Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/04
Update

映画『クシナ』キャストの郁美カデール。女優プロフィールと演技力評価

  • Writer :
  • 谷川裕美子

秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛を描いた映画『クシナ』キャスト紹介

女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、速水萌巴(もえ)監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『クシナ』は、大阪アジアン映画祭2018でJAPAN CUTS Awardを受賞。

北米最大の日本映画祭であるニューヨークのJAPAN CUTSに招待され、独特の感性と映像美によって支えられる世界観は海外レビューでも高い評価を獲得しました。

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開

この記事では本作で主演クシナ役で女優デビューし、土屋アンナに直接スカウトされ彼女と同じ事務所に所属した郁美カデールについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『クシナ』の作品情報


(C)ATELIER KUSHINA

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・編集・衣装・美術】
速水萌巴

【キャスト】
郁美カデール、廣田朋菜、稲本弥生、小沼傑、佐伯美波、藤原絵里、鏑木悠利、尾形美香、紅露綾、藤井正子、うみゆし、奥居元雅、田村幸太、小野みゆき

【作品情報】
本作『クシナ』は、深い山奥に女だけが暮らす秘密の村に、人類学者が足を踏み入れたことで、平穏な日常がかき乱され、そこから浮き彫りになる母娘の愛の物語です。

映画やCMの演出や制作に加え、中川龍太郎監督の『四月の永い夢』(2017)では主人公の部屋のデザインとその装飾を担当するなど、独特のキャリアを築いてきた速水萌巴監督の長編デビュー作です。本作では監督だけでなく、美術・衣装も担当し、美しい映像世界を構築しました。

その瑞々しさで劇中の女性人類学者も魅了するヒロイン・奇稲<クシナ>には、撮影数日前に作品撮りの1枚の写真が奇跡的に監督の目に留まり、本作が映画デビューとなった郁美カデール。

14歳の時にクシナを生んだ28歳の母・鹿宮<カグウ>には、ラストの表情で監督を泣かせた個性派女優・廣田朋菜。

男の後輩と共に閉ざされた共同体に足を踏み入れる人類学者・蒼子に、均等にバランスのとれた美しい顔が歪な世界に足を踏み入れる現代女性の象徴としてぴったりとキャスティングされた稲本弥生。

村長である、カグウの母・鬼熊<オニクマ>には、強さと母性の両方を兼ね備える小野みゆきと、各世代のミューズが集結しました。

映画『クシナ』のあらすじ


(C)ATELIER KUSHINA

深い山奥に人知れず存在する、女だけの”男子禁制”の村。村長である鬼熊〈オニクマ〉のみが、山を下りて収穫した大麻を売り、村の女達が必要な品々を買って来ることで、28歳となった娘の鹿宮〈カグウ〉やその幼い娘<クシナ>ら女達を守っていました。

人類学者の風野蒼子と後輩・原田恵太は、閉鎖的なコミュニティにはそこに根付いた強さや信仰があり、その元で暮らす人々を記録することで人間が美しいと証明したいと何度も山を探索しており、ある日、村を探し当てます。

鬼熊が、下山するための食糧の準備が整うまで2人の滞在を許したことで、それぞれが決断を迫られていき…。

スポンサーリンク

映画『クシナ』クシナ役は郁美カデール


(C)ATELIER KUSHINA

映画『クシナ』で主人公・クシナ役を演じる郁美カデールは2006年7月8日生まれ13歳のモデル、女優。神奈川県出身。

2012年6歳の時にモデルデビュー。

小学館「ぷっちぐみ」専属モデルを4年間務めた後に、テレビCMやPVにも出演。

2019年に同じ事務所のモデル・女優の土屋アンナにスカウトされて前事務所に所属。

SPORTS of HEARTファッションショー、ベルヴィ宇都宮ブライダルファッションショーなど、ショーを中心に活躍中。

特技は空手(初段)とそろばん(初段)。

趣味は音楽を聴くこと、読書、ジャズヒップホップダンス。

映画『クシナ』はどんな役?


(C)ATELIER KUSHINA

郁美カデール演じる奇稲<クシナ>は本作の主人公。14歳の少女。

深い山奥にある女だけの男子禁制の村に住んでいます。

母は鹿宮<カグウ>、祖母は村長の鬼熊<オニクマ>です。

スポンサーリンク

郁美カデールの演技力の評価は

9歳の小学4年生という若さで、本作『クシナ』主人公のクシナ<奇稲>役に抜擢されたモデル出身の郁美カデール。

撮影数日前に、作品撮りの1枚の写真が奇跡的に速水監督の目に留まり映画デビューとなりました。

クシナを演じた時には、郁美カデール自身全く芝居経験を持たず、映画の内容も理解していなかったと言います。

4年経って公開を迎え、クシナと同じ歳となった今、クシナと自分を重ね合わせると複雑な気持ちになるそうです。

また、9歳だったからこそ演じることができたのかもしれないと語っています。

郁美カデールの公式SNSの紹介

郁美カデールの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)ATELIER KUSHINA

速水萌巴監督自身の体験をもとに生み出された、母と娘の愛を描く映画『クシナ』

監督自身と母親の物語に近すぎるという理由で一度は配給オファーを断り、2年経た今年2020年に公開が決まった幻の映画です。

主人公のクシナを演じるのは、透明感ある美しさを持つ郁美カデール。土屋アンナがその美しさに魅入られ、自ら事務所にスカウトしたほどの美少女です。

共演には小野みゆき、廣田朋菜、稲本弥生ら魅力的な女優が揃います。

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開! © 2018 A …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】オープニングは武正晴『アンダードッグ』/クロージングは『HOKUSAI』

第33回東京国際映画祭の顔 【オープニング】【クロージング】の2作品が決定!! 2020年10月31日(土)から11月9日(月)に開催の第33回東京国際映画祭。 本年度のオープニング作品とクロージング …

新作映画ニュース

映画『素晴らしき、きのこの世界』内容/公開日/上映館。ドキュメンタリーで菌類に迫ったおすすめ作が日本上陸!

奥深く、あまりにも美しい。 怪しげな小宇宙、きのこワールドへようこそ。 ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ル …

新作映画ニュース

【フランス映画祭2022情報】開催日時と会場。石田ゆり子をフェスティバル・ミューズにて実施!

日本最大フランス映画の祭典フランス映画祭2022 横浜30周年記念回! 1993年に始まり、今年で記念すべき30回目を迎えるフランス映画祭。 (C)unifrance 2022年は12月1日(木)~4 …

新作映画ニュース

4DX上映館情報『ドラゴンボール超 ブロリー』お薦めの映画鑑賞法で「かめはめ波」を体感せよ

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が4DXで2018年12月14日より上映決定。 ⽇本のみならず全世界で桁外れの⼈気を誇る伝説的コミック「ドラゴンボール」の記念すべき劇場版20作品⽬最新作『ドラゴンボ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学