

【公開日】
2022年9月30日(金):全国順次公開

【監督】
白石晃士

【脚本】
白石晃士、谷口恒平

【キャスト】
川瀬知佐子、鳥之海凪紗、乙葉あい

【あらすじ】
ドキュメンタリーの密着取材を受ける地下アイドルのミサは、SM ラウンジ“H”のオーナーから、素質を見込まれ女王様としてスカウトされます。

困惑するミサですが、人気女王様・カノンとの出会いで、知らなかった快感に目覚めます。

そして、アイドルと SM の世界を駆け上がろうと決意をするのですが……。

スポンサーリンク

第3弾『百合の雨音(ゆりのあまおと)』の作品情報


(C)2022 日活

【公開日】
2022年10月14日(金):全国順次公開

【監督】
金子修介

【脚本】
高橋美幸

【キャスト】
小宮一葉、花澄

【あらすじ】
過去のトラウマから恋愛に臆病になっている葉月は、憧れの上司・栞に秘かに想いを寄せています。

一方、凛とした佇まいの栞もまた、夫との関係に思い悩んでいました。

ある大雨の晩、お互いの心の隙間を埋めるかのように身体を寄せ合い一線を越えてしまうふたりでしたが……。

まとめ

生誕50周年を迎える日活の記念プロジェクトとして、企画された『ROMAN PORNO NOW(ロマンポルノ・ナウ)』

半世紀にわたり、多彩なジャンルで女性の強さや美しさを描き、愛され続けてきたスピリットを継承し、時代の「今」を切り取った新作を製作しました。

2022年7月1日(金)より「ROMAN PORNO NOW」全作品を堪能できる記念グラス付きムビチケ前売券(カード)も、メイジャー通販サイト、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか一部の上映劇場にて販売開始!

日活ロマンポルノを歴史を感じつつ、新時代の監督が描く女性の美をぜひ劇場で鑑賞してください。

ロマンポルノ50周年記念プロジェクトは継続中!
【第1弾】2022年9月16日(金)『手』
【第2弾】2022年9月30日(金)『愛してる!』
【第3弾】2022年10月14日(金)『百合の雨音』
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『場所はいつも旅先だった』あらすじ/公開日/上映館。松浦弥太郎の初監督ドキュメンタリー

世界5カ国・6都市でロケを敢行したエッセイ集のような作品 文筆家・書店オーナー・「暮しの手帖」元編集長など様々な肩書きを持つ松浦弥太郎が初めて監督した劇場用映画。 (c)Mercury Inspire …

新作映画ニュース

劇場版『本気のしるし』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌ映画祭2020に選出されたドラマが上映決定!

メ~テレほかで放送されて大反響を呼んだドラマが再編集され劇場公開。 この度、『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ『本気のしるし』(星里もちる/小学館、英題: …

新作映画ニュース

映画『さんかく窓の外側は夜』あらすじ/キャスト/公開日。志尊淳×岡田将生で実写化のミステリー!

ヤマシタトモコの同名コミックを実写映画化。 「霊が視える男」と「霊を祓える男」の心霊探偵バディの活躍を描いた、ヤマシタトモコ作の人気コミック『さんかく窓の外側は夜』。 岡田将生と志尊淳のダブル主演で実 …

新作映画ニュース

ルトガー・ハウアー映画『ヒッチャー』あらすじ/公開日/上映館。サイコスリラーの伝説のリマスター版がロードショー!

恐怖の殺人ヒッチハイカーからは逃げられない。 乗せたら最期、死のドライブが始まる…。 2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話 …

新作映画ニュース

映画『パリのどこかで、あなたと』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。セドリック・クラピッシュ新作のラブストーリーとは?

セドリック・クラピッシュ監督の最新作で、 アナ・ジラルド&フランソワ・シヴィルが共演。 『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学