Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

  • Writer :
  • 松平光冬

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。

恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)より、TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかで全国ロードショーされます。

映画公開に先駆け、ポスタービジュアルとシーン写真が解禁されました。

スポンサーリンク

シリーズの原点となる映画『男と女』について

1966年製作のフランス映画『男と女』は、妻に自殺されたレーサーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)と、スタントマンの夫を目の前で失った女アンヌ(アヌーク・エーメ)の2人が、互いの子どもを通じて知り合い、次第に惹かれ合っていく過程を描きます。

恋愛映画の金字塔として評価されたこの作品は、アカデミー賞外国語映画賞にカンヌ映画祭グランプリ(パルムドール)を受賞

監督のクロード・ルルーシュや、主演キャスト2人の名を広く知らしめたと同時に、監督の盟友である作曲家フランシス・レイによる、「ダバダバダ…」のスキャットが全編に流れる主題歌も世界中で大ヒットし、多数のアーティストにカバーされています。

1986年には、同じ監督とキャストによる続編『男と女II』も製作されており、本作『男と女 人生最良の日々』は、その更に続きを描いた作品となります。

映画『男と女 人生最良の日々』のティザービジュアル

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

このほど解禁となったティザービジュアルは、第一作『男と女』と本作『男と女 人生最良の日々』でのジャン・ルイとアンヌ2人の表情を、それぞれ同じ角度から捉えたシーンで構成。

「『男と女』から53年。運命の恋がまた始まる…」のキャッチコピーが添えられており、美しいが緊張感ただよう表情からは一変、穏やかな微笑みをたたえる二人の姿を捉えています。

スポンサーリンク

「人生最良の日々」の意味とは


(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

ルルーシュ監督によると、タイトルの「人生最良の日々」は、フランスの小説家ビクトル・ユゴーの言葉「人生最良の日々はまだ生きられていない」から引用したとのこと。

その理由は、「私はこれまで過去よりどんなに困難であっても、今生きている現在を愛し続けてきた」、「未来はあまりにも大きな疑問符なため恐れてしまう。現在が一番単純明快であり、我々に属しているもの」だと、これまでの自分の人生を導いてくれた、とても重要な言葉であるとしています。

映画『男と女 人生最良の日々』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Les Plus Belles Années d’une vie

【監督・脚本】
クロード・ルルーシュ

【キャスト】
アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ

スポンサーリンク

映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

まばゆいばかりの衝撃的なロマンスから、長い年月が経ち、元レーシング・ドライバーのジャン・ルイは、今は老人ホームに暮らしており、かつての記憶を失いかけていました。

ジャン・ルイの息子は、次第に衰えていく父親の姿を見かねて、彼がずっと追い求めていた女性アンヌを探す決心をします。

果たしてアンヌは、ジャン・ルイと再会し、2人の物語を思い出の場所から始めることができるのでしょうか…。

まとめ


(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

本作は、2019年のカンヌ国際映画祭で初お披露目となり、監督やキャストが思い出の地に再集結。

上映後は、20分にも及ぶスタンディングオベーションが鳴り止まないほどの喝采を浴びました。

第一作の『男と女』を観ていないと、本作も楽しめないのでは?と思いがちですが、ルルーシュ監督によると、「まだ一度も『男と女』を見ていない人にも分かるように構成した」とのことで、その心配は杞憂に終わりそう。

前作に続き主演のジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメ2人の、年齢を重ねたがゆえの重厚な存在感は観る者を魅了。

昨年惜しくもこの世を去ったフランシス・レイによる、お馴染みの「ダバダバダ…」のスキャットで始まるテーマ曲は、本作でも作品に彩りを加えています。

「本作は、私たちの人生のある瞬間をリアルに映し出している。過去と現在の映像を組み合わせることで、どちらも鮮やかに描くことができる。そうすることでこの作品は、だれもが自分に置き換えられるような、普遍的な物語になる。ふたりは新しいスタートを迎える」とのメッセージを寄せているルルーシュ監督。

53年の時を経て新たに紡ぎ出したラブストーリーを、是非ともお見逃しなく!

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)より、TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかで全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作 国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。 映画『生きちゃった』 映画『生きちゃった』が2020年に全国公 …

新作映画ニュース

金子大地×石川瑠華W主演ラブストーリー映画『猿楽町で会いましょう』劇場公開日は6月5日に決定!

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化。 業界大注目の俳優・金子大地と、ネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演した衝撃のラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。 映画『猿楽 …

新作映画ニュース

実在の文豪の晩年を描いた映画『シェイクスピアの庭』予告編紹介!家族との絆を取り戻すまで

『シェイクスピアの庭』は3月6日よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア( …

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

TAAF2019受賞作品紹介 2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。 ©TAAFEC. …

新作映画ニュース

映画『鈴木家の嘘』キャストの木竜麻生(きりゅうまい)が特技を披露。新体操で魅了する特別映像解禁

突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。 映画『鈴木家の嘘』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開です。 第 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP