Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/18
Update

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

  • Writer :
  • 松平光冬

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。

恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)より、TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかで全国ロードショーされます。

映画公開に先駆け、ポスタービジュアルとシーン写真が解禁されました。

スポンサーリンク

シリーズの原点となる映画『男と女』について

1966年製作のフランス映画『男と女』は、妻に自殺されたレーサーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)と、スタントマンの夫を目の前で失った女アンヌ(アヌーク・エーメ)の2人が、互いの子どもを通じて知り合い、次第に惹かれ合っていく過程を描きます。

恋愛映画の金字塔として評価されたこの作品は、アカデミー賞外国語映画賞にカンヌ映画祭グランプリ(パルムドール)を受賞

監督のクロード・ルルーシュや、主演キャスト2人の名を広く知らしめたと同時に、監督の盟友である作曲家フランシス・レイによる、「ダバダバダ…」のスキャットが全編に流れる主題歌も世界中で大ヒットし、多数のアーティストにカバーされています。

1986年には、同じ監督とキャストによる続編『男と女II』も製作されており、本作『男と女 人生最良の日々』は、その更に続きを描いた作品となります。

映画『男と女 人生最良の日々』のティザービジュアル

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

このほど解禁となったティザービジュアルは、第一作『男と女』と本作『男と女 人生最良の日々』でのジャン・ルイとアンヌ2人の表情を、それぞれ同じ角度から捉えたシーンで構成。

「『男と女』から53年。運命の恋がまた始まる…」のキャッチコピーが添えられており、美しいが緊張感ただよう表情からは一変、穏やかな微笑みをたたえる二人の姿を捉えています。

スポンサーリンク

「人生最良の日々」の意味とは


(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

ルルーシュ監督によると、タイトルの「人生最良の日々」は、フランスの小説家ビクトル・ユゴーの言葉「人生最良の日々はまだ生きられていない」から引用したとのこと。

その理由は、「私はこれまで過去よりどんなに困難であっても、今生きている現在を愛し続けてきた」、「未来はあまりにも大きな疑問符なため恐れてしまう。現在が一番単純明快であり、我々に属しているもの」だと、これまでの自分の人生を導いてくれた、とても重要な言葉であるとしています。

映画『男と女 人生最良の日々』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Les Plus Belles Années d’une vie

【監督・脚本】
クロード・ルルーシュ

【キャスト】
アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ

スポンサーリンク

映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ

(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

まばゆいばかりの衝撃的なロマンスから、長い年月が経ち、元レーシング・ドライバーのジャン・ルイは、今は老人ホームに暮らしており、かつての記憶を失いかけていました。

ジャン・ルイの息子は、次第に衰えていく父親の姿を見かねて、彼がずっと追い求めていた女性アンヌを探す決心をします。

果たしてアンヌは、ジャン・ルイと再会し、2人の物語を思い出の場所から始めることができるのでしょうか…。

まとめ


(C)2019 – Davis Films – Les Films 13

本作は、2019年のカンヌ国際映画祭で初お披露目となり、監督やキャストが思い出の地に再集結。

上映後は、20分にも及ぶスタンディングオベーションが鳴り止まないほどの喝采を浴びました。

第一作の『男と女』を観ていないと、本作も楽しめないのでは?と思いがちですが、ルルーシュ監督によると、「まだ一度も『男と女』を見ていない人にも分かるように構成した」とのことで、その心配は杞憂に終わりそう。

前作に続き主演のジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメ2人の、年齢を重ねたがゆえの重厚な存在感は観る者を魅了。

昨年惜しくもこの世を去ったフランシス・レイによる、お馴染みの「ダバダバダ…」のスキャットで始まるテーマ曲は、本作でも作品に彩りを加えています。

「本作は、私たちの人生のある瞬間をリアルに映し出している。過去と現在の映像を組み合わせることで、どちらも鮮やかに描くことができる。そうすることでこの作品は、だれもが自分に置き換えられるような、普遍的な物語になる。ふたりは新しいスタートを迎える」とのメッセージを寄せているルルーシュ監督。

53年の時を経て新たに紡ぎ出したラブストーリーを、是非ともお見逃しなく!

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)より、TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかで全国ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの速水秀悟役は坂口健太郎【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

休日は家で動画フル無料配信で映画見る!おすすめ洋画邦画をU-NEXTで鑑賞する方法

この連休は「映画」を自宅で見るか?劇場で見るか? 大学で映画制作の教鞭をとるベテラン映画監督Tさんに会ったおり、最近の学生たちの“映画鑑賞の初体験”を聞くと、動画配信が映画への興味のきっかけだという若 …

新作映画ニュース

映画『Pure Japanese』あらすじ/キャスト/公開日。ディーン・フジオカ×蒔田彩珠主演のバイオレンス・アクション

孤独に生きてきた二人が出会ったとき、抑えていた狂気が目覚める。 男の狂気を描く、新たなバイオレンス・アクション・ムービーが誕生しました。 (c)2021「PURE JAPANESE」製作委員会   映 …

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019グランプリ受賞は大森歩監督『春』。深田晃司ら審査員のトークセッションの紹介も

第11回下北沢映画祭は2019年10月13日(日)〜14日(月)に開催 クリエイティブとカルチャーが暮らす街・下北沢を代表するイベントの一つであり、下北沢における映画の祭典「下北沢映画祭」は、2019 …

新作映画ニュース

映画『キャプテン・マーベル』あらすじキャスト。マーベル史上初の女性ヒーローをスクリーンXで目撃せよ!

映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金)より公開 マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学