Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ジュディ・デンチ映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』公開日情報。予告編とビジュアル解禁

  • Writer :
  • かりごめあき


©2017 FOCUS FEATURES LLC.

ヴィクトリア女王と英領インドからイギリスへとやってきた若者アブドゥルとの交流を、壮観の映像美でユーモラスに綴る、愛すべき珠玉の人間ドラマ!

ジュディ・デンチ主演映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』は2019年1月25日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開です。

アカデミー賞にノミネートされた衣装やヘアメイクに注目の予告編とビジュアルが解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』とは

1887年、ヴィクトリア女王即位50周年記念式典にて、記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってきます。

最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリアでしたが、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくるアブドゥルに次第に心を許していきました。

身分も年齢をも超えた強い絆で結ばれていく二人でしたが、周囲はそんな“君主と従者”の関係に猛反対し、英国王室を揺るがす大騒動へと発展してしまいます。

息子エドワード7世により、歴史から消された驚きの“真実”を映画化した本作。

一世紀もの時を経て、女王の晩年を輝かせた感動の秘密が明かされます。

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』の予告編

本作は、スティーヴン・フリアーズ監督を筆頭に、脚本リー・ホール(『リトル・ダンサー』)、撮影ダニー・コーエン(『英国王のスピーチ』)らが集結し制作されました。

予告映像では英国最高峰のスタッフによって紡がれる、贅をつくした映像を垣間見ることができます。

アカデミー賞にもノミネートされた華やかな衣装や、数百人ものエキストラが登場する壮観の王宮儀式。

ヴィクトリアが生きた当時の生活が息を呑むほどのスケールで映し出されています。

スポンサーリンク

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』のビジュアル


©2017 FOCUS FEATURES LLC.

女王を演じるのは、名優ジュディ・デンチ。

ヴィクトリア役は『Queen Victoria 至上の恋』に続き、20年ぶり2度目となり、63年にわたり君臨した女王の威厳や繊細さを魅力的に熱演しています。

アブドゥル役には『きっと、うまくいく』で印象深い演技をみせたインドの若手実力派アリ・ファザルが抜擢されました。

ヴィクトリア女王と従者アブドゥルが見つめ合い歩んでいるヴィジュアルは、優しい絆を感じさせ、二人の役者の息の合った掛け合いを期待させます。

そして「心をひらいた。人生が愛おしくなった—」というコピーからは、頑なな女王が生きる歓びを見出していくことを予感させます。

一方、ふたりの関係性を訝しがる王室職員の姿なども映し出され、一筋縄ではいかない物語を想像させます。

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』の作品情報

【公開】
2018年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Victoria&Abdul

【監督】
スティーヴン・フリアーズ

【脚本】
リー・ホール

【音楽】
トーマス・ニューマン

【撮影】
ダニエル・コーエン

【キャスト】
ジュディ・デンチ、アリ・ファザル、エディ・イザード、アディール・アクタル、マイケル・ガンボン

【作品概要】
主演は、「007」シリーズや『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2012)で知られるイギリスが誇る名優ジュディ・デンチ。『Queen Victoria 至上の恋』(1997)以来、2度目のヴィクトリア女王役を熱演。

2017年、第90回アカデミー賞衣装デザイン賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル/コメディー部門)ノミネート、第24回全米映画俳優組合賞主演女優賞ノミネート作品。

スポンサーリンク

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』のあらすじ

1887年、ヴィクトリア女王の在位50周年記念式典。

記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってきます。

最愛の夫と従僕を亡くし、心を閉ざし生きてきたヴィクトリア。

孤独で気難しい彼女が心を許したのは、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくる名もなき使者、アブドゥルでした。

はじめて触れる異国の文化…新しい世界に人生が輝き、身分も年齢をも超えた絆が芽生えていきます。

しかし、周囲はそんなふたりを引き離そうと大反対。英国王室を揺るがす騒動へと発展してしまい…。

まとめ

最愛の夫と従僕を亡くし、孤独を感じていたヴィクトリア女王の前に現れたのは、英領インドからイギリスへとやってきた青年アブドゥル。

解禁された予告編には「ずっと独りぼっち。生きてる意味がある?」と弱気な胸の内を明かすヴィクトリアに対し「人のために尽くすのです」と優しく語りかけるアブドゥルの姿が収められています。

イギリスの名優ジュディ・デンチと、インドの若手実力派俳優アリ・ファザルが魅せる、身分の差を超え結ばれていく絆に、誰もが心惹かれるはずです。

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』は、2019年1月25日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ミッドナイトスワン』キャストの服部樹咲(みさき)は草彅剛と同居する少女・一果役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年9月25日より公開予定の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介。 主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。 (C)202 …

新作映画ニュース

パヴェウ・パヴリコフスキがモノクロで男女の愛を描く。映画『COLD WAR あの歌、2つの心』予告映像とポスタービジュアル解禁

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』2019年6月28日(金)ロードショー 第91回アカデミー賞では監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門にノミネートされ、オスカー最有力との呼び声高いパヴェウ・パ …

新作映画ニュース

ミッション:インポッシブル/フォールアウト|映画公開直前!4DX360°動画解禁

トム・クルーズ主演、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、いよいよ8月3日(金)公開!! 4DX版公開記念「無人4DX 360°動画」が到着しました!! “4DXエクストリーム版”で楽 …

新作映画ニュース

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在のパントマイムの神様マルセル・マルソーをジェシー・アイゼンバーグが熱演

命を繋ぐこと―それが真のレジスタンス。 “パントマイムの神様”マルセル・マルソーは、若かりし頃、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていました。 …

新作映画ニュース

時代を動かした感動の実話を映画化!『ビリーブ 未来への大逆転』強い信頼関係が現れる劇中ショット解禁

『博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズ主演 映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、3月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー! 男女差別が色濃く残る1970年代のアメ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学