Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/04/04
Update

ホン・サンス最新作『イントロダクション』『あなたの顔の前に』あらすじとキャスト。劇場公開情報をポスタービジュアルと共に解禁!

  • Writer :
  • 大塚まき

韓国映画界の名匠ホン・サンス監督最新作2本同時公開

ベルリン国際映画祭3年連続 銀熊賞受賞の快挙を成し遂げた韓国映画界の名匠ホン・サンス監督最新作。


(C)2020. Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

名匠ホン・サンス監督最新作『イントロダクション』『あなたの顔の前に』が、2022年6月24(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開されます。

この度、ポスタービジュアルも解禁となります。

スポンサーリンク

映画『イントロダクション』について

ポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』(19)やNetflixドラマシリーズ「イカゲーム」(21)など、世界的大ヒット作を世に送り出している韓国の映像業界で、独自のスタイルで揺るぎない国際的評価を築き上げてきた名匠ホン・サンス監督

コロナ禍で撮影された長編第25作目にして、2021年の第71回ベルリン国際映画祭で前年に続き銀熊賞(脚本賞)に輝いた『イントロダクション』は、モラトリアムな時期をさまよう青年を主人公に、前作『逃げた女』の変奏ヴァージョンとも楽しめるモノクロームの青春映画です。

主人公ヨンホに、『逃げた女』で奇妙なインパクトを放ち、本作の繊細な演技で初主演を飾ったシン・ソクホ

その他、『お嬢さん』(16)のキム・ミニをはじめ、ソ・ヨンファ、キ・ジュボン、チョ・ユニほかホン監督作品の常連キャストが顔を揃えました。

紹介、入門、導入、序文など、そこに込められた全ての意味を内包したと監督が語るタイトル『イントロダクション』、そして観る者の想像力を豊かに押し広げる語りを通して、ままならない人生の中でもがく、未熟な若さゆえの痛みと愛おしさを、モノクロームで詩情豊かに紡いだ青年ヨンホをめぐる三つの物語。

映画『イントロダクション』の作品情報


(C)2020. Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
Introduction

【監督・脚本・音楽】
ホン・サンス

【キャスト】
シン・ソクホ、パク・ミソ、キム・ヨンホ、イェ・ジウォン、ソ・ヨンファ、キム・ミニ、チョ・ユニ、ハ・ソングク

スポンサーリンク

映画『イントロダクション』のあらすじ

将来の進路も定まらず、まだ何者にもなれないナイーブな青年ヨンホ。

韓国とベルリンを舞台に、折り合いの悪い父、夢を追って海外に旅立ってしまった恋人ジュウォン、息子の進路が気がかりな母との再会と三つの“抱擁”を通して、一人の若者の人生が紐解かれていきます。

誰もが経験する青年期の迷いや喪失、孤独を抱え、恋に夢に破れながらも、やがて心安らぐ温もりに満ちた瞬間が訪れ…。

映画『あなたの顔の前に』について


(C)2021 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

2022年ベルリン国際映画祭で長編27作目『The Novelist’s Film』で銀熊賞(審査員大賞)を受賞、3年連続銀熊賞受賞の快挙を果たしたホン・サンス監督が、『イントロダクション』と同じく2021年に発表した長編26作目『あなたの顔の前に』。

カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに出品され、中年女性が主役となる本作は、公私にわたるパートナーのキム・ミニがプロダクション・マネージャーを務めたことで話題を集めた注目作です。

本作でホン・サンス作品に初登場にして主演を飾ったのは、韓国歴代の名監督とタッグを組んできた大女優イ・ヘヨン

観る者の心を揺さぶる圧巻のパフォーマンスでミステリアスかつ複雑な主人公を体現し、2022年国際シネフィル協会賞主演女優賞を受賞。『The Novelist’s Film』でも主演を務めています。

生々しくスリリングな会話を捉えた約12分間にわたる長回しショット、劇中の“告白”によって明かされるタイトルの意味に心揺さぶられながら、複雑で豊かな感情揺らめくサンオクの心の旅に、ホン・サンス監督の新境地がうかがえる珠玉のドラマが誕生しました。

スポンサーリンク

映画『あなたの顔の前に』の作品情報


(C)2021 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
In Front of Your Face

【監督・脚本・音楽】
ホン・サンス

【キャスト】
イ・ヘヨン、チョ・ユニ、クォン・ヘヒョ、シン・ソクホ、キム・セビョク、ハ・ソングク、ソ・ヨンファ、イ・ユンミ、カン・イソ、キム・シハ

映画『あなたの顔の前に』のあらすじ

長いアメリカ暮らしから突然、妹ジョンオクの元を訪ねて韓国へ帰国した元女優のサンオク。

母親が亡くなって以来、久しぶりに家族と再会を果たすが、帰国の理由を妹には明らかにしません。

彼女に出演オファーを申し出る映画監督との約束を控えていましたが、その内面には深い葛藤が渦巻いていました。

サンオクはなぜ自分が捨てたはずの母国に戻り、思い出の地を訪ね歩くのか?

捨て去った過去や後悔と向き合いながら、かけがえのない心のよりどころを見出していく、たった一日の出来事が描かれていく…。

まとめ

参考:ホン・サンス映画/『逃げた女』公式ツイッター

第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)受賞『逃げた女』に続くホン・サンス監督の長編25作目には、思い通りにいかない人生の痛みと愛しさ先の見えない時代に生きる全ての若者たちへ贈る映画『イントロダクション』。

残された人生を、いかに心穏やかに生きていけるのか。たった1日の出来事を通して触れる1人の女性の心の深淵を描いた『あなたの顔の前に』。

名匠ホン・サンス監督最新作が2本同時公開です。

『イントロダクション』『あなたの顔の前に』は、2022年6月24(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』あらすじ/キャスト/公開日。ライブですうが時空を超える!?

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』は2020年5月8日(金)より上映。 結成10周年を迎える“SILENT SIREN”が、映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』で、ついに …

新作映画ニュース

映画『トムボーイ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。燃ゆる女の肖像の監督長編2作目が劇場公開!

『燃ゆる女の肖像』セリーヌ・シアマ監督 長編2作目が劇場公開決定。 『燃ゆる女の肖像』にて、2019年のカンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞を受賞したセリーヌ・シアマ監督。 セリーヌ・シアマ監督 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁 …

新作映画ニュース

尾野真千子映画『茜色に焼かれる』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。石井裕也最新作は母子の愛と希望を描く

主演は尾野真千子、共演に和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏らキャスト解禁。 社会のゆがみがいよいよ表面化している現代なればこそ生まれ得た、激しくも深い魂の軌跡。これは、あなた自身の現実、今日を …

新作映画ニュース

韓国映画『君の誕生日』あらすじ。キャストはソルギョングとチョンドヨンで日本公開日は11月27日に決定!

韓国を代表する名優ソル・ギョング × チョン・ドヨン 待望の再共演! 2014年4月、韓国全土を悲しみで包んだセウォル号沈没事故を基に遺族の喪失と愛を描く物語『君の誕生日』。 (c)2019 NEXT …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学