Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/28
Update

映画祭『夏のホラー秘宝まつり2021』開催日/上映作品情報。『ファニーゲーム』や名作などラインナップ発表

  • Writer :
  • 大塚まき

観客参加型 ホラー映画祭、今年は4都市同時開催!!

今年で8年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました。

2021年夏、8回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり 2021』が開催します。

2021年のラインナップの中核を担う旧作ホラー34作品が一挙解禁となります。

上映全8作品だった昨年から4倍超にパワーアップ、おびただしい数の傑作がこの夏スクリーンに押し寄せます。(※新作は後日別途解禁です)

例年も開催したキネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)はもちろん、東京はアップリンク吉祥寺との2館同時開催

さらに、アップリンク京都での上映も決まり、映画祭史上初となる4都市同時開催を実施します。

ポスタービジュアルは、本映画祭にて日本初上映を果たし4Kレストア版で上映される『ビヨンド』の場面写真をベースに、美女の怪しく澱んだ瞳がクローズアップされ、見る者を否応なしに地獄へと惹きつける、衝撃のポスタービジュアルに完成しました。

イタリアン・ホラーの名監督、ルチオ・フルチとマリオ・バーヴァの特集上映や、20年ぶりのリバイバル上映となるミヒャエル・ハネケ監督の『ファニーゲーム』など、今年の目玉となるラインナップも露わになります。

スポンサーリンク

ホラー秘宝について


ホラー秘宝は、ホラー映画の人気レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。

2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「ホラー秘宝まつり」の開催がスタートし、多くのホラーファンから観客参加型のホラー映画祭として応援していただき、毎年動員が増え続けています。

夏のホラー秘宝まつり2021開催概要


【期間】
東京
キネカ大森:2021年8月6日(金)~9月2日(木)
アップリンク吉祥寺:2021年8月13日(金)~9月9日(木)

京都
アップリンク京都:2021年8月6日(金)~8月26日(木)

【料金】
一般1500円※各劇場のサービス適用

【映画館別上映作品】
キネカ大森
『地獄の門 《4Kレストア版》』『墓地裏の家《4Kレストア版》』『マンハッタン・ベイビー』『サンゲリア2』『ルチオ・フルチのクロック』『ルチオ・フルチのホラー・ハウス』『ルチオ・フルチの新デモンズ』
『フルチ・フォー・フェイク』『白い肌に狂う鞭』『処刑男爵』『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』
『ラビッド・ドッグス』『新エクソシスト 死肉のダンス』『ファニーゲーム』『ショッカー』『悪魔のサンタクロース 惨殺の斧』『悪魔のサンタクロース2』『チェンジリング』『VAMP』
 
アップリンク吉祥寺
『ビヨンド 《4Kレストア版》』『女の秘めごと』『ルチオ・フルチのザ・サイキック』『ルチオ・フルチのマーダロック』『イノセント・ドール虜』『怒霊界エニグマ』『フルチトークス』『モデル連続殺人!』『知りすぎた少女』『クレイジー・キラー 悪魔の焼却炉』『ファイブ・バンボーレ』『四匹の蠅』『悪魔の受胎』『宇宙からのツタンカーメン』『エンボク』

※上記のように、2021年、東京は映画祭史上初めての試みとして2会場で開催します。

※※詳しくは、夏のホラー秘宝まつり2021公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

ルチオ・フルチ特集上映からおすすめをピックアップ!

強烈な人体破壊描写と全編に流れる耳障りなノイズ…“マスター・オブ・ゴア”と称され、ジョージ・A・ロメロと双肩を成すゾンビ映画監督のルチオ・フルチ。

本映画祭では、日本初紹介作品を含む彼の名作・傑作選(13本)を上映します。

映画『ビヨンド 《4Kレストア版上映》』の作品情報

【製作】
1981年(イタリア映画)

【監督】
ルチオ・フルチ

【キャスト】
カトリオーナ・マッコール、デヴィッド・ウォーベック、サラ・ケラー、ヴェロニカ・ラザール

【作品概要】
古びたホテルの地下に隠されていた冥界と現世を繋ぐ扉をめぐり、無気味で凄惨な事件が巻き起こるスプラッターホラー。ルチオ・フルチが得意とする“地獄門の決壊”テーマの一本です。

【あらすじ】
ルイジアナにある屋敷を相続したライザは建物の修繕に取りかかるが、現場では凄惨な事故や奇妙な出来事が続発。

怯えるライザに対して盲目の美女エミリーは屋敷を手放すよう警告します。

かつてこの屋敷で地獄の門を開けようとした画家が住民たちのリンチを受けており、その画家が怨念となり再び現れ…。

映画『地獄の門 《4Kレストア版上映》』の作品情報

【製作】
1980年(イタリア映画)

