Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『愛がなんだ』の名場面を再現して大盛況!舞台挨拶付き完成披露試写会リポート【テアトル新宿】

  • Writer :
  • 石井夏子

岸井ゆきの“肩トン”で大照れ

恋愛映画の旗手、今泉力哉監督のもとに多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』。

2019年4月19日(金)の公開を記念し、3月12日(火)に東京・テアトル新宿にて舞台挨拶付き完成披露試写会が開催されました。

岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇した舞台挨拶の様子をお届けします。

スポンサーリンク

映画『愛がなんだ』舞台挨拶レポート


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

映画『愛がなんだ』の完成披露上映会が3月12日に東京・テアトル新宿にて開催され、キャストの岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、監督の今泉力哉が登壇しました。

出演作を観た感想


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

好きな男性を一途に追いかけるテルコ役の岸井は「完成して嬉しいという気持ち。脚本にはなかったモノローグも追加されていたり、編集で変わっている場面もあって、自分自身一つの映画を楽しんだような感じがあった」と作品完成に感慨無量。

テルコが一方的に想いを寄せるマモル役の成田は、編集の段階で本編を鑑賞したそうです。

最近観た中で一番面白い映画。自分が出演しているのに客観的に観ることができたのは稀なこと。面白かった」と自信を覗かせました。

テルコ唯一の親友・葉子役の深川は「感情移入して胸が苦しくなるシーンもあるけれど、恋愛に正解がない分、難しく考えずシンプルにしてくれる作品だった」とアピール。

葉子に惚れるナカハラ役の若葉は「音楽がつく前のものを観たので、完成形がどう変化するのか楽しみ」と公開に期待を込めました。

共演者との距離感


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

成田との本格的共演に岸井は「セリフを交わすのが初めてで不安もあったけれど、本読みの段階で夢中になれた」と一安心。

原作を読んだ際にはテルコと自分の共通点を見つけられなかったと言うも「“マモルが好き!”ということだけを柱にしていた」と回想しました。

役作りの一つとして、撮影中に成田と距離をとっていたと言う岸井。

当の成田は「それに気がつかず、僕はガンガン喋りかけていた。まだ本当の岸井さんを知りません」と打ち明けました。

岸井も「私も成田さんのことをあまり知らないので、これから知っていきましょうか!?」と答え、不思議な空気感で場を和ませます。

役への取り組み方は


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

厄介なダメ男を演じるにあたり成田は「マモルの無意識にモテない要素を詰め込んで、普通にやったら嫌われるであろうギリギリの部分を凄く丁寧に演じた。一個も間違えられない緻密なお芝居でした」と熱演報告。

監督にも秘密にしていたこだわりとして、テルコを車道側にして一緒に歩くという動作を挙げて「普段の僕だったら絶対にしない行動でモテない要素を作り上げた。そのほかにも口を開けてモノを食べるとか、腹立つ笑い方とか、相手がちょっとイラっとするような表現に気を配った」と細部へのこだわりを口にしました。

自身の役柄について深川は「ナカハラ君を振り回したり強そうに見えるけれど、弱い部分も伝わればと思って演じた」と打ち明けると、振り回される側の若葉は「実は深川さんとは1時間くらいしか会っていない。だから事前にネットですごく調べました。そうしたら思いのほか上手くいった」と舞台裏を告白。

若葉は演じたナカハラに共感しきりで「僕は洗い物の手際もいいし、知らぬ間に打ち上げの幹事にもなっています」と尽くす男ぶり披露で笑わせました。

今泉監督の新境地


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

岸井と深川はNHK連続テレビ小説『まんぷく』では姉妹役を演じています。

岸井は「映画の方が撮影は先だったけれど、ハードスケジュールであまり話す時間がなかった。『まんぷく』で一緒になってやっと会話できたという感じ」と明かしました。

深川も「朝ドラの方が一緒に食事をしたり、話す時間があった」と同調すると、今泉監督は「それじゃまるで会っていない人たちで映画を作ったみたいになってるよ!」と苦笑い。

これまでオフビートな作品を手掛けてきた今泉監督は「角田さん原作の映画は面白いものが多いし、熱量の高い人たちのお話というのは自分にとってチャレンジだった」と新境地を意識したよう。

