Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/03
Update

真田幹也映画『ミドリムシの夢』が11月16日より池袋の映画館シネマロサにてレイトショー上映決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

誰もが街で一度は見たことのある、「駐車監視員」が映画の主人公に!!

2019年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション正式上映作『ミドリムシの夢』。

日本初の駐禁コメディ長編映画『ミドリムシの夢』が、2019年11月16日(土)より、池袋シネマ・ロサにて待望の劇場公開が決まりました!

その後東京を始めとして、名古屋シネマスコーレほか、順次全国公開予定です。(2019年8月現在)

スポンサーリンク

映画『ミドリムシの夢』とは?

©「ミドリムシの夢」製作委員会

映画『ミドリムシの夢』は、“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、「爽やかではない」おじさんが主人公の青春映画です。

“ミドリムシ”とは、駐車監視員に対するネット上の造語。

演出家・蜷川幸雄氏の元で修行を積み『オオカミによろしく』にてちちぶ映画祭グランプリを受賞した新鋭・真田幹也による初長編作品です。

脚本はハロープロジェクトの舞台や映画『インターン!』などを手がける太田善也、音楽はタカタタイスケ(PLECTRUM)が担当。

仕事に誇りを持つ主人公・マコト役を『スペシャルアクターズ』(上田慎一郎監督最新作・2019年10月18日公開)の富士たくやが務めました。

また、だらしないが憎めない相棒シゲ役を、『おっさん☆スケボー』で福岡インディペンデント映画祭2013の主演男優賞を受賞したほりかわひろきが演じます。

共演は今村美乃、吉本菜穂子、佐野和真、仁科貴、歌川椎子、長谷川朝晴、戸田昌宏、数々の作品で活躍中の演技派・個性派俳優陣が集結しました。

真田幹也監督のプロフィール

参考:真田幹也監督のツイッター

映画『ミドリムシの夢』の監督・真田幹也は1974年5月4日生まれ、東京都出身

2001年から2005年までニナガワカンパニーに所属し、演出家・蜷川幸雄氏の元で俳優として修行を積みました。

映画出演作は『バトル・ロワイアル』(2000)や『アウトレイジ』(2010)など。

一方で、2006年文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト」に選出され、『Life Cycles』を監督しました。

以降、これまで20本におよぶ短編を手がけ『キスナナ the Final』で高砂市観光協会長賞、『オオカミによろしく』でちちぶ映画祭2014グランプリを受賞など高い評価を受けています。

長編としては本作が初監督作品となります。

スポンサーリンク

映画『ミドリムシの夢』の作品情報

©「ミドリムシの夢」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
真田幹也

【脚本】
太田善也

【音楽】
タカタタイスケ(PLECTRUM) 

【キャスト】
富士たくや、ほりかわひろき、今村美乃、吉本菜穂子、佐野和真、仁科貴、歌川椎子、長谷川朝晴、戸田昌弘

映画『ミドリムシの夢』のあらすじ


©「ミドリムシの夢」製作委員会
2人組で駐車違反を取り締まっている駐車監視員(ミドリムシ)のマコトとシゲ。

2人は毎日の様に、ミドリムシ!税金泥棒!と罵られています。

真面目なマコトは女子供構わずに厳しく取り締まりますが、一方のシゲは女に弱くいい加減。

そんな凸凹コンビの2人に、深夜勤務の話が舞い込んできます。

とある夜、駐車違反を見つけ通常通り違反切符を切った2人は予期せぬ事件に巻き込まれていくのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

©「ミドリムシの夢」製作委員会

社会に対する問題意識をユーモアを持って提示しながら、エンターテイメント性に富んだ作品を創りたいという考えから企画された本作。

ひたすら駐車違反の取り締まりを行う駐車監視員、通称“ミドリムシ”の日常を通して、様々な登場人物の人間像を描く、日本初!?の駐禁コメディー映画がここに誕生しました。

映画『ミドリムシの夢』は2019年11月16日(土)より、池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開。その後、名古屋シネマスコーレほか、順次全国公開予定です。


関連記事

新作映画ニュース

深田晃司監督×筒井真理子が放つ衝撃の映像。映画『よこがお』予告編と場面写真解禁!

深田晃司監督が挑む新たなる衝撃作。 待望の予告編が解禁! (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 2016年『淵に立つ』で、第69 …

新作映画ニュース

【2019年9月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

阿部はりか映画『暁闇』が全州映画祭にてワールド・プレミア上映!大好評を博した舞台挨拶

映画『暁闇』は2019年7月より全国順次ロードショー! 「MOOSIC LAB2018」長編部門にて準グランプリ・男優賞(青木柚)を受賞した、阿部はりか監督の映画『暁闇(ぎょうあん)』。 3人の孤独な …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP