Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/27
Update

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

  • Writer :
  • かりごめあき

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『タリーと私の秘密の時間』。

8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー!

シャーリーズ・セロン演じるワンオペ育児で疲れ果てたマーロの元に現れたベビーシッターのタリー。

タリー役の若手女優期待の星マッケンジー・デイヴィスの魅惑のウェイトレスコスプレ姿の場面画像が解禁されました!

お疲れママのマーロとベビーシッターのタリー


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

本作『タリーと私の秘密の時間』は、仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた“人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆を描いています。

タリーとの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロ役は、オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるシャーリーズ・セロン。

映画『モンスター』(2003)で約13キロの増量で話題となった彼女が美貌を再び封印!?し、今度は体重を18キロ増やしてマーロを熱く演じ、頑張りすぎる女性たちの魂の声を届けます。

そしてタリー役は、『ブレードランナー 2049』(2017)に娼婦のマリエッタ役で出演し、「ターミネーター」シリーズ最新作のヒロインにも選ばれたマッケンジー・デイヴィス

タメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧、マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれますが、何があっても夜明け前に姿を消し、自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きスーパーベビーシッター・タリー役でフレッシュな魅力を放ちます! 

併せて、タリー役のマッケンジー・デイヴィスから初共演となるシャーリーズ・セロンについてのコメントが到着!

シャーリーズとの共演は楽しかった。有名スターだからどんな人かと思っていたら、素顔は本当に気さくで、仕事熱心な人で、いつも役に合った演技を研究しているすばらしい人だと思うわ!

初共演となるシャーリーズ・セロンへの興奮気味の喜びコメントが発表されました!

マッケンジー・デイヴィス魅惑のウェイトレスコスプレ画像解禁


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

3人目の子供が生まれ、ワンオペ育児に追われるマーロ(シャーリーズ・セロン)は、夜だけのベビーシッターを雇うことに。

マーロの元にやってきたのはイマドキ女子のベビーシッター・タリー(マッケンジー・デイヴィス)。

最初は若いベビーシッターに戸惑っていたマーロでしたが、子守だけでなく、部屋の片付やカップケーキの作り置きまで行う完璧な仕事ぶりと、「心を開いて、役に立ちたいの」というマーロの悩み事も真剣に聞いてくれる優しさに、徐々に心を開いていき、いつしか2人の間には不思議な絆が芽生えていきます。

次第に2人は信頼し合い、毎晩プライベートな事まで話し合う仲になっていきました。

ある晩にマーロとタリーがお酒を傾けながら、マーロの旦那ドリュー(ロン・リヴィングストン)について話していると、マーロがドリューは良いパパだけど、夫婦関係としては冷えてきていると語ります。

さらに「昼間は赤ちゃんを抱いてて、あの子が1番なの。夜になってもギアを変えられない」と打ち明けます。

するとタリーから驚きの提案が…!

昔、ドリューが好きたっだというウェイトレスのコスプレをして、ドリューが眠る寝室に向かおうと言うのです…。

そしてこの度、若手女優期待の星マッケンジー・デイヴィス魅惑のウェイトレスコスプレ姿が披露され、場面画像が解禁されました。


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
洗面所でマーロが昔ドリューの為に買った黄色いウェイトレスの制服を着用し悪戯な笑みを浮かべるタリーの姿と、それを呆然と見つめるマーロの姿。


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
コスプレ姿のままのタリーとマーロがドリューが寝ている寝室に忍び込んでいる姿。


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
ベットの上に座り2人で寝ているドリューを見つめる姿。

以上3枚の場面写真が解禁となりました!

とっても気になるこの続きは、ぜひ劇場でお楽しみください!

映画『タリーと私の秘密の時間』の作品情報


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Tully

【監督】
ジェイソン・ライトマン 

【脚本】
ディアブロ・コディ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

【作品概要】
『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』で知られるジェイソン・ライトマン監督が、かつて『ヤング≒アダルト』でもタッグを組んだシャーリーズ・セロンを再び主演に迎え、コミカルでハートウォーミングな女性を描いたドラマ。

セロンが主人公マーロ役を務め、『ブレードランナー 2049』で注目されるマッケンジー・デイヴィスがタリーを演じています。

脚本は『JUNO/ジュノ』『ヤング≒アダルト』でライトマン監督と馴染みのディアブロ・コディが担当。

映画『タリーと私の秘密の時間』のあらすじ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきたマーロ。

彼女は3人目の子どもが生まれて、「わたし、ひとに頼れないの」と、ついに心が折れてしまいました。

そんなマーロのもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやって来ます。

タリーはため口のイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれます。

自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻してきました。

しかし、一方のタリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上も決して語ることがありませんでした。

やがて、マーロは…。

まとめ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
本作でベビーシッターのタリー役を演じ、「ターミネーター」シリーズ最新作のヒロインにも選ばれた注目の若手女優マッケンジー・デイヴィスのウェイトレスコスプレ姿の場面画像が解禁されました。

自由奔放なようでいて、ベビーシッターの仕事を完璧にこなし、さらにマーロ自身の悩みにも真剣に向き合うタリー。

ウェイトレスのコスプレ姿で寝室に忍び込むという作戦がどのような結果をもたらすのか…。続きが気になりますね!

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国で公開です。

ぜひ劇場でお楽しみください!



関連記事

新作映画ニュース

映画『鬼が笑う』あらすじ/キャスト。三野兄弟が半田周平を主演に“父親殺し”と再生を描く

兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”による新作映画『鬼が笑う』完成。 兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”。 MINO Bros.『⻤が笑 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。葉媚(よーび)は同級生で親友の小梅役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

【ホラー秘宝まつり2024】カルト級変態ホラー映画『メサイア・オブ・デッド』『デリリウム』『悪魔のしたたり』3本を上映!開催&作品ラインナップ情報も解禁

日本劇場初公開、インパクト強すぎの傑作3本を上映 ホラー映画祭「ホラー秘宝まつり」が2024年も開催! キングレコード主催のホラー映画祭「ホラー秘宝まつり 2024」が今年も開催決定! (C)写真キャ …

新作映画ニュース

映画『私たちの青春、台湾』日本公開日/上映館。ひまわり運動のリーダーらをドキュメンタリーで追う!

台湾、香港、中国の社会運動を通して見つけた“私たち”の青春と挫折、未来への記録。 ひまわり運動のリーダー陳為廷(チェン・ウェイティン)、中国人留学生で台湾の社会運動に参加する蔡博芸(ツァイ・ボーイー) …

新作映画ニュース

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』あらすじと上映館イベント情報

世界で初めて劇場公開される、ブータン人作家によるドキュメンタリー映画が日本劇場公開されています。 映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』は8月18日(土)よりポレポレ東中野にて上映中、ほか全国劇場順次ロ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学