Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/14
Update

映画『探偵なふたり:リターンズ』クォン・サンウからメッセージ&キャラ映像解禁!前作の紹介も

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『探偵なふたり:リターンズ』が2019年3月16日(土)公開

2015年に製作され、探偵志望のシャーロックホームズオタクとハミ出しベテラン刑事のコンビが活躍し、韓国と日本でスマッシュヒットした映画『探偵なふたり』


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

主演を務めたクォン・サンウと相棒役ソン・ドンイルの絶妙な掛け合いと、クォン・サンウがみせた新しい魅力が話題を呼びました。

その続編である第2弾『探偵なふたり:リターンズ』が2019年3月16日(土)よりシネマート新宿他にて公開決定!

また、主演クォン・サンウよりバレンタインメッセージと、全員キャラ濃いめのキャラクター映像到着しました。

スポンサーリンク

クォン・サンウのメッセージ動画とキャラクター映像

2019年3月16日の日本公開を前に、さわやかな笑顔で「こんにちは!クォン・サンウです。ハッピーバレンタイン!素敵な一日をお過ごしください」というメッセージ動画を寄せたクォン・サンウ。

この真っすぐな瞳と笑顔で言われてしまったら、映画『探偵なふたり:リターンズ』を応援する気持ちが強まりますね。

続くキャラクター分析映像では、念願の探偵事務所をオープンさせたデマン(クォン・サンウ)がサングラスにトレンチコート姿で意気揚々と事件に臨みます。

しかし殺人現場ではヘタレぶりも見せるなど、ユーモアあふれるデマンを好演し新境地を見せています。

キランという効果音と共にキメ顔・決めポーズを繰り出す姿に笑いがこぼれてしまいます。

そのデマンとタッグを組む、刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)はパワハラぎみな貫禄あふれる行動と、家庭でのダメパパぶりのギャップ

さらに元サイバー捜査隊の優秀なスキルを見せながらも、オタクな風貌とビビりな様子が憎めないヨチ(イ・グァンス)。

常に疲労している彼の言動全てがおかしくてたまりません。

三者三様の濃いキャラクターを持つこの“探偵”たちがどう難事件を解決するのか、期待が高まります。

数々の韓国映画やドラマ界を支える芸達者な俳優三人の化学反応にも注目です。

前作『探偵なふたり』とは

参考映像:『探偵なふたり』(2016)

クォン・サンウ扮する恐妻家の推理オタクが仲の悪い刑事とともに事件を捜査していく、バディものの推理ミステリー。

“恐妻家”という共通点しかない、全くキャラの違う2人が、絶妙な掛け合いを繰り出します。

子供のおむつを替えながら難事件を推理する姿や、いがみ合いながらも絶妙なやり取りをするふたりの関係は愛さずにいられません。

韓国では500万人以上を動員するスマッシュヒット作となりました。

監督は『くだらないロマンス』(2010)『起爆』(2013)のキム・ジョンフンが務めました。

前作『探偵なふたり』あらすじ

本業の漫画喫茶店長の仕事をさぼって警察署に顔を出し、捜査に干渉することを趣味としている推理オタクのカン・デマン(クォン・サンウ)。

かつては「広域捜査隊の人喰いザメ」と恐れられていましたが、現在では左遷されて一介の刑事として警察業務をこなすノ・テス(ソン・ドンイル)。

ある日、デマンの友人である刑事が殺人容疑で逮捕されました。

この事件に隠された陰謀を感じ取ったデマンとテスは、犬猿の仲ながらも協力して捜査を進めていきますが、捜査中にさらなる殺人事件が発生してしまい…。

スポンサーリンク

映画『探偵なふたり:リターンズ』作品情報


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
The Accidental Detective 2: In Action

【監督】
イ・オンヒ

【キャスト】
クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス

【作品概要】
クォン・サンウ扮する推理オタクが犬猿の仲の刑事とともに事件を捜査していく、バディものの推理ミステリー「探偵なふたり」のシリーズ第2弾。

主人公に探偵コンビは前作から続投となるクォン・サンウとソン・ドンイル。

新キャラクターとなる元サイバー捜査隊ヨチ役を『フィッシュマンの涙』(2016)のイ・グァンスが演じます。

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじ


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

未解決事件を解決する推理コンビ、マンガ喫茶店長のカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)が、ついに韓国最初の探偵事務所をオープン。

しかし、夢と現実は別!

なかなか依頼主も現れず、生活費まで圧迫されるようになり警察署にまで密かに営業をかける始末。

その努力が実り、ついに待ちに待った最初の依頼人が現れます。

なんと成功報酬は5千万ウォン!

自信満々に仕事を引き受けましたが、事件は想像を絶する展開に発展します。


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

次々に不審な事故死を遂げる容疑者たち、そして残された謎のメッセージ“ドクサ”。

一体真犯人は誰なのか?

デマンとテスにも最大の危機が!

この難事件、またまた俺たちの出番だな!

スポンサーリンク

まとめ


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

2015年に製作されスマッシュヒットした映画『探偵なふたり』。

その続編である本作『探偵なふたり:リターンズ』がついに日本公開です。

公開を前に、主演クォン・サンウより日本の観客にむけたバレンタインメッセージ映像と、本作のキャラクター映像が到着し、期待は高まるばかりです。

クォン・サンウ演じるシャーロック・ホームズを夢見る推理オタクだったカン・デマンと、ソン・ドンイル演じる広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テスがタついに念願の探偵事務所をオープン!

イ・グァンス演じる元サイバー捜査隊のヨチが新たな助っ人として加わり、不審死事件をめぐる究極の推理バトルに挑みます。

映画『探偵なふたり:リターンズ』は2019年3月16日(土)よりシネマート新宿他にてロードショーです!


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。広木健太は会社の同僚・倉木宗介役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

TAKAHIROが映画でちょんまげ姿を初披露!『3人の信長』特報予告とポスタービジュアル紹介

ホンモノ、だ~れだっ! Ⓒ2019「3人の信長」製作委員会 数々の映画・ドラマの題材となった“織田信長”の新たな姿を描いた前代未聞の時代劇エンターテインメント『3人の信長』が9月20日(金)より全国公 …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント限定20名『世界が愛した料理人』三ツ星シェフのバスク料理を満喫【エネコ東京9/19】

スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリー。 映画『世界が愛し …

新作映画ニュース

インド映画『プレーム兄貴、王になる』あらすじ。キャストのサルマンカーンが踊るマサラムービー!

これぞ王道インド映画。 歌って!踊って!気分スッキリのハートウォーミング・マサラムービー。 2019年、日本でもスマッシュヒットを記録した『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のサルマン・カーン主演作 …

新作映画ニュース

韓国映画『ザ・ネゴシエーション』あらすじとキャスト。日本公開日とポスタービジュアルが解禁!

タイムリミットは14時間。 韓国2大スターによる心理戦の火蓋が切られる! 日本でも高い人気を誇る実力派俳優ヒョンビンが、初の悪役に挑戦し韓国で話題となった注目の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学