Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/14
Update

映画『探偵なふたり:リターンズ』クォン・サンウからメッセージ&キャラ映像解禁!前作の紹介も

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『探偵なふたり:リターンズ』が2019年3月16日(土)公開

2015年に製作され、探偵志望のシャーロックホームズオタクとハミ出しベテラン刑事のコンビが活躍し、韓国と日本でスマッシュヒットした映画『探偵なふたり』


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

主演を務めたクォン・サンウと相棒役ソン・ドンイルの絶妙な掛け合いと、クォン・サンウがみせた新しい魅力が話題を呼びました。

その続編である第2弾『探偵なふたり:リターンズ』が2019年3月16日(土)よりシネマート新宿他にて公開決定!

また、主演クォン・サンウよりバレンタインメッセージと、全員キャラ濃いめのキャラクター映像到着しました。

スポンサーリンク

クォン・サンウのメッセージ動画とキャラクター映像

2019年3月16日の日本公開を前に、さわやかな笑顔で「こんにちは!クォン・サンウです。ハッピーバレンタイン!素敵な一日をお過ごしください」というメッセージ動画を寄せたクォン・サンウ。

この真っすぐな瞳と笑顔で言われてしまったら、映画『探偵なふたり:リターンズ』を応援する気持ちが強まりますね。

続くキャラクター分析映像では、念願の探偵事務所をオープンさせたデマン(クォン・サンウ)がサングラスにトレンチコート姿で意気揚々と事件に臨みます。

しかし殺人現場ではヘタレぶりも見せるなど、ユーモアあふれるデマンを好演し新境地を見せています。

キランという効果音と共にキメ顔・決めポーズを繰り出す姿に笑いがこぼれてしまいます。

そのデマンとタッグを組む、刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)はパワハラぎみな貫禄あふれる行動と、家庭でのダメパパぶりのギャップ

さらに元サイバー捜査隊の優秀なスキルを見せながらも、オタクな風貌とビビりな様子が憎めないヨチ(イ・グァンス)。

常に疲労している彼の言動全てがおかしくてたまりません。

三者三様の濃いキャラクターを持つこの“探偵”たちがどう難事件を解決するのか、期待が高まります。

数々の韓国映画やドラマ界を支える芸達者な俳優三人の化学反応にも注目です。

前作『探偵なふたり』とは

参考映像:『探偵なふたり』(2016)

クォン・サンウ扮する恐妻家の推理オタクが仲の悪い刑事とともに事件を捜査していく、バディものの推理ミステリー。

“恐妻家”という共通点しかない、全くキャラの違う2人が、絶妙な掛け合いを繰り出します。

子供のおむつを替えながら難事件を推理する姿や、いがみ合いながらも絶妙なやり取りをするふたりの関係は愛さずにいられません。

韓国では500万人以上を動員するスマッシュヒット作となりました。

監督は『くだらないロマンス』(2010)『起爆』(2013)のキム・ジョンフンが務めました。

前作『探偵なふたり』あらすじ

本業の漫画喫茶店長の仕事をさぼって警察署に顔を出し、捜査に干渉することを趣味としている推理オタクのカン・デマン(クォン・サンウ)。

かつては「広域捜査隊の人喰いザメ」と恐れられていましたが、現在では左遷されて一介の刑事として警察業務をこなすノ・テス(ソン・ドンイル)。

ある日、デマンの友人である刑事が殺人容疑で逮捕されました。

この事件に隠された陰謀を感じ取ったデマンとテスは、犬猿の仲ながらも協力して捜査を進めていきますが、捜査中にさらなる殺人事件が発生してしまい…。

スポンサーリンク

映画『探偵なふたり:リターンズ』作品情報


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
The Accidental Detective 2: In Action

【監督】
イ・オンヒ

【キャスト】
クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス

【作品概要】
クォン・サンウ扮する推理オタクが犬猿の仲の刑事とともに事件を捜査していく、バディものの推理ミステリー「探偵なふたり」のシリーズ第2弾。

主人公に探偵コンビは前作から続投となるクォン・サンウとソン・ドンイル。

新キャラクターとなる元サイバー捜査隊ヨチ役を『フィッシュマンの涙』(2016)のイ・グァンスが演じます。

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじ


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

未解決事件を解決する推理コンビ、マンガ喫茶店長のカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)が、ついに韓国最初の探偵事務所をオープン。

しかし、夢と現実は別!

なかなか依頼主も現れず、生活費まで圧迫されるようになり警察署にまで密かに営業をかける始末。

その努力が実り、ついに待ちに待った最初の依頼人が現れます。

なんと成功報酬は5千万ウォン!

自信満々に仕事を引き受けましたが、事件は想像を絶する展開に発展します。


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

次々に不審な事故死を遂げる容疑者たち、そして残された謎のメッセージ“ドクサ”。

一体真犯人は誰なのか?

デマンとテスにも最大の危機が!

この難事件、またまた俺たちの出番だな!

スポンサーリンク

まとめ


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

2015年に製作されスマッシュヒットした映画『探偵なふたり』。

その続編である本作『探偵なふたり:リターンズ』がついに日本公開です。

公開を前に、主演クォン・サンウより日本の観客にむけたバレンタインメッセージ映像と、本作のキャラクター映像が到着し、期待は高まるばかりです。

クォン・サンウ演じるシャーロック・ホームズを夢見る推理オタクだったカン・デマンと、ソン・ドンイル演じる広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テスがタついに念願の探偵事務所をオープン!

イ・グァンス演じる元サイバー捜査隊のヨチが新たな助っ人として加わり、不審死事件をめぐる究極の推理バトルに挑みます。

映画『探偵なふたり:リターンズ』は2019年3月16日(土)よりシネマート新宿他にてロードショーです!


ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/10より公開】

今週8月10日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』あらすじ。キャストのシャーリズ・セロンが美貌封印した予告編と画像解禁

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー! 『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、『アトミック・ブロンド』のシャーリズ・セ …

新作映画ニュース

スパイダーマン:スパイダーバース|映画シリーズ初の快挙!オスカー前哨戦へ本格始動

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー! アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を …

新作映画ニュース

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』あらすじと完成披露試写会。sumikaも登壇予定⁈

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の完成披露試写会に出演者が決定しました。 人気上昇中の4人組バンド「sumika」がリリースした『Fiction e.p』は、オリコン週間シングルランキングで第3位を記 …

新作映画ニュース

『放課後ソーダ日和』動画配信。『少女邂逅』のアナザーストーリー作品情報

6月30日より新宿武蔵野館、イオンシネマ高崎ほか全国順次公開されている、枝優花監督の初長編映画『少女邂逅』。 連日満席を記録した、映画×音楽の祭典「MOOSIC LAB 2017」にて観客賞を受賞! …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP