Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ジャズピアノの詩人を追ったドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』予告編解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

エヴァンスの51年の生涯とは。


©2015 Bruce Spiegel

現在でも多大なる影響と人気を誇るジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンス。

彼の人生を、貴重な証言・映像・写真の記録で構成したドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』が2019年4月27日(土)よりアップリンク渋谷・吉祥寺、角川シネマ有楽町、横浜シネマリンにてGWロードショー、以降全国順次公開されます。

この度本作の予告編が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』予告編

解禁された予告編には、歌手のトニー・ベネットの「ビル・エヴァンス以上に、情感を表現できる者はいない。この映画を見ると、彼の音楽における誠実さがひしひしと伝わってくる。」というコメントが使用されています。

また、2011年に逝去したポール・モチアンほか、エヴァンスと関係の深いジャズマンや恋人、家族がエヴァンスについて語っている姿、そして、エヴァンス本人のインタビュー映像やピアノの弾く姿も捉えられているのも魅力のひとつと言えるでしょう。


©2015 Bruce Spiegel

ピアニストとして才能に恵まれながらも、メンバーを事故で亡くし、恋人と兄が自ら命を断ち、孤独と戦い続けてきたビル・エヴァンス。

薬物に溺れ、身なりにも構わなくなっていったという彼ですが、最後までその音楽への力は損なわれなかったと語られます。

また、本作品の公開を記念して、映画内に登場する名曲の決定的ヴァージョンを、複数のレーベル(リヴァーサイド、ヴァーヴ、マイルストーン、ファンタジー)をまたいで、全16曲(約80分)収録したコンピレーションアルバム「ソングス・オン『タイム・リメンバード』」が5月1日(水)に発売されることも決定。

映画のサウンドトラックとしても、ビル・エヴァンスの入門編としても楽しめる作品。こちらも楽しみです。


©2015 Bruce Spiegel

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』作品情報


©2015 Bruce Spiegel

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Time Remembered: Life & Music of Bill Evans

【監督】
ブルース・スピーゲル

【キャスト】
ポール・モチアン、ジャック・ディジョネット、ジョー・ラバーベラ、チャック・イスラエルズ、ゲイリー・ピーコック、マーク・ジョンソン、トニー・ベネット、ジム・ホール、ジョン・ヘンドリックス ほか

【作品概要】
数々の名盤を残し、後世のジャズにも大きく影響を与えたエヴァンスの51年の生涯は苦悩に満ちたものでした。

本作は、その出自からキャリアのスタート、エヴァンスを巡る人間模様、そして死の間際までを、貴重な証言・映像・写真の記録で構成したドキュメンタリー映画です。

8年の歳月をかけて制作された本作には、ジャック・ディジョネット、ジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットら、同時代に活躍した多くの古老ジャズマンたちが、エヴァンスについて語っています。

また、本編の制作中に亡くなったミュージシャンも多く、エヴァンスとは縁の深いポール・モチアン(2011年逝去)、ジム・ホール(2013年逝去)や、ボブ・ブルックマイヤー(2011年逝去)、ビリー・テイラー(2010年逝去)など、彼らの晩年を捉えた記録映像としても貴重な内容となりました。

これまで「五大陸国際映画祭」や「モンテヴィデオ国際映画祭」などをはじめとした世界各国の映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞に輝いた本作が、ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、遂に日本に上陸。

スポンサーリンク

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』あらすじ


©2015 Bruce Spiegel

1958年にマイルス・デイヴィスのバンドに加入し『カインド・オブ・ブルー』を制作した当時の様子。

その後、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎え、歴史に残るピアノトリオが残した名盤『ワルツ・フォー・デビイ』の制作経緯とスコット・ラファロの死。

また、現在まで公にされていなかった、エヴァンス自身の音楽への想い、そして肉親たちから見た素顔の姿、その一生涯を通じて苦しめられてきた薬物依存…。

エヴァンスの人生を垣間見るような証言の数々と、貴重なエヴァンスの演奏シーンが1時間25分に収められています。

まとめ


©2015 Bruce Spiegel

2019年4月27日(土)よりアップリンク渋谷・吉祥寺、角川シネマ有楽町、横浜シネマリンにてGWロードショー、以降全国順次公開される映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』。

本作への期待が高まる予告映像が解禁。

ビル・エヴァンスの音楽的才能と、その人生がうかがい知れる内容となっています。

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念した本作公開まで、楽しみにお待ちください。


©2015 Bruce Spiegel

関連記事

新作映画ニュース

映画『サイゴン・クチュール』あらすじとキャスト。公開日は12月21日のファッションエンタメ!

全ての女の子に捧ぐ、カワイイがつまったビタミン・ムービー。 全ての女子が元気になれる!女性トップクリエイターたちが送るパワフルでキュートなファッション・ファンタジー『サイゴン・クチュール』が遂に日本上 …

新作映画ニュース

『凪待ち』生中継舞台挨拶。香取慎吾を前にデニム姿の音尾は「つよポン?」白石監督は「吾郎ちゃん⁈」と盛り上がった全国78館イベント

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ …

新作映画ニュース

『運命は踊る』ヴェネチア映画祭が評価したダンス場面は必見!兵士の魅惑な踊りとは

2017年、第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞した、サミュエル・マオズ監督の最新作『運命は踊る』。 © Pola Pandora – Spiro Films – …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画祭応募2020自主作品(短編/長編)公募開始!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭でエンターテインメント性と新たな表現の可能性を求む

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020開催決定。 2020年は秋開催!『岬の兄妹』に続く新たな才能求む! 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う新たな才能の発掘・育成と、映像産業の発 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP