Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【岩田剛典&杉咲花】映画の画像解禁!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

  • Writer :
  • かりごめあき

岩田剛典&杉咲花のダブル主演で贈る、この秋、最高のラブストーリー!

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開

この度、本作の全貌が覗ける、場面画像が一挙解禁されました!

スポンサーリンク

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の作品情報


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
有賀リエ『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社 )

【監督】
柴山健次

【キャスト】
岩田剛典、杉咲花、須賀健太、芦名星、マギー、大政絢、伊藤かずえ、小市慢太郎、財前直見

【作品概要】
有賀リエの人気漫画『パーフェクトワールド』を実写映画化。鮎川樹役に数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田剛典。

樹をひたむきに想い続けるヒロインのつぐみ役は、映画初主演となり、その存在感と演技力で注目を浴びている杉咲花。

主題歌は、本作のために書き下ろされたE-girlsの「Perfect World」。

岩田剛典&杉咲花のダブル主演『パーフェクトワールド 君といる奇跡』とは?


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

インテリアコーディネーターの川奈つぐみと、つぐみの高校の先輩であり、初恋の相手でもある一級建築士の鮎川樹(あゆかわいつき)の偶然の再会からはじまる本作。

爽やかな高校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いがよみがえるつぐみが目の当たりにしたのは、車イス生活により様々な壁が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿でした。

初恋の人との再会によって、つぐみの心に再び溢れてくる「好き」の気持ち。

原作は、「好き」だけでは乗り越えられない壁に直面しながらも、恋する気持ちを真っ直ぐに伝えて前に進もうとする主人公たちの姿に共感し、心を打たれる感動作として、今、女性を中心に支持を集めています。

鮎川樹役を演じるのは、数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田剛典

そして、樹をひたむきに想い続けるヒロインの川奈つぐみを演じるのは、映画初主演となり、その存在感と演技力で注目を浴びている杉咲花

この度、2018年の秋、最も身も心も恋焦がれる珠玉のラブストーリー『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の全貌が覗ける、場面写真が一挙解禁されました!

スポンサーリンク

劇中に登場する場面画像の解禁一覧はコレ!

つぐみの職場の先輩たちが噂するイケメンの一級建築士の鮎川樹って⁈


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

仕事の取引先と飲み会で久しぶりに再会した樹先輩⁈


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

夢を実現した樹先輩はやっぱりカッコイイ!


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

病院に入院してもなお、樹先輩がどうしても叶えたい夢のため…。


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

ずっと憧れだった樹先輩と一緒に仕事ができる喜び!


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

樹先輩と一緒に行きたかった2人だけのデート


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

つぐみが揺れる感情を思わず言い放ってしまった時、樹の心は…。


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

ある日、つぐみの父親は樹先輩に…。


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

初恋の先輩・樹と仕事の飲み会で再会し、再び恋が始まるつぐみの姿や、事故で車イス生活を強いられながらも真っ直ぐに明るく生きる樹が仕事にイキイキと向合う姿。

つぐみの視線の先にあるのは、いつも憧れの鮎川先輩の姿!

「好き」の気持ちが溢れていくことが手に取るように伝わってくる画像の数々です

様々な表情をみせるふたりは嬉しい・楽しい・大好きを共有したり、切ない・悔しいを共有したり、多くの時間と出来事を重ね合っていく物語の全貌が覗ける場面画像をご紹介しました。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』のあらすじ


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会します。

しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていました。

最初は戸惑うつぐみでしたが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせます。

「私は――先輩が好きなんだ、今でも」そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていきます。

一緒にいる幸せをみつけた2人でしたが、やがてある事件が起き…。

大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは…。

スポンサーリンク

まとめ

大人気漫画『パーフェクトワールド』を、岩田剛典、杉咲花のダブル主演で実写映画化

先輩のコトが大好き、と伝わってくる場面画像が一挙に解禁されました。

大切な人と“今”を一緒にいられる幸せ、この奇跡がある世界こそ、“パーフェクトワールド”であると気付かせてくれる本作は、デートにもお勧め

この秋、思いを寄せた人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリー。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開です!


関連記事

新作映画ニュース

実在の判事ルース・ギンズバークの若き日を描いた映画『ビリーブ 未来への大逆転』予告映像解禁!

フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』 フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』が2019年3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開されます。 公開に …

新作映画ニュース

映画『バーバラと心の巨人』あらすじ。アンダース・ウォルター監督作品のポスタービジュアル解禁

「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスが見出した感動のグラフィックノベルを、アカデミー賞監督のアンダース・ウォルターが映像化した映画『I KILL GIANTS』の日本公開が決定。 タイトル …

新作映画ニュース

映画『SLAM DUNK』公開は2022年秋!スラダン新作アニメの監督は原作者井上雄彦と決定

映画『SLAM DUNK』(タイトル未定)ティザームービーにて2022年秋公開を発表! さらにティザービジュアルとスタッフ情報も解禁。 バスケットボールを題材にした井上雄彦によるコミック『SLAM D …

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映! デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユ …

新作映画ニュース

映画『銃』公開記念プレゼント【武正晴監サイン入りプレスシート】を抽選で読者2名様へ

映画『銃』は、11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー! 第31回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞、そして東京ジェムストーン賞を村上虹郎が受賞した映画『銃』。 作品の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学