Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/09/11
Update

映画『ジュリアン』あらすじ。日本公開の上映館は新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか決定

  • Writer :
  • かりごめあき

2017年ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞!

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督、衝撃のデビュー作の公開が決定しました。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

解禁された本作のポスタービジュアルと、あらすじをご紹介いたします。

サスペンスを超えた衝撃の家族ドラマ。この結末は誰にも想像できない…。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』とは

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)が金獅子賞を受賞した、第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録。

そして、アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは94点の高評価を獲得し、注目を集めている映画『ジュリアン』の日本公開が決定しました。

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグランの長編監督デビュー作となる本作は、『クレイマー、クレイマー』(1979)と『シャイニング』(1980)を脚本執筆時から念頭に置いていたというのも納得のドラマ性の高さとサスペンス要素が濃密な作品です。

グザヴィエ・ルグラン監督の卓越した演出力で俳優から素晴らしい演技を引き出し、世界各国で絶賛されている傑作サスペンスです。

主人公は、離婚した父親アントワーヌと母親ミリアムの間で揺れ動く息子ジュリアン。まだ11歳のジュリアンは、母親を守るために必死で嘘をつき続けますが…。

親権問題で家族の関係に緊張が走る中、映画は想像を超える衝撃の展開をみせていきます。

映画『ジュリアン』のポスタービジュアル解禁


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma
Julien-movie.com

解禁されたポスタービジュアルは、口を真一文字に結び、寡黙な表情を浮かべるジュリアンと、父親と母親が真剣なまなざしで何かを訴えている姿が捉えられており、ジュリアンの置かれている状況の複雑さを想起させます。

長編デビューにして、名誉ある映画祭で数々の賞を総なめにしたルグラン監督は、本作について次のように語っています。

「子どもが何か言うのではなく、何かを隠さなければならない状況を大事にした」

ジュリアンの苦悩する表情から伝わる“物言わぬ名演技”が本作の見どころの1つでもあります。

昨今の日本でも問題視されている親子の在り方を問う映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』の作品情報

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Jusqu’a la garde(英題:CUSTODY)

【監督・脚本】
グザヴィエ・ルグラン

【製作】
アレクサンドル・ガヴラス

【撮影】
ナタリー・デュラン

【キャスト】
レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア、マティルド・オネヴ

【作品概要】

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグランの長編監督デビュー作。

第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。

映画『ジュリアン』のあらすじ

両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。

離婚調整の取り決めで親権は共同となり、ジュリアンは隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなりました。

母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えません。

アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとします。

ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けますが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていきます。

家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待ち受けていました…。

スポンサーリンク

まとめ

1979年フランス生まれの新鋭監督グザヴィエ・ルグランの長編デビュー作、そして2017年ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した映画『ジュリアン』の公開が決定しました。

本作は、家族の関係を描いた繊細な人間ドラマながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲う傑作サスペンス。

主人公ジュリアンの息が詰まるような表情が印象的なポスタービジュアルも解禁されました。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です

関連記事

新作映画ニュース

アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじと前売り券特典情報。公開は11月8日!

「日本キャラクター大賞 2019」グランプリ受賞。 “すみっコ”たちが劇場アニメーションで動き出す! いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題の「すみっコぐらし」。 ©2019 日本すみっコぐらし …

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

大野いと×渋江譲二映画『新卒ポモドーロ』あらすじとキャスト。2020年春に公開決定

就活バディムービー『新卒ポモドーロ』2020年春公開決定! ⓒ2020「新卒ポモドーロ」製作委員会  今、まさに真っ只中にある就職活動。大卒の民間企業就職希望者数は、なんと毎年約40万人以上。 その就 …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの貧困息子ギウ役はチェ・ウシク【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学