Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『毒娘』あらすじ/キャスト/公開日。佐津川愛美×内藤瑛亮監督が実話をモチーフに描く“ホーム・パラサイト・ホラー”

  • Writer :
  • 大塚まき

少女の無邪気な悪意が、幸せな家族の「毒」を暴き出す!

この度、ミスミソウ』(2018)『許された子どもたち』(2020)の内藤瑛亮監督の最新作『毒娘』(どくむすめ)が、2024年4月5日(金)より新宿バルト9ほかにて劇場公開されることが決定しました。


(C)『毒娘』製作委員会2024

併せて、メインビジュアルと本予告が解禁となりました。

映画『毒娘』について


(C)『毒娘』製作委員会2024

主演を務めるのは、佐津川愛美

『惡の華』『血の轍』で知られる漫画家・押見修造がキャラクターデザインを担当

本作は、2011年にインターネットの匿名掲示板で話題となった、ある新婚家族を襲った実際の出来事をモチーフとしたオリジナル脚本のホーム・パラサイト・ホラーです。

十代の女の子と新しく家族となる継母の関係を軸に、謎の少女「ちーちゃん」と家族の壮絶の争いを描いた作品で、現在(2024年2月22日時点)『ヤングマガジン』(講談社)で、本作の前日譚となる押見修造の「ちーちゃん」が連載されて話題を集めています。

映画『毒娘』の予告編

本予告では、慎ましくも平穏で幸せに満ちた生活をスタートさせたばかりの【母】【父】【娘】の3人家族のもとに突如として現れた<ちーちゃん>。

「ケーキくれたら帰ってあげる」と不気味につぶやく<ちーちゃん>とは、一体何者なのか?

世の中の常識や世間のルールなんて眼中にない。純度100%の無邪気さが生み出すの悪意がこの家庭にもたらす惨劇とは…。

映画『毒娘』のポスタービジュアル


(C)️『毒娘』製作委員会2024

この度解禁となったメインビジュアルは、“毒娘”と思われる少女を真正面から捉えた強烈なインパクトのデザインとなっています。

目の周りは赤く塗られ、顔の中心には同じく赤で「X」がシンボリックに刻まれおり、毒々しい衣服を着用した少女がこちらを見据えている姿が捉えられています。

また、右半分だけが全て赤で塗りつぶされており、注意深く見てみると、左右で表情が異なり、どこか別人のようにも見えます。

この少女が<ちーちゃん>なのか? “毒娘”とは一体? この意味深なメインビジュアルから、悪夢のような物語が予感されます。

映画『毒娘』の作品情報

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督】
内藤瑛亮

【脚本】
内藤瑛亮、松久育紀

【キャラクターデザイン】
押見修造

【キャスト】
佐津川愛美、植原星空、伊礼姫奈、馬渕英里何、凛美、内田慈、クノ真季子、竹財輝之助

映画『毒娘』のあらすじ


(C)『毒娘』製作委員会2024

夫と娘の萌花と3人で中古の一軒家に越してきた萩乃。

家庭に恵まれなかった彼女にとって、夢に見た幸せな家庭。しかし、ある日外出中の萩乃に、娘の萌花の悲痛な声で助けを求める電話がかかってくる。

「ショートケーキとコーラ、買ってきて」

慌てて帰宅した萩乃が目にしたのは、荒れ果てた我が家と洋服をずたずたに切り裂かれた萌花、そして萌花に馬乗りになって大きな鋏を握りしめた見知らぬ少女の姿だった。

その少女の名前は<ちーちゃん>。

かつてこの家に暮らしていたが、ある事件を起こして町を去ったはずだった。

彼女の存在は、一見幸せに見えた萩乃たち家族が押し隠そうとしていた「毒」を暴き出し、悪夢のような日々の幕開けを告げる…。

まとめ


(C)『毒娘』製作委員会2024

ミスミソウ』(2018)『許された子どもたち』(2020)の内藤瑛亮監督の最新作『毒娘』。

この度、強烈なインパクトで目を引くメインビジュアル、平穏な家族に突如現れた少女“ちーちゃん”の予告映像が解禁となりました。

この少女“ちーちゃん”とは何者なのか? “毒娘”とは一体? という意味深な問いに期待が高まります。

内藤瑛亮監督の最新作『毒娘』は、2024年4月5日(金)より新宿バルト9ほかにて全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『歎異抄(たんにしょう)をひらく』あらすじキャスト。劇場版アニメに石坂浩二と増田俊樹が挑む

石坂浩二が劇場版アニメ初主演 2019年5月24日(金)より、シネマート新宿、角川シネマ有楽町ほかにてアニメ映画『歎異抄をひらく』の公開が決定。 (C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会 親鸞聖人の教え …

新作映画ニュース

映画『Sin Clock』坂口涼太郎、窪塚洋介と夢の共演!“罠の戦争”出演俳優が演じるのは超記憶力を持つ元数学教師!

映画『Sin Clock』は2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開! 『GO』(2001)、『ピンポン』(2002)などで知られる俳優・窪塚洋介の18年ぶりとなる邦画長編映画の単 …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャストの石橋豊役は和田聰宏(そうこう)【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

新作映画ニュース

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

この夏、彼らが日本中を奮起させる 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム …

新作映画ニュース

『奇想天外映画祭2021』開催日/上映作品/劇場情報。新宿K’s cinemaにてデルフィーヌ・セイリグ『赤い唇』が日本初公開!

映画史の闇の中から忽然とその名を表した選りすぐりの、 怪作、珍作、奇作、迷作、異作が今年も目白押し! 2019年より開催されて以来、この世の映画好事家を驚かせる作品を次々と上映してきた「奇想天外映画祭 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学