【監督】
ルチオ・フルチ

【キャスト】
クリストファー・ジョージ、カトリオーナ・マッコール、カルロ・デ・メイヨ

【作品概要】
神父の自殺という背徳行為により、地獄の門が開いた町で繰り広げられる凄惨な光景を描くゾンビホラー。

【あらすじ】
ニューヨークで降霊会に参加していた霊能者のメアリーは、ダンウィッチの墓地で自殺する神父・トーマスの姿を霊視します。

その神父の目的とは、冒涜行為により地獄の門を開くことでした。

ショック死し葬られたメアリーは棺の中で蘇生します。新聞記者のピーターに救出されたメアリーは地獄の門を閉じるべくダンウィッチへ赴くが、そこは既に死霊の町と化していて…。

映画『墓地裏の家 《4Kレストア版上映》』の作品情報

【製作】
1981年(イタリア映画)

【監督】
ルチオ・フルチ

【キャスト】
カトリオーナ・マッコール、パオロ・マルコ、アニア・ピエローニ、ジョヴァンニ・フレッツァ

【作品概要】
『サンゲリア』など血まみれ3部作に並ぶルチオ・フルチの残酷ホラーの代表作であり、残酷シーンのオンパレードの名作ホラー。

【あらすじ】
ニューイングランドの古い一軒家に引っ越してきた歴史学者ノーマンとその家族。

周囲を荒れ果てた墓地に囲まれ異様な邪気を放つその屋敷は、かつてフロストステイン博士が屋敷を訪れたものを次々と手にかけ人体実験を行っていた場所でした。

屋敷に秘められたおぞましい真実が明らかとなり、惨殺事件が連続して巻き起こり…。

マリオ・バーヴァ特集からおすすめをピックアップ!

ティム・バートン、クエンティン・タランティーノ、マーティン・スコセッシ、デヴィッド・リンチ、ギレルモ・デル・トロら、ハリウッド映画界を牽引する名監督たちに影響を与えたイタリアン・ホラー映画の父マリオ・バーヴァ。

本映画祭は、日本初紹介作品を含む彼の名作を総力特集します。

映画『知りすぎた少女』の作品情報


【製作】
1963年(イタリア映画)

【監督】
マリオ・バーヴァ

【キャスト】
レティシア・ロマン、ジョン・サクソン、ヴァレンティナ・コルテーゼ

【作品概要】
ダリオ・アルジェント監督『サスペリア』に代表されるイタリアのスリラー映画のジャンル“ジャッロ”映画の原点と言われるミステリー。

【あらすじ】
20歳のノーラは飛行機で偶然隣り合わせた男からタバコをもらいます。だが、男は空港に着くや否や、麻薬所持の容疑で逮捕され。そしてノーラの周りでは知り合いが死に、強盗に遭い、人が殺されるのを目撃し…。彼女はすべてが幻覚ではないかと疑い始めます。

映画『白い肌に狂う鞭』の作品情報

【製作】
1963年(イタリア映画)

【監督】
マリオ・バーヴァ

【キャスト】
ダリア・ラヴィ、クリストファー・リー、トニー・ケンダル、イズリ・オベロン

【作品概要】
名優クリストファー・リーを主演に迎えたマリオ・バーヴァの代表作。

美しい映像の中でサドマゾの猟奇を描いた傑作ホラー。本作でマリオ・バーヴァはカラー作品のホラー映画でも大きな評価を得ます。

【あらすじ】
殺されたはずの夫の兄・クルトが毎晩現れ、若く美しい妻ネベンカの肌に鞭を振るいます。

ネベンカは酷い悪夢だと周囲に悩みを打ち明けるが、彼女の肌には不思議と打たれた跡が残っていました。

クルトはまだ生きているのだろうか。一族はさらなる悲劇に見舞われ…。

映画『新エクソシスト 死肉のダンス』の作品情報


【製作】
1975年(イタリア映画)

【監督】
マリオ・バーヴァ

【キャスト】
エルケ・ソマー、テリー・サヴァラス

【作品概要】
カンヌ映画祭で大きな評価を得つつも配給先がなくお蔵入りになった傑作『リサと悪魔』に悪魔憑きシーンを追加撮影し、再編集した作品。『エクソシスト』の世界的ヒットにあやかり、ヒットを記録しました。

日本でもテレビ放送され、マニアックなファンを持つ作品。

監督のマリオ・バーヴァは、本作ではミッキー・ライオン名義になっています。

スポンサーリンク

ミヒャエル・ハネケ監督作品

『白いリボン』(2009)、『愛、アムール』(2012)とカンヌ国際映画祭で2度パルム・ドールを獲得したミヒャエル・ハネケ監督を、初めて同映画祭コンペ部門に招いた『ファニーゲーム』が20年の時を超えてスクリーンに登場します。

映画『ファニーゲーム』の作品情報


【製作】
1997年(オーストリア映画)

【監督・脚本】
ミヒャエル・ハネケ

【キャスト】
スザンヌ・ロタール、ウルリッヒ・ミューエ、アルノ・フリッシュ、フランク・ギーリング

【作品概要】
2001年のカンヌ映画祭でグランプリを獲得したミヒャエル・ハネケ監督の97年の作品。

そのあまりにも挑発的で暴力的な内容に世界各地で物議を醸した衝撃の問題作です。

【あらすじ】
穏やかな夏の午後、バカンスのため別荘へやってきたショーバー一家。

そこにペーターと名乗る見知らぬ若者がやって来ます。

はじめは礼儀正しいペーターだったが、仲間のパウルが現れる頃には態度が豹変。やがて2人は皆殺しを宣言し、一家は彼らによる“ファニーゲーム”の参加者にされてしまい…。

