Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

ホン・サンス映画『それから』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

韓国のホン・サンス監督の『それから』が、6月9日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショーされています。

ホン・サンスが女優キム・ミニと組んだ三作目にあたり、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、世界から熱い注目を浴びた作品です!

スポンサーリンク

映画『それから』の作品情報


(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
The Day After

【監督】
ホン・サンス

【キャスト】
クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ、キ・ジュボン、パク・イェジュ、カン・テウ

【作品概要】
韓国の名匠ホン・サンス監督が『お嬢さん』のキム・ミニを主演に迎え、出版社で働く女性が社長の愛人と間違えられたことから起こる騒動を美しいモノクロ映像でユーモラスにつづった人間ドラマ。

映画『それから』のあらすじ


(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

従業員一人の小さな出版社「図書出版 カン」の社長をつとめているボンワンは著名な文芸評論家でもあります。

ボンワンは、毎日、早朝に出勤し夜遅くまで帰らないので、妻は浮気を疑っていました。

朝ごはんを食べている彼にむかって「女ができたわね」と妻は言い、ボンワンは何言っているんだといった調子で時折笑ってみせましたが、まともに質問に答えようとはしませんでした。

彼はたった一人の女性従業員チャンスクと激しく愛し合っていました。「あなたの顔は美しい」と言うチャンスクが愛しくてならず、彼女への想いと家庭との板挟みに苦しんでいました。

しかし、ある夜、ジョギングをしていたボンワンは、トレーニングマシンが置いてある場所で、泣き崩れていました。。

アルムは、大学教授の推薦で図書出版 カン”に勤めることになりました。

アルムの初出勤の日、ボンワンは彼女の家族についていろいろと質問してきました。アルムは父と母が幼いころに離婚したこと、父は一人、脳卒中で死んだこと、姉がいて、子宮がんで亡くなったことなどを素直に話しました。

昼休み、近くの中華料理屋にボンワンはアルムを連れていき、彼女が小説を書いていて、彼が選考委員を務めている文芸賞に応募していることを知ります。

応募し始めてもう6年になるとのこと。「小説を見せて。読んでみたいので」とボンワンは言うと、アルムは嬉しそうに微笑みました。

アルムは「生きる理由は?」とボンワンに質問を投げかけてきました。

「分かるはずない」とボンワンは応え、哲学問答のような会話が続きますが、アルムに「信じられるものを見つけて一生懸命生きるのはいやなんですね」と指摘されてしまいます。

「じゃぁ、君は何を信じているの?」とボンワンが尋ねると、アルムは「自分は主人でも主人公でもない。いつ死んでもいい。なにもかもが美しい」と応え、「私は世界を信じます」と言うのでした。

ボンワンは以前この店でチャンスクと食事した時のことを思い出していました。彼女は泣きながらボンワンを卑怯だと攻めていました。

卑怯であることを認めようとしないボンワンでしたが、次々と放たれるチャンスクの言葉に「そうか、自分は卑怯なのか。認めてしまったら楽だな」と肩を落とすのでした。

その日の午後、出版社にボンワンの妻がやってきて、応対に出てきたアルムをいきなり平手打ちし始めました。

「あなた変よ!」とアルムは言うと、ボンワンを呼びに行きました。妻はボンワンがチャンスクを思って書いた手紙を見つけ、浮気の証拠を見つけたりとばかり乗り込んできたのでした。

この人は違うと言っても信じようとしない妻でしたが、この人と違う前の従業員と付き合っていたと語るボンワンの言葉にやっと耳を傾け始めました。

彼女はもう会社をやめて、今はイギリスかどこかの外国に行っている。この人は今日、勤め始めたばかりだと説明すると、ようやくアルムでないことをわかってくれたようでした。

夜、ボンワンは再び、アルムを飲みに連れていきました。仕事をやめるという彼女を引き止めるボンワン。

ところが、ボンワンがトイレに立つと、なんとチャンスクが現れ、彼女は彼への想いを吐露し、二人は堅く抱き合いました。

自分もトイレに行こうとやってきたアルムはその現場をみて驚きます。

帰るというアルムを引き止め、会社に戻った三人でしたが、チャンスクはアルムに出版社を辞めてほしいと言い出し、さっきは引き止めたボンワンまで辞めてくれと頼みだす始末。

最初に私から辞めますといいましたよね、と言っても、ボンワンは絶対認めようとしません。

あまりの理不尽さに呆れ返るアルムでしたが、数冊の本をもらい出版社を後にしました。

うちの出した本だからどれでも持っていっていいよ、と数時間前にボンワンが言っていたのです。

アルムが帰ると、ボンワンの携帯に妻からメールが届きました。「家に帰りたくないのね。ふたりとも見事な演技だったわね。俳優になれるわ。私は絶対騙されないから」という内容でした。

ボンワンは泣き始めました。チャンスクはそんな彼を慰めると、「付き合っていたのはあの女だったことにすれば良い。もう会うこともないのだし。私は顔がばれていないからうまくいくはずだわ。奥さんにそう話して」と言って、彼を家に返すのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『それから』ネタバレ・結末の記載がございます。『それから』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アルムがタクシーの中でもらった本を取り出して読み始めると、運転手が「本が好きなの?」と声をかけてきました。

運転手は、あなたに見覚えがある、前にも乗せたことがある、と言い出します。

美しい人だから覚えていると言う彼にアルムは素直に礼を言いました。

「雪が降ってきた」と運転手が言い、アルムは窓を少し開けてみました。「雪は夜が美しいですよ」と運転手はいい、アルムは笑顔で雪を眺めるのでした。

それから……。

ボンワンの評論が有名な賞を受賞しました。アルムがお祝いを伝えるために、“図書出版 カン”を訪れてみると、ボンワンは快く迎えてくれましたが、彼はアルムが初めて出勤したときと同じことを尋ね始めました。

