Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/06
Update

映画『さんかく窓の外側は夜』あらすじ/キャスト/公開日。志尊淳×岡田将生で実写化のミステリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

ヤマシタトモコの同名コミックを実写映画化。

「霊が視える男」と「霊を祓える男」の心霊探偵バディの活躍を描いた、ヤマシタトモコ作の人気コミック『さんかく窓の外側は夜』。

岡田将生と志尊淳のダブル主演で実写化した映画『さんかく窓の外側は夜』が2020年10月30日(金)よりロードショーされます。

共演は平手友梨奈で、「欅坂46」脱退後初の映画出演となりました。 

本記事では原作からキャストのプロフィールや演じる役柄まで、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

原作漫画『さんかく窓の外側は夜』とは?

参考動画:漫画『さんかく窓の外側は夜』プロモーション映像

月刊マガジンビーボーイにて2013年4月から連載中のヤマシタトモコのコミック『さんかく窓の外側は夜』

主人公は書店員の三角(みかど)。昔から不気味なモノを視てしまう体質で、除霊師の冷川(ひやかわ)にその才能を見い出され、無理やりコンビを組まされてしまいます。

すご腕ではあるものの情緒や生活能力に欠けている冷川と、巻き込まれてしまった三角の、凸凹コンビが活躍する霊感エンタメです。

除霊シーンにも、ふたりのブロマンスな関係にもドキドキさせられる展開が人気を博し、2020年2月までに8刊まで単行本が発売され、累計発行100万部を超えています。

映画化での注目ポイント!

原作漫画が他の除霊作品・バディ作品と一線を画している大きな理由は“除霊のやり方”です。

霊を見ることができる三角と、霊を感じ取れるもののはっきりとは見えない冷川。

冷川は三角に触れ、彼を媒介にすることで霊を“ぶん投げ”て除霊を行います。

その触れ合いによる除霊は彼らにとってとても気持ち良い行為であり、冷川曰く「相性は最高」だそう。

こんな色っぽい除霊シーンを、岡田将生と志尊淳という眉目秀麗なふたりが演じるなんて眼福です!

映像化に向けてマイルドな表現にはせず、キャストの色気を全開に引き出していただきたいと願っています。

スポンサーリンク

映画『さんかく窓の外側は夜』の作品情報

(C)2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』(リブレ刊)

【監督】
森ガキ侑大

【キャスト】
岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、滝藤賢一、筒井道隆、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見

【作品概要】
ヤマシタトモコの同名コミックを岡田将生と志尊淳のダブル主演で実写映画化。

「欅坂46」脱退後初の映画出演となる平手友梨奈が共演しています。

『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)の森ガキ侑大が監督を務め、『重力ピエロ』(2009)の相沢友子が脚本を担当しました。

映画『さんかく窓の外側は夜』のあらすじ

書店で働く三角康介は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていました。

ある日、書店にやって来た除霊師・冷川理人に勧誘され、一緒に除霊の仕事をすることになる三角。

“心霊探偵バディ”となった冷川と三角は、刑事・半澤に依頼され、1年前に起きている不可解な連続殺人事件の謎を追うことに。

やがて発見した遺体には呪いがかけられていて…。

スポンサーリンク

冷川理人役:岡田将生

参考:映画『さんかく窓の外側は夜』のTwitter

岡田将生のプロフィール

冷川理人 (ひやかわりひと)役を演じる岡田将生 (おかだまさき)は1989年8月15日生まれ、東京都出身。

血液型はAB型で身長は181cm。

2006年、CM出演で芸能界でのキャリアをスタートさせ、翌2007年に『アヒルと鴨のコインロッカー』でスクリーンデビューを果たします。

2010年、初主演作『ホノカアボーイ』、『重力ピエロ』などで国内映画賞の新人賞を多数受賞。

2011年開催の第34回日本アカデミー賞では、『告白』と『悪人』の演技が評価され優秀助演男優賞に輝きます。

2014年には蜷川幸雄演出による舞台『皆既食 -Total Eclipse-』で初舞台を踏み、19世紀フランスの詩人アルチュール・ランボー役で主演を務めました。

以降もテレビ・映画・舞台とあらゆる場で観客を魅了し続けています。

『宇宙兄弟』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』「銀魂」シリーズなど、漫画の実写化作品にも多数出演しています。

岡田将生が演じる冷川理人の役柄

参考:原作者ヤマシタトモコのTwitter

冷川理人 (ひやかわりひと)は警察の未解決事件などにも力を貸すスゴ腕の除霊師

経験やネットの情報を駆使して霊を退治します。

情緒や生活能力はイマイチ

岡田将生のコメント

脚本、原作を読ませていただいた時に映像化したら面白くなるなと思いました。リアルとアンリアルの狭間でどう作っていくか今からとてもわくわくしています。原作を尊重しつつ新たなものを作っていける、この作品に関われることがとても楽しみです。志尊さんを始め豪華なキャストの方々とスタッフと一緒にこの映画を盛り上げていけたらなと思っています。楽しみにしていただけたら幸いです。

三角康介役:志尊淳

参考:志尊淳のTwitterアカウント

志尊淳のプロフィール

三角康介 (みかどこうすけ)役を演じる志尊淳(しそんじゅん)は1995年3月5日生まれ、東京都出身。身長は178cm。

芸能事務所ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSおよびD2のメンバーです。

2011年ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン向日岳人役で俳優デビュー

その後、舞台『タンブリングvol.3』(2012)やドラマ『ボクらが恋愛できない理由』(2012)、音楽バラエティ番組『東京エトワール音楽院』(2012~2013)などを経て、特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』(2014)の主演に抜てきされ人気に火がつきます。