「原作の角田さんが完成した映画を面白がってくれて、SNSでも感想を書いてくれた。自分で自分の原作を読み直したとも言ってくれて、そうやって原作者の方が面白がってくれたのは幸せ」と角田氏の人柄に感謝をにじませました。

岸井は「個性的な恋愛をしている人々が出てきますが、必ず誰かに自分を投影することができるはず。人に言えないような部分で共感することもあると思うので、映画を観終わった後は隣の席の人と映画の話をしてほしい。それを含めて『愛がなんだ』だと思う。感想を共有しあってください」と思いを込めました。

“肩トン”シーンを再現


©2019 映画「愛がなんだ」製作委員

最後のフォトセッションではマモルとテルコの劇中ラブラブシーンの一つ、肩にあごを載せる“肩トン”シーンを登壇キャスト4人で実際に披露

岸井の肩に成田が、深川の肩に若葉が肩をのせると会場からは歓声があがり、実演するキャストも大照れするなど、舞台挨拶会場は大盛り上りとなりました。

映画『愛がなんだ』の作品情報


©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
角田光代『愛がなんだ』(角川文庫)

【監督】
今泉力哉

【主題歌】
Homecomings “Cakes”

【キャスト】
岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこ

【作品概要】
直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を、『退屈な日々にさようならを』(2017)『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)の今泉力哉監督が映画化。

主演は『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)の岸井ゆきの、『スマホを落としただけなのに』(2018)の成田凌が共演。アラサー女性の一方通行恋愛ドラマが展開します。

スポンサーリンク

映画『愛がなんだ』のあらすじ


©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

28歳のOL山田テルコ(岸井ゆきの)。

マモル(成田凌)に一目ぼれしてから、テルコの生活はマモル中心となってしまいました。

仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失っても、友だちから忠告されてもお構いなし。

そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、単なる都合のいい女でしかありませんでした。

テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えましたが、テルコは頼まれてもいない家事やお世話に勤しみ、その結果、マモルからの連絡が突然途絶え…。

まとめ

恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が角田光代の同名恋愛小説を映画化した『愛がなんだ』。

3月12日(火)に東京・テアトル新宿にて開催された、完成披露試写会の舞台挨拶の模様をお届けしました。

主演の岸井ゆきの、共演の成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇し、撮影の裏話や本作への想いを語り、最後には“肩トン”シーン再現で大盛況

一途過ぎるアラサー女子の全力片思いラブストーリー、、映画『愛がなんだ』は2019年4月19日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショーです!




関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る芳賀俊監督インタビュー》映画『おろかもの』は人間を多面的に描く

映画『おろかもの』 動画で見る、芳賀俊監督インタビュー 弁慶グランプリ・キネマイスター賞・観客賞・俳優賞(笠松七海)・俳優賞(村田唯)と、田辺・弁慶映画祭にて史上初の5冠受賞を果たした映画『おろかもの …

新作映画ニュース

山田涼介×土屋太鳳映画『大怪獣のあとしまつ』あらすじ/キャスト/特報動画。空想特撮エンターテイメントで“その後”を描き出す

「この死体、どうする?」。 邦画史上最大級“巨大怪獣”の“死んだ後”の物語。 暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子どもの頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まり …

新作映画ニュース

インド映画『グレート・インディアン・キッチン』あらすじ/上映館/劇場公開日。結末ラストまで共感させる問題作!

これは本当に映画だろうか、これは現実そのものではないのか? ありふれた家事労働の描写を通して、インドのミドルクラスを中心に根強く残る家父長制とミソジニー(女性嫌悪)を鋭く描き、大きな議論を呼んだ『Th …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2020】上映作品とイベント情報。10月より全国開催で全ラインナップも発表

最古で最大のファンタスティック映画の祭典 “シッチェス映画祭2020”今年も日本で開催! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月 …

新作映画ニュース

韓国映画『世宗大王 星を追う者たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。朝鮮王朝に実在した科学者が時代を動かす!

社会現象を巻き起こした韓国映画『シュリ』のハン・ソッキュ × チェ・ミンシク20年ぶりの共演。 ハングルを創製し朝鮮王朝最高の名君と謳われた国王“世宗大王”と、レオナルド・ダ・ヴィンチやコペルニクスら …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学