彼は自分のことを忘れてしまっているようだ。

そのことを伝えると、彼は素直に認めましたが、そこでようやくアルムのことを思い出したようでした。今はどうしているのかと聞かれ、アルムは毎日小説を書いていると応えました。

お昼をどうするかという聞き慣れない女の声が聞こえました。ボンワンは中華の出前を取ろうと言い、あなたも一緒にどうですか?とアルムを誘いましたが、アルムは辞退しました。

「近くにおいしい中華料理屋があるんですよ」とボンワンは言い、「私も食べたかも」と応えると、「ああ、そうだった。一日だけ」と彼は言いました。

チャンスクはどうしているのかと尋ねると、二人はもう別れたらしく、今は連絡もとっていないので、どうしているかわからないと彼は応えました。

「あれから私は家を出て、彼女と二人で暮らしていたのです。しかしまた家に戻りました。ある夜、妻が娘をつれて、彼女の家にやってきたのです。娘の顔をみて、すぐに決心しました。この子のために生きようと。自分のことは諦めようと」

「そのおかげで賞が取れたのかな」と彼が冗談まじりに言うと「まさか」とアルムは応え、「好きな本を持っていって」と言うボンワンに「前にもいただきました」と応えました。「そうだった?」と彼は言いました。

お祝いを伝え、帰りかけたアルムをボンワンが追ってきました。「これを持っていきなさい」

彼は夏目漱石の『それから』の新訳本を渡してくれました。「素晴らしいですよ」

アルムは礼を言い、歩きはじめました。

ちょうどそこに中華料理屋の出前のバイクがやってきて彼女とすれ違いました。

スポンサーリンク

映画『それから』の感想


(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

ある家の一室が映し出されているファーストショット。BGMが鳴り響く中、カメラは左にパンし、男性が別の部屋(トイレ?)から出てきて、キッチンにはいっていく様子をとらえています。

その時、カメラがひょいっとズームでキッチンの方に寄っていきます。とはいっても、それはごく控えめで、ぐっと近づくのではなく、遠慮がちに一歩前に出る、といったふうです。

こうしたカメラワークはホン・サンス作品にはよく見られるものです。

作品によっては、なぜここでズームインするのか?と不思議に思うものもありましたが、本作ではごく自然な成り行きで、カメラは対象に近づきます。

その動きはどことなく、ユーモラスで、ずうずうしさがなく、対象への敬意のようなものすら感じさせます。

そんなカメラワークのリズムにのって、登場人物が飲んで、食べて、とめどなくしゃべったりするのですが、それだけで、面白く、男女のやりとりの可笑しみから目が離せません。

適度に軽く、ひょうひょうとしており、くすりと笑わせながら何かとてつもなく深い人生観を目撃したような気持ちにさせられました

ホン・サンス作品では、明らかにホン・サンス自身を投影した男性キャラクターが主人公として登場することが多く、今回のクォン・ヘヒョ扮するボンワンも例外ではありませんが、キム・ミニ扮するアルムもまた、ホン・サンス自身を投影したキャラクターなのではないでしょうか。

アルムは信仰を告白し、信じられるものをみつけて一生懸命生きることが大切なのだ、と力説し、「私は世界を信じます」と晴れやかな顔で語ります。

そこに、苦しみと哀しみに満ち溢れた人生というものを、逃げず、信じて、生きていこうというホン・サンス自身の決心を垣間見るのです。

まとめ


(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

今や、実人生のパートナーであり、ホン・サンス映画のミューズであるキム・ミニがとても美しく撮られています

とりわけ、終盤のタクシーのシーンが忘れられません

雪が降ってきたことを運転手に告げられ、窓を少し開けたキム・ミニの顔の半分に外からの光があたります。また影に覆われ、そしてまた光に照らされます。このシーンの彼女の美しいこと!

タクシーの運転手は、彼女をかつて乗せたことを覚えていると語っていました。

真実なのか、会話のための脚色なのかは定かではありませんが、物語のラスト、出版社の社長がすっかり、彼女のことを忘れていたことの対比となっているのでしょう。

あれほどの出来事も、社長にとっては記憶から消えるちっぽけなものに過ぎないのです。まさに人それぞれ。これこそが人生の妙なのだ、と思わずにはいられませんでした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

山田孝之映画『ステップ』あらすじと感想レビュー。シングルファーザーとその娘が紡いだ‟家族のカタチ”

山田孝之が重松清の同名小説で、シングルファーザーに初挑戦。 妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし父と2人で人生を歩む娘の物語。重松清の同名小説で、山田孝之主演の映画『 …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『ヲタクに恋は難しい』あらすじネタバレと感想。キャストの高畑充希が魅せる歌唱とダンスは本格的⁈

脚本・監督:福田雄一による実写映画『ヲタクに恋は難しい』は、2020年2月7日(金)公開。 累計発行部素900万部のベストセラーコミック『ヲタクに恋は難しい』を、「銀魂」シリーズのヒットメーカー福田雄 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【エドワードヤンおすすめの青春群像劇】

台湾の名匠エドワード・ヤンの代表作にして映画史上に残る傑作『牯嶺街少年殺人事件』をご紹介します。日本では92年に劇場公開され、ソフト化もされましたが、その後、複雑な権利関係のため、長らく劇場公開もソフ …

ヒューマンドラマ映画

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー|あらすじネタバレと感想レビュー!

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、8月24日(金)より公開! 2008年に公開され大ヒットしたミュージカル映画『マンマ・ミーア』の10年ぶりの続編。 アマンダ・セイフライド、メリル・ストリ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学