2018年1月にトランスジェンダーの役で主演を務めた『女子的生活』(NHK)は、第73回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞を受賞するなど高い評価を受けました。

2019年11月、「ベストスタイリングアワード2019」男性部門を受賞し、「WEIBO Account Festival in Japan 2019」躍進俳優賞を受賞。

漫画を原作とした2.5次元舞台や映像作品への出演も多い志尊淳が、本作でも原作ファンを虜にします。

志尊淳が演じる三角康介の役柄

参考:原作者ヤマシタトモコのTwitter

三角康介 (みかどこうすけ)は霊が見える体質を持った書店員

幼い頃から母と2人暮らしをしていました。

霊には恐怖を抱いていますが、冷川の提示した高額な報酬と除霊の気持ち良さに心が傾き、冷川の助手になります。

志尊淳のコメント

原作を読ませて頂き、この作品を実写化する時にある無限の可能性を感じました。俳優を始めてまだ9年ですが、ずっと〝挑戦〟の気持ちを抱きながらやらせて頂いてきた僕にとって2020年、25才になるこの節目の年にこの挑戦と向き合う運命を感じました。岡田さんを始めとする素敵すぎるキャストの皆さん、前準備でお会いした素敵すぎるスタッフさんと共に作品を作れる事に今は高揚が止まりません。
三角が抱いてる様々な葛藤を、成長していく瞬間を、全力で伝えていきたいと思います。
凄いものになりそうです。お楽しみに。

非浦英莉可役:平手友梨奈

(C)2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

平手友梨奈のプロフィール

非浦英莉可(ひうらえりか)役を演じる平手友梨奈(ひらてゆりな)は2001年6月25日生まれ、愛知県出身。

血液型はO型で、身長は163cm。

2015年8月、欅坂46の一期生オーディションに合格

CDデビュー以降センターポジションを務め、2020年1月まで欅坂46の中心メンバーとして活動しました。

2018年9月公開の映画『響 -HIBIKI-』では映画初出演にして初主演を果たし、「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞、「第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」で新人賞、「第28回日本映画批評家大賞」で新人女優賞(小森和子賞)を受賞しました。

物憂げでありながらも強い意志を感じる瞳が魅力の平手友梨奈が、本作の鍵となる非浦英莉可をどう演じるか、公開が楽しみですね。

平手友梨奈が演じる非浦英莉可の役柄

非浦英莉可(ひうらえりか)は本作のヒロインである女子高生

冷川と三角が追う連続殺人事件の影には、いつも「ヒウラエリカ」という名前が関係しています。

強力な“呪いの力”を持ち、心に闇を抱えているという、ミステリアスな役です。

平手友梨奈のコメント

初めて原作を読ませて頂いたとき、すごくおもしろくて続きが気になってあっという間に読んでいました。
そんな中で、ヒウラエリカ役のオファーを頂いたとき、最初は本当に自分で大丈夫なのか、という不安が大きかったです。でも、ヒウラエリカが抱える”想い”と、純粋にこの素敵な作品を届けたいと思いました。
自分にとっても新しい挑戦ですし、監督と初めてお会いした時に、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします。
登場する様々なキャラクターがどう交わっていくかを楽しみにして頂けたら幸いです。

追加キャスト一覧

(C)2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

追加キャストが発表され、滝藤賢一、筒井道隆、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見が出演すると明かされました。

滝藤が演じることになったのは、冷川と三角へ協力を仰ぎながらともに事件の謎を追う刑事・半澤日路輝。霊をまったく信じていないリアリストですが、事件の解決のために“使えるものは使う”主義を持ち、冷川の過去を知る人物でもあります。

筒井は、謎の宗教団体の教祖・石黒哲哉役、マキタは妻の死をきっかけに石黒の宗教団体に所属したエリカの父・非浦松男役として登場。

舞台やミュージカルでも人気を博す新納は、“呪い屋”として暗躍するエリカのボディーガード・逆木一臣役。

桜井は刑事・半澤が唯一信頼し心の拠り所にしている妻・半澤冴子、和久井は三角が“霊が視える”特異体質であることはまったく知らない母・三角則子に扮しています。

まとめ

(C)2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

累計発行部数100万部を突破した、ヤマシタトモコの同名人気コミックを実写映画化した『さんかく窓の外側は夜』。

漫画の映画化は初めてという森ガキ侑大監督は、ポップでエンターテインメントに表現されている原作をどう映像化するか悩んだそう。

ですが、「この物語を丁寧に紡いでいくことができればきっと素晴らしい作品になる」と自信を覗かせました。

実力派のキャストと、監督のコメントから、実写への期待がさらに高まります。

映画『さんかく窓の外側は夜』は2020年10月30日(金)よりロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『佐々木、イン、マイマイン』あらすじ/キャスト/特報予告動画。村上虹郎も出演の内山拓也が描く青春ムービーとは?

旬な俳優・藤原季節主演×新鋭・内山拓也監督による“20年代の青春映画”。 King Gnu“The hole”や平井堅“#302”、Uru“あなたがいることで”のミュージックビデオなどで知られる業界大 …

新作映画ニュース

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』あらすじ/キャスト。異色のドキュメンタリーで弾き語りトラックメイカーアイドルに迫る

「MOOSIC LAB2019」観客賞・審査員特別賞・ベストミュージシャン賞・女優賞の4冠受賞作品。 型破りな個性で人気を博し、「ゴッドタン」などのバラエティ番組で即興ソングが話題となるなど今最も勢い …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャスト藤原竜也(ボンベロ役)。プロフィールと演技力の評価

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

韓国映画『スウィング・キッズ』あらすじとキャスト。公開日と特報予告・ティザービジュアル解禁

『スウィング・キッズ』は2020年1月シネマート新宿ほか全国ロードショー! © 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Ri …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学