ノーマン・J・ウォーレン監督作品

2021年3月11日に惜しくも亡くなったノーマン・J・ウォーレン監督の代表作、アメリカの保護者達をざわつかせたスプラッター作品など、粒選りのショッキングな逸品ホラーがこの夏を彩ります。

映画『悪魔の受胎』の作品情報


【製作】
1979年(イギリス映画)

【監督】
ノーマン・J・ウォーレン

【キャスト】
ジュディ・ギーソン、ロビン・クラーク、ジェニファー・アシュレイ

【あらすじ】
地球から遠く離れ、かつて文明が存在していた惑星を探索している調査隊。

そんな中、基地内で爆発事故が起こり男性隊員は発狂。脱走した隊員を追い洞窟に入ったサンディは生き残りの異星人に遭遇し、酸素ボンベを破壊され気絶してしまいます。

やがて目を覚ますと、見知らぬ場所の分晩台に全裸で拘束されていたサンディ。

異星人によって股間にパイプを挿入され、緑色の液体と卵を流し込まれたところで目を覚ます。

それまでの出来事を夢かと思い込むが、実は異星人の子を宿していて…。

ジャパニーズホラー作品

ジャパニーズホラーは令和も健在! 話題作をアンコール上映します。

映画『VAMP』の作品情報


【製作】
2019年(日本映画)

【監督】
小中和哉

【キャスト】
中丸シオン、高橋真悠、田中真琴、北岡龍貴、木之元亮、石田信之、大浦龍宇一、堀内正美

【作品概要】
ロシア、中国など海外作品でも活躍する中丸シオンが主演を務めるダークファンタジー。中丸と共演の高橋真悠は本作で初めてヌードを披露、激しいラブシーンに体当たりで挑戦! 脚本を「邪願霊」「ほんとにあった怖い話」などで知られるJホラーの名手・小中千昭が、監督を「平成ウルトラマンシリーズ」など特撮作品で活躍する小中和哉が務め、小中兄弟の個性が融合したエロティック&リリカルな物語が展開します。

【あらすじ】
父親から虐待を受け続け、生きる希望を失った女子高生・美以那の前に、謎の美女・苓が現れます。

自らを“ヘマトフィリア(血液耽溺者)”と呼び、生きるに値しない男たちを殺し、血をすする苓が、傷ついた美以那を導いていきます。

そんな二人の前に美しきヴァンパイアの影が忍び寄り…。

まとめ

2021年も選りすぐりのラインナップで夏を彩ります!

イタリアン・ホラー、さらにはジャッロ映画の名手としても知られるルチオ・フルチの監督作『ビヨンド』『地獄の門』『墓地裏の家』を4Kレストア版で上映、日本初上映を含む13本を揃え、総力特集します。

また、昨年大好評を博したマリオ・バーヴァ監督の特集上映を、新たにセレクトした9本で再びフォーカス

さらに20年ぶりのリバイバル上映となるミヒャエル・ハネケ監督の『ファニーゲーム』など、問題作として知られるエッジの効いたタイトルが目白押し! 

なお、プレミア上映となる新作については後日、別途解禁予定です。

続報にご期待ください。




関連記事

新作映画ニュース

「スター・トレック」ファン限定!映画『500ページの夢の束』 試写会レポート

ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー! 本作の主人公は、『スター・トレック』が大好きで、その知識は誰にも負けないウェンディ。 本作 …

新作映画ニュース

映画監督タル・ベーラの『サタンタンゴ』あらすじ。伝説の7時間18分が4Kデジタル・レストア版で初劇場公開!

映画『サタンタンゴ』は、2019年9月より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー! 2011年公開の映画『ニーチェの馬』を最後に、56歳という若さで映画監 …

新作映画ニュース

韓国映画『ブリング・ミー・ホーム』あらすじ。キャストのイ・ヨンエ14年ぶりのスクリーン復帰作!

『親切なクムジャさん』のイ・ヨンエが14年ぶりにスクリーン復帰。 このたび、『親切なクムジャさん』(パク・チャヌク監督/2005)以来、14年ぶりのスクリーン復帰を果たしたイ・ヨンエの主演作『ブリング …

新作映画ニュース

イーサンホークおすすめ映画『ストックホルム・ケース』予告動画/上映館。ボブディランの名曲がストーリーを加速させる!

世界が驚愕した銀行強盗事件の結末とは? ボブ・ディランの名曲と共にスリリングに描きだす予告編解禁。 イーサン・ホーク×『ブルーに生まれついて』ロバート・バドロー監督との再タッグで話題となっている『スト …

新作映画ニュース

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』関口賢太役は東出昌大!演技力の評価とプロフィール

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は2021年11月5日に劇場公開及びNetflixにて全世界同時配信予定。 燃え殻による恋愛小説を原作とした『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、2021 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学